新しいレシピ

夕食後に飲んではいけない10の飲み物とその理由

夕食後に飲んではいけない10の飲み物とその理由



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

夜遅くにこれらを避けてください、そうすればあなたは赤ちゃんのように眠ります

夕食後にこれらの飲み物を飲むことは悪い考えです。

ありがたいことに、多くの 神話を飲む 休息を取り、消費者はどの飲料が健康であるかをよりよく知るようになっています。それがあなたのお気に入りの店であるかどうか-購入した フルーツジュース または コーラのおいしい缶、調査によると、多くの飲み物は避けるのが最善です。

夕食後に絶対に飲んではいけない10種類の飲み物(スライドショー)はこちら

あなたが 水を飲まない または別の 完全に自然 液体、あなたはあなたの体に何の恩恵も与えていません。信じられないかもしれませんが 不健康なものを飲むのは決して良いことではありません, 絶対に最悪の時間は、夕食後です。

時々、夕食の後に足を上げて冷たい飲み物をすすりながら、完全に食欲をそそるように聞こえます。しかし、あなたはどのように考えたことがありますか 甘い飲み物を飲む 寝る前にあなたに影響を与えますか?残念ながら、そうなる液体はたくさんあります あなたの体を傷つけます 文字通り一晩でウエストラインを広げます。

夕食後は絶対に飲まないと思われる飲み物のまとめをご覧ください。

この記事は、もともと2015年8月10日に公開されました。


夕食後の飲み物ですべてを上品にするためのあなたのガイド

夕食後に飲み物のためのスペースを節約しない人は、基本的に自分自身をだましています。いいえ、それは、もう少し楽しい中毒で楽しい中毒の夜をブックエンドする追加の機会だからという理由だけではありません。夕食後の飲み物は、消化プロセスを助けたり、グースをしたり、ワインと食べ物、さらに食べ物とアイスクリームケーキの災難を和らげたりするのに役立つことがよくあります。

しかし、あなたの基本的な夕食後の飲み物の頼みの綱は何ですか?確かに、革製(または合成皮革製、ヘム、PETA)の膨大な本のコレクションの前に座って、スニフターを持っているというイメージが思い浮かびます。ええ、私たちが想定しなければならないスニフターは、スニッフィングの行為にちなんで名付けられていますか?そのスニフターでは、豊かで温かみがあり、おそらくスパイスが効いたものです。政治について話し合うために「応接室に引退」できる種類の飲み物、または独身です。

幸いなことに、夕食後の飲み物のオプションの基本的な、そして古典的な規範があり、そこにある味覚の多様性を満足させることがほぼ保証されています。誰もがほろ苦いアマーロを望んでいるわけではありません。 本物 変。

飲み物が好きな人への36のギフトとガジェット

リキュール

これは巨大なため、難しいカテゴリです。リキュールは基本的に甘くされた酒であり、多くの場合低級アルコールですが、それ以外の場合は風味のキャンディーランドです。みどり、シャルトリューズ、またはガリアーノ(ハーベイウォールバンガーに入る甘いバニラ風味のイタリアンリキュール)のようなものがあるかもしれません。すべてのリキュールが夕食後に適しているわけではありません。たとえばみどりやメロンリキュールは、ビーチ(アトランティックシティのビーチ)での一日のように感じるでしょう。しかし、シャルトリューズ、特に黄色の変種は、夕食後のすすりにちょうどいいはずです。

アマロ

アマーロについては他の場所で詳しく説明しましたが、ここで知っておく必要があるのは、アマーロは基本的に消化を助けることを目的としたほろ苦いイタリアのリキュール(上記を参照)であるということです。ええと、そうする人もいます。多くのアマリにはスパイスと樹皮と柑橘類の皮が含まれており、頑固な胃に何らかの形で集まり、消化を誘発する、濃厚で濃い、さらにはミントのフレーバーを作り出します。しかし、完璧な食前酒であるカンパリのように、柑橘系の苦味に焦点を当てたアマリをもっと手に入れることもできます。ただし、一般的に言って、アマリはコーラが濃く、涼しく、スパイシーで、飲みやすいときに最高の状態になります。

ベルモット

ベルモット。アロマ化された酒精強化ワイン。ええ、それは通常の飲酒者には直感的に意味がありませんが、ベルモットは夕食後の飲酒ルーチンでは意味があります。ベルモットは実際にはワインよりも強いですが(「強化された」部分)、アロマ化は食後の飲み物に求めているものです。複雑で、スパイスと冷たいコーラのフレーバーに満ちているだけでなく、柑橘系の香りがあり、白いベルモットでは、より多くの花とハーブ。基本的に、パートナーにラザニアが歩行者であると伝える方法を考えている間、ゆっくりと飲むのに最適なものです。

シェリー

ええ、あなたはシェリーに怯えているか、夢中になっている、あるいはシェリーに強く無関心であるはずです。ただし、絶対にあなたと友達になりたいです。シェリーは、フロールキャップ(ラメシェリージョーク)を身に着けて、遠くに立っている新しい子供です。ナッツが豊富な複雑さだけでなく、親しみやすく、食べ物に優しい話題で、喉の渇きを癒す塩分があなたを魅了することは決してありません。別の一口のために戻ってください。夕食後は、甘くても信じられないほど複雑なバリエーションのペドロ・ヒメネスに行きたくなるでしょう。

グラッパ

グラッパは確かに悪いラップを取得しますが、それは夕食後の飲み物には絶対に理想的です。とりわけ、それは40から50パーセントのアルコールの間のどこでも強いです。彼らは実際にそれのために小さなグラスを作って、私たちが飲み込んでいるのではなく、飲んでいることを確認します。しかし、強さはグラッパがニュアンスを欠いていることを意味するものではありません。搾りかす(ワイン発酵の残り物)から作られているので、特徴があります。滑らかで、時には「生の」ブドウの風味で、特にグラッパの売り手が単一品種になっている今、より顕著になっています。

ブランデー

これは私たち全員が夕食後に飲むことになっていると思うものです、それがおそらく私たちが飲まない理由ですか?ブランデーには、本当に立ち去る必要のある特定の脅迫要因があるので、私たちは皆、それを楽しむことができます。これは単純な製品です。蒸留ワインです。つまり、あらゆる種類の果物を発酵させてワインにし、そのワインを取り出してより強い酒に蒸留します。ブランデーはオークでしばらく見るかもしれませんが、あまり時間をかけずに信じられないほど新鮮でフローラルな若いフルーツブランデー(オーストリアのシュナップス)もあります。まだお持ちでない場合は、コニャックまたはアルマニャックのボトルをお楽しみください。

ウーゾ

甘草ファンでなければ、ウーゾファンにはなりません。強力な透明なものが液化した黒い甘草のようであるというわけではありません。ショーのスターであるスターアニスに加えて、フェンネル、コリアンダー、シナモンなど、実際にはさまざまなスパイスがあります。アマーロとは異なり、パワフルでクールですが、まったく異なるフレーバープロファイルを備えています。水を一滴加えて不透明で乳白色にし、腰を下ろして、その食事がどれほどドープされていたかを考えます。


夕食後の飲み物ですべてを上品にするためのあなたのガイド

夕食後に飲み物のスペースを確保しない人は、基本的に自分をだましています。いいえ、それは、もう少し楽しい中毒で楽しい中毒の夜をブックエンドする追加の機会だからという理由だけではありません。夕食後の飲み物は、消化プロセスを助けたり、グースをしたり、ワインと食べ物、さらに食べ物とアイスクリームケーキの災難を和らげたりするのに役立つことがよくあります。

しかし、あなたの基本的な夕食後の飲み物の頼みの綱は何ですか?確かに、革製(または合成皮革製、ヘム、PETA)の膨大な本のコレクションの前に座って、スニフターを持っているというイメージが思い浮かびます。ええ、私たちが想定しなければならないスニフターは、スニッフィングの行為にちなんで名付けられていますか?そのスニフターでは、豊かで温かみがあり、おそらくスパイスが効いたものです。政治について話し合うために「応接室に引退」できる種類の飲み物、または独身です。

幸いなことに、夕食後の飲み物のオプションの基本的な、そして古典的な規範があり、そこにある味覚の多様性を満足させることがほぼ保証されています。誰もがほろ苦いアマーロを望んでいるわけではありません。 本物 変。

飲み物が好きな人への36のギフトとガジェット

リキュール

これは巨大なため、難しいカテゴリです。リキュールは基本的に甘くされた酒であり、多くの場合低級アルコールですが、それ以外の場合は風味のキャンディーランドです。みどり、シャルトリューズ、またはガリアーノ(ハーベイウォールバンガーに入る甘いバニラ風味のイタリアンリキュール)のようなものがあるかもしれません。すべてのリキュールが夕食後に適しているわけではありません。たとえばみどりやメロンリキュールは、ビーチ(アトランティックシティのビーチ)での一日のように感じるでしょう。しかし、シャルトリューズ、特に黄色の変種は、夕食後のすすりにちょうどいいはずです。

アマロ

アマーロについては他の場所で詳しく説明しましたが、ここで知っておく必要があるのは、アマーロは基本的に消化を助けることを目的としたほろ苦いイタリアのリキュール(上記を参照)であるということです。ええと、そうする人もいます。多くのアマリにはスパイスと樹皮と柑橘類の皮が含まれており、頑固な胃に何らかの形で集まり、消化を誘発する、濃厚で濃い、さらにはミントのフレーバーを作り出します。しかし、完璧な食前酒であるカンパリのように、柑橘系の苦味に焦点を当てたアマリをもっと手に入れることもできます。ただし、一般的に言って、アマリはコーラが濃く、涼しく、スパイシーで、飲みやすいときに最高の状態になります。

ベルモット

ベルモット。アロマ化された酒精強化ワイン。ええ、それは通常の飲酒者には直感的に意味がありませんが、ベルモットは夕食後の飲酒ルーチンでは意味があります。ベルモットは実際にはワインよりも強いですが(「強化された」部分)、アロマ化は食後の飲み物に求めているものです。複雑で、スパイスと冷たいコーラのフレーバーに満ちているだけでなく、柑橘系の香りがあり、白いベルモットでは、より多くの花とハーブ。基本的に、パートナーにラザニアが歩行者であると伝える方法を考えている間、ゆっくりと飲むのに最適なものです。

シェリー

ええ、あなたはシェリーに怯えているか、夢中になっている、あるいはシェリーに強く無関心であるはずです。ただし、絶対にあなたと友達になりたいです。シェリーは、フロールキャップ(ラメシェリージョーク)を身に着けて、遠くに立っている新しい子供です。ナッツが豊富な複雑さだけでなく、親しみやすく、食べ物に優しい話題で、喉の渇きを癒す塩分があなたを魅了することは決してありません。別の一口のために戻ってください。夕食後は、甘くても信じられないほど複雑なバリエーションのペドロ・ヒメネスに行きたくなるでしょう。

グラッパ

グラッパは確かに悪いラップを取得しますが、それは夕食後の飲み物には絶対に理想的です。とりわけ、それは40から50パーセントのアルコールの間のどこでも強いです。彼らは実際にそれのために小さなグラスを作って、私たちが飲み込んでいるのではなく、飲んでいることを確認します。しかし、強さはグラッパがニュアンスを欠いていることを意味するものではありません。搾りかす(ワイン発酵の残り物)から作られているので、特徴があります。滑らかで、時には「生の」ブドウの風味で、特にグラッパの売り手が単一品種になっている今、より顕著になっています。

ブランデー

これは私たち全員が夕食後に飲むことになっていると思うものです、それがおそらく私たちが飲まない理由ですか?ブランデーには、本当に立ち去る必要のある特定の脅迫要因があるので、私たちは皆、それを楽しむことができます。これは単純な製品です。蒸留ワインです。つまり、あらゆる種類の果物を発酵させてワインにし、そのワインを取り出してより強い酒に蒸留します。ブランデーはオークでしばらく見るかもしれませんが、あまり時間をかけずに信じられないほど新鮮でフローラルな若いフルーツブランデー(オーストリアのシュナップス)もあります。まだお持ちでない場合は、コニャックまたはアルマニャックのボトルをお楽しみください。

ウーゾ

甘草ファンでなければ、ウーゾファンにはなりません。強力な透明なものが液化した黒い甘草のようであるというわけではありません。ショーのスターであるスターアニスに加えて、フェンネル、コリアンダー、シナモンなど、実際にはさまざまなスパイスがあります。アマーロとは異なり、パワフルでクールですが、まったく異なるフレーバープロファイルを備えています。水を一滴加えて不透明で乳白色にし、腰を下ろして、その食事がどれほどドープされていたかを考えます。


夕食後の飲み物ですべてを上品にするためのあなたのガイド

夕食後に飲み物のスペースを確保しない人は、基本的に自分をだましています。いいえ、それは、もう少し楽しい中毒で楽しい中毒の夜をブックエンドする追加の機会だからという理由だけではありません。夕食後の飲み物は、消化プロセスを助けたり、グースをしたり、ワインと食べ物、さらに食べ物とアイスクリームケーキの災難を和らげたりするのに役立つことがよくあります。

しかし、あなたの基本的な夕食後の飲み物の頼みの綱は何ですか?確かに、革製(または合成皮革製、ヘム、PETA)の膨大な本のコレクションの前に座って、スニフターを持っているというイメージが思い浮かびます。ええ、私たちが想定しなければならないスニフターは、スニッフィングの行為にちなんで名付けられていますか?そのスニフターでは、豊かで温かみがあり、おそらくスパイスが効いたものです。政治について話し合うために「応接室に引退」できる種類の飲み物、または独身です。

幸いなことに、夕食後の飲み物のオプションの基本的な、そして古典的な規範があり、そこにある味覚の多様性を満足させることがほぼ保証されています。誰もがほろ苦いアマーロを望んでいるわけではありません。 本物 変。

飲み物が好きな人への36のギフトとガジェット

リキュール

これは巨大なため、難しいカテゴリです。リキュールは基本的に甘くされた酒であり、多くの場合低級アルコールですが、それ以外の場合は風味のキャンディーランドです。みどり、シャルトリューズ、またはガリアーノ(ハーベイウォールバンガーに入る甘いバニラ風味のイタリアンリキュール)のようなものがあるかもしれません。すべてのリキュールが夕食後に適しているわけではありません。たとえばみどりやメロンリキュールは、ビーチ(アトランティックシティのビーチ)での一日のように感じるでしょう。しかし、シャルトリューズ、特に黄色の変種は、夕食後のすすりにちょうどいいはずです。

アマロ

アマーロについては他の場所で詳しく説明しましたが、ここで知っておく必要があるのは、アマーロは基本的に消化を助けることを目的としたほろ苦いイタリアのリキュール(上記を参照)であるということです。ええと、そうする人もいます。多くのアマリにはスパイスと樹皮と柑橘類の皮が含まれており、頑固な胃に何らかの形で集まり、消化を誘発する、濃厚で濃い、さらにはミントのフレーバーを作り出します。しかし、完璧な食前酒であるカンパリのように、柑橘系の苦味に焦点を当てたアマリをもっと手に入れることもできます。ただし、一般的に言って、アマリはコーラが濃く、涼しく、スパイシーで、飲みやすいときに最高の状態になります。

ベルモット

ベルモット。アロマ化された酒精強化ワイン。ええ、それは通常の飲酒者には直感的に意味がありませんが、ベルモットは夕食後の飲酒ルーチンでは意味があります。ベルモットは実際にはワインよりも強いですが(「強化された」部分)、アロマ化は夕食後の飲み物に求めているものです。複雑で、スパイスと冷たいコーラのフレーバーに満ちているだけでなく、柑橘系の香りがあり、白いベルモットでは、より多くの花とハーブ。基本的に、パートナーにラザニアが歩行者であると伝える方法を考えている間、ゆっくりと飲むのに最適なものです。

シェリー

ええ、あなたはシェリーに怯えているか、夢中になっている、あるいはシェリーに強く無関心であるはずです。ただし、絶対にあなたと友達になりたいです。シェリーは、フロールキャップ(ラメシェリージョーク)を身に着けて、遠くに立っている新しい子供です。ナッツが豊富な複雑さだけでなく、親しみやすく、食べ物に優しい話題で、喉の渇きを癒す塩分があなたを魅了することは決してありません。別の一口のために戻ってください。夕食後は、甘くても信じられないほど複雑なバリエーションのペドロ・ヒメネスに行きたくなるでしょう。

グラッパ

グラッパは確かに悪いラップを取得しますが、それは夕食後の飲み物には絶対に理想的です。とりわけ、それは40から50パーセントのアルコールの間のどこでも強いです。彼らは実際にそれのために小さなグラスを作って、私たちが飲み込んでいるのではなく、飲んでいることを確認します。しかし、強さはグラッパがニュアンスを欠いていることを意味するものではありません。搾りかす(ワイン発酵の残り物)から作られているので、特徴があります。滑らかで、時には「生の」ブドウの風味で、特にグラッパの売り手が単一品種になっている今、より顕著になっています。

ブランデー

これは私たち全員が夕食後に飲むことになっていると思うものです、それがおそらく私たちが飲まない理由ですか?ブランデーには、本当に立ち去る必要のある特定の脅迫要因があるので、私たちは皆、それを楽しむことができます。これは単純な製品です。蒸留ワインです。つまり、あらゆる種類の果物を発酵させてワインにし、そのワインを取り出してより強い酒に蒸留します。ブランデーはオークでしばらく見るかもしれませんが、あまり時間をかけずに信じられないほど新鮮でフローラルな若いフルーツブランデー(オーストリアのシュナップス)もあります。まだお持ちでない場合は、コニャックまたはアルマニャックのボトルをお楽しみください。

ウーゾ

甘草ファンでなければ、ウーゾファンにはなりません。強力な透明なものが液化した黒い甘草のようであるというわけではありません。ショーのスターであるスターアニスに加えて、フェンネル、コリアンダー、シナモンなど、実際にはさまざまなスパイスがあります。アマーロとは異なり、パワフルでクールですが、まったく異なるフレーバープロファイルを備えています。水を一滴加えて不透明で乳白色にし、腰を下ろして、その食事がどれほどドープされていたかを考えます。


夕食後の飲み物ですべてを上品にするためのあなたのガイド

夕食後に飲み物のためのスペースを節約しない人は、基本的に自分自身をだましています。いいえ、それは、もう少し楽しい中毒で楽しい中毒の夜をブックエンドする追加の機会だからという理由だけではありません。夕食後の飲み物は、消化プロセスを助けたり、グースをしたり、ワインと食べ物、さらに食べ物とアイスクリームケーキの災難を和らげたりするのに役立つことがよくあります。

しかし、あなたの基本的な夕食後の飲み物の頼みの綱は何ですか?確かに、革製(または合成皮革製、ヘム、PETA)の膨大な本のコレクションの前に座って、スニフターを持っているというイメージが思い浮かびます。ええ、私たちが想定しなければならないスニフターは、スニッフィングの行為にちなんで名付けられていますか?そのスニフターでは、豊かで温かみがあり、おそらくスパイスが効いたものです。政治について話し合うために「応接室に引退」できる種類の飲み物、または独身です。

幸いなことに、夕食後の飲み物のオプションの基本的な、そして古典的な規範があり、そこにある味覚の多様性を満足させることがほぼ保証されています。誰もがほろ苦いアマーロを望んでいるわけではありません。 本物 変。

飲み物が好きな人への36のギフトとガジェット

リキュール

これは巨大なため、難しいカテゴリです。リキュールは基本的に甘くされた酒であり、多くの場合低級アルコールですが、それ以外の場合は風味のキャンディーランドです。みどり、シャルトリューズ、またはガリアーノ(ハーベイウォールバンガーに入る甘いバニラ風味のイタリアンリキュール)のようなものがあるかもしれません。すべてのリキュールが夕食後に適しているわけではありません。たとえばみどりやメロンリキュールは、ビーチ(アトランティックシティのビーチ)での一日のように感じるでしょう。しかし、シャルトリューズ、特に黄色の変種は、夕食後のすすりにちょうどいいはずです。

アマロ

アマーロについては他の場所で詳しく説明しましたが、ここで知っておく必要があるのは、アマーロは基本的に消化を助けることを目的としたほろ苦いイタリアのリキュール(上記を参照)であるということです。ええと、そうする人もいます。多くのアマリにはスパイスと樹皮と柑橘類の皮が含まれており、頑固な胃に何らかの形で集まり、消化を誘発する、濃厚で濃い、さらにはミントのフレーバーを作り出します。しかし、完璧な食前酒であるカンパリのような柑橘系の苦味に焦点を当てたアマリを手に入れることもできます。ただし、一般的に言って、アマリはコーラが濃く、涼しく、スパイシーで、飲みやすいときに最高の状態になります。

ベルモット

ベルモット。アロマ化された酒精強化ワイン。ええ、それは通常の飲酒者には直感的に意味がありませんが、ベルモットは夕食後の飲酒ルーチンでは意味があります。ベルモットは実際にはワインよりも強いですが(「強化された」部分)、アロマ化は食後の飲み物に求めているものです。複雑で、スパイスと冷たいコーラのフレーバーに満ちているだけでなく、柑橘系の香りがあり、白いベルモットでは、より多くの花とハーブ。基本的に、パートナーにラザニアが歩行者であると伝える方法を考えている間、ゆっくりと飲むのに最適なものです。

シェリー

ええ、あなたはシェリーに怯えているか、夢中になっている、あるいはシェリーに強く無関心であるはずです。ただし、絶対にあなたと友達になりたいです。シェリーは、フロールキャップ(ラメシェリージョーク)を身に着けて、遠くに立っている新しい子供です。ナッツが豊富な複雑さだけでなく、親しみやすく、食べ物に優しい話題で、喉の渇きを癒す塩分があなたを魅了することは決してありません。別の一口のために戻ってください。夕食後は、甘くても信じられないほど複雑なバリエーションのペドロ・ヒメネスに行きたくなるでしょう。

グラッパ

グラッパは確かに悪いラップを取得しますが、それは夕食後の飲み物には絶対に理想的です。とりわけ、それは40から50パーセントのアルコールの間のどこでも強いです。彼らは実際にそれのために小さなグラスを作って、私たちが飲み込んでいるのではなく、飲んでいることを確認します。しかし、強さはグラッパがニュアンスを欠いていることを意味するものではありません。搾りかす(ワイン発酵の残り物)から作られているので、特徴があります。滑らかで、時には「生の」ブドウの風味で、特にグラッパの売り手が単一品種になっている今、より顕著になっています。

ブランデー

これは私たち全員が夕食後に飲むことになっていると思うものです、それがおそらく私たちが飲まない理由ですか?ブランデーには、本当に立ち去る必要のある特定の脅迫要因があるので、私たちは皆、それを楽しむことができます。これは単純な製品です。蒸留ワインです。つまり、あらゆる種類の果物を発酵させてワインにし、そのワインを取り出してより強い酒に蒸留します。ブランデーはオークでしばらく見るかもしれませんが、あまり時間をかけずに信じられないほど新鮮でフローラルな若いフルーツブランデー(オーストリアのシュナップス)もあります。まだお持ちでない場合は、コニャックまたはアルマニャックのボトルをお楽しみください。

ウーゾ

甘草ファンでなければ、ウーゾファンにはなりません。強力な透明なものが液化した黒い甘草のようであるというわけではありません。ショーのスターであるスターアニスに加えて、フェンネル、コリアンダー、シナモンなど、実際にはさまざまなスパイスがあります。アマーロとは異なり、パワフルでクールですが、まったく異なるフレーバープロファイルを備えています。水を一滴加えて不透明で乳白色にし、腰を下ろして、その食事がどれほどドープされていたかを考えます。


夕食後の飲み物ですべてを上品にするためのあなたのガイド

夕食後に飲み物のスペースを確保しない人は、基本的に自分をだましています。いいえ、それは、もう少し楽しい中毒で楽しい中毒の夜をブックエンドする追加の機会だからという理由だけではありません。夕食後の飲み物は、消化プロセスを助けたり、グースをしたり、ワインと食べ物、さらに食べ物とアイスクリームケーキの災難を和らげたりするのに役立つことがよくあります。

しかし、あなたの基本的な夕食後の飲み物の頼みの綱は何ですか?確かに、革製(または合成皮革製、ヘム、PETA)の膨大な本のコレクションの前に座って、スニフターを持っているというイメージが思い浮かびます。ええ、私たちが想定しなければならないスニフターは、スニッフィングの行為にちなんで名付けられていますか?そのスニフターでは、豊かで温かみがあり、おそらくスパイスが効いたものです。政治について話し合うために「応接室に引退」できる種類の飲み物、または独身です。

幸いなことに、夕食後の飲み物のオプションの基本的な、そして古典的な規範があり、そこにある味覚の多様性を満足させることがほぼ保証されています。誰もがほろ苦いアマーロを望んでいるわけではありません。 本物 変。

飲み物が好きな人への36のギフトとガジェット

リキュール

これは巨大なため、難しいカテゴリです。リキュールは基本的に甘くされた酒であり、多くの場合低級アルコールですが、それ以外の場合は風味のキャンディーランドです。みどり、シャルトリューズ、またはガリアーノ(ハーベイウォールバンガーに入る甘いバニラ風味のイタリアンリキュール)のようなものがあるかもしれません。すべてのリキュールが夕食後に適しているわけではありません。たとえばみどりやメロンリキュールは、ビーチ(アトランティックシティのビーチ)での一日のように感じるでしょう。しかし、シャルトリューズ、特に黄色の変種は、夕食後のすすりにちょうどいいはずです。

アマロ

アマーロについては他の場所で詳しく説明しましたが、ここで知っておく必要があるのは、アマーロは基本的に消化を助けることを目的としたほろ苦いイタリアのリキュール(上記を参照)であるということです。ええと、そうする人もいます。多くのアマリにはスパイスと樹皮と柑橘類の皮が含まれており、頑固な胃に何らかの形で集まり、消化を誘発する、濃厚で濃い、さらにはミントのフレーバーを作り出します。しかし、完璧な食前酒であるカンパリのような柑橘系の苦味に焦点を当てたアマリを手に入れることもできます。ただし、一般的に言って、アマリはコーラが濃く、涼しく、スパイシーで、飲みやすいときに最高の状態になります。

ベルモット

ベルモット。アロマ化された酒精強化ワイン。ええ、それは通常の飲酒者には直感的に意味がありませんが、ベルモットは夕食後の飲酒ルーチンでは意味があります。ベルモットは実際にはワインよりも強いですが(「強化された」部分)、アロマ化は夕食後の飲み物に求めているものです。複雑で、スパイスと冷たいコーラのフレーバーに満ちているだけでなく、柑橘系の香りがあり、白いベルモットでは、より多くの花とハーブ。基本的に、パートナーにラザニアが歩行者であると伝える方法を考えている間、ゆっくりと飲むのに最適なものです。

シェリー

ええ、あなたはシェリーに怯えているか、夢中になっている、あるいはシェリーに強く無関心であるはずです。ただし、絶対にあなたと友達になりたいです。シェリーは、フロールキャップ(ラメシェリージョーク)を身に着けて、遠くに立っている新しい子供です。ナッツが豊富な複雑さだけでなく、親しみやすく、食べ物に優しい話題で、喉の渇きを癒す塩分があなたを魅了することは決してありません。別の一口のために戻ってください。夕食後は、甘くても信じられないほど複雑なバリエーションのペドロ・ヒメネスに行きたくなるでしょう。

グラッパ

グラッパは確かに悪いラップを取得しますが、それは夕食後の飲み物には絶対に理想的です。とりわけ、それは40から50パーセントのアルコールの間のどこでも強いです。彼らは実際にそれのために小さなグラスを作って、私たちが飲み込んでいるのではなく、飲んでいることを確認します。しかし、強さはグラッパがニュアンスを欠いていることを意味するものではありません。搾りかす(ワイン発酵の残り物)から作られているので、特徴があります。滑らかで、時には「生の」ブドウの風味で、特にグラッパの売り手が単一品種になっている今、より顕著になっています。

ブランデー

これは私たち全員が夕食後に飲むことになっていると思うものです、それがおそらく私たちが飲まない理由ですか?ブランデーには、本当に立ち去る必要のある特定の脅迫要因があるので、私たちは皆、それを楽しむことができます。これは単純な製品です。蒸留ワインです。つまり、あらゆる種類の果物を発酵させてワインにし、そのワインを取り出してより強い酒に蒸留します。ブランデーはオークでしばらく見るかもしれませんが、あまり時間をかけずに信じられないほど新鮮でフローラルな若いフルーツブランデー(オーストリアのシュナップス)もあります。まだお持ちでない場合は、コニャックまたはアルマニャックのボトルをお楽しみください。

ウーゾ

甘草ファンでなければ、ウーゾファンにはなりません。強力な透明なものが液化した黒い甘草のようであるというわけではありません。ショーのスターであるスターアニスに加えて、フェンネル、コリアンダー、シナモンなど、実際にはさまざまなスパイスがあります。アマーロとは異なり、パワフルでクールですが、まったく異なるフレーバープロファイルを備えています。水を一滴加えて不透明で乳白色にし、腰を下ろして、その食事がどれほどドープされていたかを考えます。


夕食後の飲み物ですべてを上品にするためのあなたのガイド

夕食後に飲み物のためのスペースを節約しない人は、基本的に自分自身をだましています。いいえ、それは、もう少し楽しい中毒で楽しい中毒の夜をブックエンドする追加の機会だからという理由だけではありません。夕食後の飲み物は、消化プロセスを助けたり、グースをしたり、ワインと食べ物、さらに食べ物とアイスクリームケーキの災難を和らげたりするのに役立つことがよくあります。

しかし、あなたの基本的な夕食後の飲み物の頼みの綱は何ですか?確かに、革製(または合成皮革製、ヘム、PETA)の膨大な本のコレクションの前に座って、スニフターを持っているというイメージが思い浮かびます。ええ、私たちが想定しなければならないスニフターは、スニッフィングの行為にちなんで名付けられていますか?そのスニフターでは、豊かで温かみがあり、おそらくスパイスが効いたものです。政治について話し合うために「応接室に引退」できる種類の飲み物、または独身です。

幸いなことに、夕食後の飲み物のオプションの基本的な、そして古典的な規範があり、そこにある味覚の多様性を満足させることがほぼ保証されています。誰もがほろ苦いアマーロを望んでいるわけではありません。 本物 変。

飲み物が好きな人への36のギフトとガジェット

リキュール

これは巨大なため、難しいカテゴリです。リキュールは基本的に甘くされた酒であり、多くの場合低級アルコールですが、それ以外の場合は風味のキャンディーランドです。みどり、シャルトリューズ、またはガリアーノ(ハーベイウォールバンガーに入る甘いバニラ風味のイタリアンリキュール)のようなものがあるかもしれません。すべてのリキュールが夕食後に適しているわけではありません。たとえばみどりやメロンリキュールは、ビーチ(アトランティックシティのビーチ)での一日のように感じるでしょう。しかし、シャルトリューズ、特に黄色の変種は、夕食後のすすりにちょうどいいはずです。

アマロ

アマーロについては他の場所で詳しく説明しましたが、ここで知っておく必要があるのは、アマーロは基本的に消化を助けることを目的としたほろ苦いイタリアのリキュール(上記を参照)であるということです。ええと、そうする人もいます。多くのアマリにはスパイスと樹皮と柑橘類の皮が含まれており、頑固な胃に何らかの形で集まり、消化を誘発する、濃厚で濃い、さらにはミントのフレーバーを作り出します。しかし、完璧な食前酒であるカンパリのような柑橘系の苦味に焦点を当てたアマリを手に入れることもできます。ただし、一般的に言って、アマリはコーラが濃く、涼しく、スパイシーで、飲みやすいときに最高の状態になります。

ベルモット

ベルモット。アロマ化された酒精強化ワイン。ええ、それは通常の飲酒者には直感的に意味がありませんが、ベルモットは夕食後の飲酒ルーチンでは意味があります。ベルモットは実際にはワインよりも強いですが(「強化された」部分)、アロマ化は夕食後の飲み物に求めているものです。複雑で、スパイスと冷たいコーラのフレーバーに満ちているだけでなく、柑橘系の香りがあり、白いベルモットでは、より多くの花とハーブ。基本的に、パートナーに彼女のラザニアが歩行者であると伝える方法を考えている間、ゆっくりと飲むのに最適なものです。

シェリー

ええ、あなたはシェリーに怯えているか、夢中になっている、あるいはシェリーに強く無関心であるはずです。ただし、絶対にあなたと友達になりたいです。シェリーは、フロールキャップ(ラメシェリージョーク)を身に着けて、遠くに立っている新しい子供です。ナッツが豊富な複雑さだけでなく、親しみやすく、食べ物に優しい話題で、喉の渇きを癒す塩分があなたを魅了することは決してありません。別の一口のために戻ってください。夕食後は、甘くても信じられないほど複雑なバリエーションのペドロ・ヒメネスに行きたくなるでしょう。

グラッパ

グラッパは確かに悪いラップを取得しますが、それは夕食後の飲み物には絶対に理想的です。とりわけ、それは40から50パーセントのアルコールの間のどこでも強いです。 They they actually make tiny glasses for it to ensure we’re sipping, not gulping. But strength doesn’t mean grappa lacks nuance. It’s made from pomace (the solid leftovers of wine fermentation), so it’s gotta have character — smooth, sometimes “raw” grape flavor, more pronounced especially now that grappa sellers are going single varietal.

ブランデー

This is what we all think we’re supposed to drink after dinner, which is maybe why we don’t? There’s a certain intimidation factor with brandy that really needs to go away, so we can all just enjoy the stuff. It’s a simple product: distilled wine, which is to say, you ferment any kind of fruit into wine, then take that wine and distill it into a stronger liquor. Brandy might see some time in oak, though there are also young fruit brandies (Austrian schnapps) that are incredibly fresh and floral without requiring too much time. If you haven’t yet, splurge on a bottle of Cognac or Armagnac, its slightly rowdier cousin.

Ouzo

If you’re not a licorice fan, you won’t be an ouzo fan. Not that the potent clear stuff is just like liquefied black licorice. There’s actually a variety of spices, including fennel, coriander, and cinnamon in addition to the star of the show, star anise. It’s potent and cooling, not unlike an amaro, although yeah, with an entirely different flavor profile. Add a drop of water to turn it opaque, milky white, sit back, and reflect on how dope that meal was.


Your Guide To Getting All Classy With After Dinner Drinks

Anyone who doesn’t save room for a drink after dinner is basically cheating themselves. And no, not just because it’s an extra opportunity to bookend a night of pleasant intoxication with just a bit more pleasant intoxication. After-dinner drinks are often useful to help, er, goose the digestive process and/or calm any calamities of wine plus food plus more food plus ice cream cake currently going on in your stomach.

But what are your basic after-dinner drink go-tos? Surely some image comes to mind of you sitting in front of your massive leather-bound (or pleather-bound, ahem, PETA) book collection, holding a snifter. Yeah, a snifter, which we have to assume is named for the act of sniffing? In that snifter, something rich and warming and possibly spiced — the kind of drink you can “retire to the drawing room” with to discuss politics, or The Bachelorette.

Fortunately there’s a basic — and classic — canon of after dinner drink options pretty much guaranteed to satisfy the diversity of palates out there. Not everyone wants a bittersweet amaro, and only a select, brave few can down Ouzo in company without things getting 本物 weird.

36 Gifts and Gadgets For Anyone Who Loves Drinks

Liqueur

This one’s a tough category, only because it’s giant. Liqueurs are basically sweetened liquors, often lower alcohol, but otherwise it’s a candy land of flavors. You might have Midori, or Chartreuse, or something like Galliano (the sweet vanilla-flavored Italian liqueur that goes into the Harvey Wallbanger). Not every liqueur is right for after dinner. Midori, for instance, or any melon liqueur, will feel like a day at the beach (the Atlantic City beach). But Chartreuse, especially the yellow variant, should do you just fine for some post-supper sipping.

アマロ

We’ve gone over amaro at length elsewhere, but all you need to know here is that amari are basically bittersweet Italian liqueuers (see above) intended to help aid digestion. Well, some do. Many amari contain spices and bark and citrus peel, creating rich, dark, and even minty flavors that somehow gang up on your stubborn stomach and induce digestion. But you can also get more citrus-bitter focused amari like Campari, which is a perfect aperitivo. Generally speaking, though, amari are at their best when they’re cola-dark, cool, spicy, and sippable.

ベルモット

Vermouth. Aromatized, fortified wine. Yeah, none of that makes any intuitive sense to a regular drinker, but vermouth would — and should — make sense in your after-dinner drink routine. Vermouths actually are stronger than wines (the “fortified” part), but the aromatization is what you’re looking for in your after-dinner drink — something complex, full of spice and cooling cola flavors but also pert citrus and, in white vermouth, more florals and herbs. Basically, great stuff to slowly sip while you think about how to tell your partner her lasagna was pedestrian.

シェリー

Yeah, so you’re supposed to be terrified or infatuated with, or powerfully indifferent to, Sherry. Except, it absolutely wants to be friends with you. Sherry is the new kid kind of standing off in the distance, wearing a Flor cap (lame sherry joke), promising nutty-rich complexity but also an approachable and food-friendly buzz, with a thirst-slaking salinity that never fails to draw you back for another sip. For after dinner, you’ll want to go Pedro Ximenez, the sweet but still incredibly complex, variant.

グラッパ

Grappa gets a bad rap, sure, but it’s absolutely an ideal after dinner drink. Above all, it’s strong, anywhere between 40 to 50 percent alcohol. They they actually make tiny glasses for it to ensure we’re sipping, not gulping. But strength doesn’t mean grappa lacks nuance. It’s made from pomace (the solid leftovers of wine fermentation), so it’s gotta have character — smooth, sometimes “raw” grape flavor, more pronounced especially now that grappa sellers are going single varietal.

ブランデー

This is what we all think we’re supposed to drink after dinner, which is maybe why we don’t? There’s a certain intimidation factor with brandy that really needs to go away, so we can all just enjoy the stuff. It’s a simple product: distilled wine, which is to say, you ferment any kind of fruit into wine, then take that wine and distill it into a stronger liquor. Brandy might see some time in oak, though there are also young fruit brandies (Austrian schnapps) that are incredibly fresh and floral without requiring too much time. If you haven’t yet, splurge on a bottle of Cognac or Armagnac, its slightly rowdier cousin.

Ouzo

If you’re not a licorice fan, you won’t be an ouzo fan. Not that the potent clear stuff is just like liquefied black licorice. There’s actually a variety of spices, including fennel, coriander, and cinnamon in addition to the star of the show, star anise. It’s potent and cooling, not unlike an amaro, although yeah, with an entirely different flavor profile. Add a drop of water to turn it opaque, milky white, sit back, and reflect on how dope that meal was.


Your Guide To Getting All Classy With After Dinner Drinks

Anyone who doesn’t save room for a drink after dinner is basically cheating themselves. And no, not just because it’s an extra opportunity to bookend a night of pleasant intoxication with just a bit more pleasant intoxication. After-dinner drinks are often useful to help, er, goose the digestive process and/or calm any calamities of wine plus food plus more food plus ice cream cake currently going on in your stomach.

But what are your basic after-dinner drink go-tos? Surely some image comes to mind of you sitting in front of your massive leather-bound (or pleather-bound, ahem, PETA) book collection, holding a snifter. Yeah, a snifter, which we have to assume is named for the act of sniffing? In that snifter, something rich and warming and possibly spiced — the kind of drink you can “retire to the drawing room” with to discuss politics, or The Bachelorette.

Fortunately there’s a basic — and classic — canon of after dinner drink options pretty much guaranteed to satisfy the diversity of palates out there. Not everyone wants a bittersweet amaro, and only a select, brave few can down Ouzo in company without things getting 本物 weird.

36 Gifts and Gadgets For Anyone Who Loves Drinks

Liqueur

This one’s a tough category, only because it’s giant. Liqueurs are basically sweetened liquors, often lower alcohol, but otherwise it’s a candy land of flavors. You might have Midori, or Chartreuse, or something like Galliano (the sweet vanilla-flavored Italian liqueur that goes into the Harvey Wallbanger). Not every liqueur is right for after dinner. Midori, for instance, or any melon liqueur, will feel like a day at the beach (the Atlantic City beach). But Chartreuse, especially the yellow variant, should do you just fine for some post-supper sipping.

アマロ

We’ve gone over amaro at length elsewhere, but all you need to know here is that amari are basically bittersweet Italian liqueuers (see above) intended to help aid digestion. Well, some do. Many amari contain spices and bark and citrus peel, creating rich, dark, and even minty flavors that somehow gang up on your stubborn stomach and induce digestion. But you can also get more citrus-bitter focused amari like Campari, which is a perfect aperitivo. Generally speaking, though, amari are at their best when they’re cola-dark, cool, spicy, and sippable.

ベルモット

Vermouth. Aromatized, fortified wine. Yeah, none of that makes any intuitive sense to a regular drinker, but vermouth would — and should — make sense in your after-dinner drink routine. Vermouths actually are stronger than wines (the “fortified” part), but the aromatization is what you’re looking for in your after-dinner drink — something complex, full of spice and cooling cola flavors but also pert citrus and, in white vermouth, more florals and herbs. Basically, great stuff to slowly sip while you think about how to tell your partner her lasagna was pedestrian.

シェリー

Yeah, so you’re supposed to be terrified or infatuated with, or powerfully indifferent to, Sherry. Except, it absolutely wants to be friends with you. Sherry is the new kid kind of standing off in the distance, wearing a Flor cap (lame sherry joke), promising nutty-rich complexity but also an approachable and food-friendly buzz, with a thirst-slaking salinity that never fails to draw you back for another sip. For after dinner, you’ll want to go Pedro Ximenez, the sweet but still incredibly complex, variant.

グラッパ

Grappa gets a bad rap, sure, but it’s absolutely an ideal after dinner drink. Above all, it’s strong, anywhere between 40 to 50 percent alcohol. They they actually make tiny glasses for it to ensure we’re sipping, not gulping. But strength doesn’t mean grappa lacks nuance. It’s made from pomace (the solid leftovers of wine fermentation), so it’s gotta have character — smooth, sometimes “raw” grape flavor, more pronounced especially now that grappa sellers are going single varietal.

ブランデー

This is what we all think we’re supposed to drink after dinner, which is maybe why we don’t? There’s a certain intimidation factor with brandy that really needs to go away, so we can all just enjoy the stuff. It’s a simple product: distilled wine, which is to say, you ferment any kind of fruit into wine, then take that wine and distill it into a stronger liquor. Brandy might see some time in oak, though there are also young fruit brandies (Austrian schnapps) that are incredibly fresh and floral without requiring too much time. If you haven’t yet, splurge on a bottle of Cognac or Armagnac, its slightly rowdier cousin.

Ouzo

If you’re not a licorice fan, you won’t be an ouzo fan. Not that the potent clear stuff is just like liquefied black licorice. There’s actually a variety of spices, including fennel, coriander, and cinnamon in addition to the star of the show, star anise. It’s potent and cooling, not unlike an amaro, although yeah, with an entirely different flavor profile. Add a drop of water to turn it opaque, milky white, sit back, and reflect on how dope that meal was.


Your Guide To Getting All Classy With After Dinner Drinks

Anyone who doesn’t save room for a drink after dinner is basically cheating themselves. And no, not just because it’s an extra opportunity to bookend a night of pleasant intoxication with just a bit more pleasant intoxication. After-dinner drinks are often useful to help, er, goose the digestive process and/or calm any calamities of wine plus food plus more food plus ice cream cake currently going on in your stomach.

But what are your basic after-dinner drink go-tos? Surely some image comes to mind of you sitting in front of your massive leather-bound (or pleather-bound, ahem, PETA) book collection, holding a snifter. Yeah, a snifter, which we have to assume is named for the act of sniffing? In that snifter, something rich and warming and possibly spiced — the kind of drink you can “retire to the drawing room” with to discuss politics, or The Bachelorette.

Fortunately there’s a basic — and classic — canon of after dinner drink options pretty much guaranteed to satisfy the diversity of palates out there. Not everyone wants a bittersweet amaro, and only a select, brave few can down Ouzo in company without things getting 本物 weird.

36 Gifts and Gadgets For Anyone Who Loves Drinks

Liqueur

This one’s a tough category, only because it’s giant. Liqueurs are basically sweetened liquors, often lower alcohol, but otherwise it’s a candy land of flavors. You might have Midori, or Chartreuse, or something like Galliano (the sweet vanilla-flavored Italian liqueur that goes into the Harvey Wallbanger). Not every liqueur is right for after dinner. Midori, for instance, or any melon liqueur, will feel like a day at the beach (the Atlantic City beach). But Chartreuse, especially the yellow variant, should do you just fine for some post-supper sipping.

アマロ

We’ve gone over amaro at length elsewhere, but all you need to know here is that amari are basically bittersweet Italian liqueuers (see above) intended to help aid digestion. Well, some do. Many amari contain spices and bark and citrus peel, creating rich, dark, and even minty flavors that somehow gang up on your stubborn stomach and induce digestion. But you can also get more citrus-bitter focused amari like Campari, which is a perfect aperitivo. Generally speaking, though, amari are at their best when they’re cola-dark, cool, spicy, and sippable.

ベルモット

Vermouth. Aromatized, fortified wine. Yeah, none of that makes any intuitive sense to a regular drinker, but vermouth would — and should — make sense in your after-dinner drink routine. Vermouths actually are stronger than wines (the “fortified” part), but the aromatization is what you’re looking for in your after-dinner drink — something complex, full of spice and cooling cola flavors but also pert citrus and, in white vermouth, more florals and herbs. Basically, great stuff to slowly sip while you think about how to tell your partner her lasagna was pedestrian.

シェリー

Yeah, so you’re supposed to be terrified or infatuated with, or powerfully indifferent to, Sherry. Except, it absolutely wants to be friends with you. Sherry is the new kid kind of standing off in the distance, wearing a Flor cap (lame sherry joke), promising nutty-rich complexity but also an approachable and food-friendly buzz, with a thirst-slaking salinity that never fails to draw you back for another sip. For after dinner, you’ll want to go Pedro Ximenez, the sweet but still incredibly complex, variant.

グラッパ

Grappa gets a bad rap, sure, but it’s absolutely an ideal after dinner drink. Above all, it’s strong, anywhere between 40 to 50 percent alcohol. They they actually make tiny glasses for it to ensure we’re sipping, not gulping. But strength doesn’t mean grappa lacks nuance. It’s made from pomace (the solid leftovers of wine fermentation), so it’s gotta have character — smooth, sometimes “raw” grape flavor, more pronounced especially now that grappa sellers are going single varietal.

ブランデー

This is what we all think we’re supposed to drink after dinner, which is maybe why we don’t? There’s a certain intimidation factor with brandy that really needs to go away, so we can all just enjoy the stuff. It’s a simple product: distilled wine, which is to say, you ferment any kind of fruit into wine, then take that wine and distill it into a stronger liquor. Brandy might see some time in oak, though there are also young fruit brandies (Austrian schnapps) that are incredibly fresh and floral without requiring too much time. If you haven’t yet, splurge on a bottle of Cognac or Armagnac, its slightly rowdier cousin.

Ouzo

If you’re not a licorice fan, you won’t be an ouzo fan. Not that the potent clear stuff is just like liquefied black licorice. There’s actually a variety of spices, including fennel, coriander, and cinnamon in addition to the star of the show, star anise. It’s potent and cooling, not unlike an amaro, although yeah, with an entirely different flavor profile. Add a drop of water to turn it opaque, milky white, sit back, and reflect on how dope that meal was.


Your Guide To Getting All Classy With After Dinner Drinks

Anyone who doesn’t save room for a drink after dinner is basically cheating themselves. And no, not just because it’s an extra opportunity to bookend a night of pleasant intoxication with just a bit more pleasant intoxication. After-dinner drinks are often useful to help, er, goose the digestive process and/or calm any calamities of wine plus food plus more food plus ice cream cake currently going on in your stomach.

But what are your basic after-dinner drink go-tos? Surely some image comes to mind of you sitting in front of your massive leather-bound (or pleather-bound, ahem, PETA) book collection, holding a snifter. Yeah, a snifter, which we have to assume is named for the act of sniffing? In that snifter, something rich and warming and possibly spiced — the kind of drink you can “retire to the drawing room” with to discuss politics, or The Bachelorette.

Fortunately there’s a basic — and classic — canon of after dinner drink options pretty much guaranteed to satisfy the diversity of palates out there. Not everyone wants a bittersweet amaro, and only a select, brave few can down Ouzo in company without things getting 本物 weird.

36 Gifts and Gadgets For Anyone Who Loves Drinks

Liqueur

This one’s a tough category, only because it’s giant. Liqueurs are basically sweetened liquors, often lower alcohol, but otherwise it’s a candy land of flavors. You might have Midori, or Chartreuse, or something like Galliano (the sweet vanilla-flavored Italian liqueur that goes into the Harvey Wallbanger). Not every liqueur is right for after dinner. Midori, for instance, or any melon liqueur, will feel like a day at the beach (the Atlantic City beach). But Chartreuse, especially the yellow variant, should do you just fine for some post-supper sipping.

アマロ

We’ve gone over amaro at length elsewhere, but all you need to know here is that amari are basically bittersweet Italian liqueuers (see above) intended to help aid digestion. Well, some do. Many amari contain spices and bark and citrus peel, creating rich, dark, and even minty flavors that somehow gang up on your stubborn stomach and induce digestion. But you can also get more citrus-bitter focused amari like Campari, which is a perfect aperitivo. Generally speaking, though, amari are at their best when they’re cola-dark, cool, spicy, and sippable.

ベルモット

Vermouth. Aromatized, fortified wine. Yeah, none of that makes any intuitive sense to a regular drinker, but vermouth would — and should — make sense in your after-dinner drink routine. Vermouths actually are stronger than wines (the “fortified” part), but the aromatization is what you’re looking for in your after-dinner drink — something complex, full of spice and cooling cola flavors but also pert citrus and, in white vermouth, more florals and herbs. Basically, great stuff to slowly sip while you think about how to tell your partner her lasagna was pedestrian.

シェリー

Yeah, so you’re supposed to be terrified or infatuated with, or powerfully indifferent to, Sherry. Except, it absolutely wants to be friends with you. Sherry is the new kid kind of standing off in the distance, wearing a Flor cap (lame sherry joke), promising nutty-rich complexity but also an approachable and food-friendly buzz, with a thirst-slaking salinity that never fails to draw you back for another sip. For after dinner, you’ll want to go Pedro Ximenez, the sweet but still incredibly complex, variant.

グラッパ

Grappa gets a bad rap, sure, but it’s absolutely an ideal after dinner drink. Above all, it’s strong, anywhere between 40 to 50 percent alcohol. They they actually make tiny glasses for it to ensure we’re sipping, not gulping. But strength doesn’t mean grappa lacks nuance. It’s made from pomace (the solid leftovers of wine fermentation), so it’s gotta have character — smooth, sometimes “raw” grape flavor, more pronounced especially now that grappa sellers are going single varietal.

ブランデー

This is what we all think we’re supposed to drink after dinner, which is maybe why we don’t? There’s a certain intimidation factor with brandy that really needs to go away, so we can all just enjoy the stuff. It’s a simple product: distilled wine, which is to say, you ferment any kind of fruit into wine, then take that wine and distill it into a stronger liquor. Brandy might see some time in oak, though there are also young fruit brandies (Austrian schnapps) that are incredibly fresh and floral without requiring too much time. If you haven’t yet, splurge on a bottle of Cognac or Armagnac, its slightly rowdier cousin.

Ouzo

If you’re not a licorice fan, you won’t be an ouzo fan. Not that the potent clear stuff is just like liquefied black licorice. There’s actually a variety of spices, including fennel, coriander, and cinnamon in addition to the star of the show, star anise. It’s potent and cooling, not unlike an amaro, although yeah, with an entirely different flavor profile. Add a drop of water to turn it opaque, milky white, sit back, and reflect on how dope that meal was.