新しいレシピ

レストラン経営者はインディアナの物議を醸すRFRAに反応します

レストラン経営者はインディアナの物議を醸すRFRAに反応します



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

マイク・ペンス知事を含むインディアナ州の政治家は、州の新たに署名された宗教的自由回復法に対する否定的な反応の全国的な大火事の真っ只中にいることに気づきます。宗教的な理由で—インディアナ州のホスピタリティコミュニティは、LGBTコミュニティを差別する手段として多くの人に見られている新しい法律と戦うためにステップアップしています。

たとえば、レストラン経営者のマーサフーバーは、2013年のジェームズビアード財団レストランおよびシェフ賞の優秀レストラン経営者の準決勝進出者であり、レズビアン、ゲイ男性、バイセクシャルの人々、そしてトランスジェンダーの人々。

彼女のレストラングループには、半ダースのCaféPatachouの場所、Petite Chou Bistro&Champagne Bar、Public Greens、3つのナポレセ職人のピッツェリアが含まれています。募金活動のために、夜に営業している彼女のレストラン—プチチョウと3つのピッツェリア—は、ラムダリーガルに利益をもたらすグレートパタチョウ座り込みと呼ばれる募金ディナーを主催します。カップル1組あたり100ドルの季節のメニューには、ナポレセの場所での前菜、サラダ、ピザの共有、またはプチチョウでの前菜、サラダ、メインディッシュの共有、ワインとミニデザートのボトルが含まれます。さらに、フーバー氏によると、ユーバーはディナーの1つで食事をする人に、無料で家に帰るための特別なコードを提供することに同意しました。歓迎されます。それは本当にホスピタリティ業界がしていることです—彼らは人々を歓迎します。レストランはホスピタリティ業界の中心にあります。 -マーサフーバー

フーバーにとって、法律を変更または廃止する努力は、顧客とスタッフにとって快適な環境を作り出すことの一部です。 「誰もが私のレストランのドアを開けることを選んだのは毎日幸運です」と彼女は言いました。「そして彼らは歓迎される必要があります。レストランはホスピタリティ業界の中心にあります。」

インディアナポリスのシェフ、ジョナサン・ブルックスは、2015年にフード&ワイン誌のベストニューシェフの1人に選ばれたばかりで、彼のレストランであるミルクトゥースも募金ディナーを開催することをFacebookページに投稿し、「この法律がインディを代表するものではありません。」

一部の地元のレストラン経営者は、RFRAに応じて製氷機会社を切り替えています。法案の共著者であった州上院議員スコットシュナイダー(R-インディアナポリス)は、彼の家族の会社であるインディアナポリスのミスターアイスの副社長であり、機器をリースしています。フーバー氏は、ミスターアイスで25年間働いており、15〜18台の製氷機をリースしていますが、会社の機械を段階的に廃止する予定であると述べています。 「私たちのビジネスのコアバリューは非常に異なっています」と彼女は言いました。 「私が同意するすべてのものに全員がロックステップに同意することを期待しているわけではありません…[しかし]…私たちは、よりオープンで寛容な見方をしている会社で、別の方向に進んでいます。」

The Goat Kicks Backと名乗るインディアナ南部のシェフと食品職人のグループも、インディアナ市民自由連合と協力して、反RFRA募金活動に取り組んでいます。カプリオールゴートチーズのジュディスシャッド、チリウーマンのスーザンウェルサンド、ジェームズビアードのセミファイナリストシェフ、レストランタレントのデビッドタレントとファームブルーミントンのダニエルオー、BLUボーイカフェアンドケーキリーのデビッドフレッチャー、フィッシャーファームのデビッドフィッシャー、インディアナ大学教授兼スローフードブルーミントンの共同創設者であるクリスティンバーバーは、他のインディアナポリスのシェフや食品職人とともに、反RFRAの取り組みに役立つ製品を提供したりイベントを開催したりする方法を模索しています。

バーバー氏によると、インディアナ州のレストランや生産者をボイコットするのではなく、消費者は廃止に向けて働いている人々を積極的に支援することができるという。 「これらの同じ人々が、彼らが通過も支持もしなかった法律について州外の人々によって説明責任を負わされているので、失われたビジネスに代償を払っているのは残念です」とバーバーは言いました。 「この不幸な法案による経済的損害は、不況から抜け出したばかりの人々に打撃を与えるでしょう。」

インディアナとその製品に対するボイコットは真の懸念事項です。すでに、他の州や都市は、RFRAのためにインディアナへの公式旅行を禁止しています。州外の有名人は法律を非難しました。バンドウィルコはインディアナポリスでの今後のコンサートをキャンセルし、Gen-Conなどのコンベンションは都市から移転するかどうかを検討しています。

しかし、RFRAへの反応は、州全体の都市にも影響を及ぼします。 「これは広範囲にわたる」と、インディアナレストランアンドロッジングアソシエーションの社長兼最高経営責任者であるパトリックタムは述べています。 「インディアナ州北部から、ミシガン州の顧客から食品の配達が拒否されました。」インディアナポリスの場合、タムはコンベンションビジネスを失うことによる経済的影響を強調しています。 「私たちはグループビジネスでナンバーワンの都市です」と彼は言いました。 「私たちは国内の他のどの市場よりもグループビジネスに依存しています。私たちにとってのそのグループビジネスはとても重要です。」

タム氏は、法律がホスピタリティ業界にどのように影響しているかについて、知事室、立法指導者、および幅広い人々の連合と会談していると述べた。 「私たちは修正が得られることを期待しています」と彼は言いました。

訪問者、コンベンション、イベントを街にもたらすために活動しているVisitIndyのマーケティングおよびコミュニケーション担当副社長であるChrisGahlは、法律の悪影響に対抗するために協調した努力が必要であると述べました。 「コミュニティの全員が集結し、Hoosierのおもてなしが健在であることを世界に確実に知らせることができると思います」とGahl氏は述べています。 「これは、私たちの街のブランドがここ数年大きく依存していることです。したがって、法案に署名したからといって、Hoosierのおもてなしがなくなったわけではないということを伝えることが絶対に必要です。」


グレゴリー・T・アンジェロ:同性愛者の結婚に反対する人々を悪魔化しないようにしましょう

Obergefellv。Hodgesでの最高裁判所の判決の直後に、裁判所の意見が新しい文化戦争に火をつける可能性があるという感情がありました。アメリカの有権者)今後数十年間。そのようにする必要はありません。

優雅に勝つことは、結婚平等の擁護者にとって重要な第一歩です。彼らは、バラク・オバマ大統領がわずか3年前に到達し、ヒラリー・クリントンが単なる二年前。結婚の平等の反対者をマージナル化することは、文化戦争を広めるためにすべての側で必要とされる癒しを生み出すことはほとんどありません。

結婚の平等に反対する人々の疎外は、数字から始まります。 LGBTアメリカ人の人口は比較的少ないですが(3.8%)、大多数の人が私たちの結婚する権利を支持しています(60%)。承認はミレニアル世代の間でさらに顕著です。1981年以降に生まれたアメリカ人の79%は、結婚の平等が合法であるべきであることに同意しています。

勇気づけられる一方で、結婚の平等に対するこの強力な公的支援は、多くの点で、特に高齢者にとって論争の的となっている問題について、文化的および政治的権威の誤った感覚を擁護者に吹き込んでいます。

宗教の自由を考慮してください:結婚の平等の議論において、異議を唱える見方に対する軽蔑は、この反対が信仰の観点から組み立てられたときに特に指摘されます。

左側の多くの人々の中で&#8212と私はあえて言うと、ほとんどすべてのゲイの左側&#8212は、「宗教的自由」というフレーズの単なる発話は、反ゲイ政策の犬笛であると考えられています。この関連性は、差別の免許を提供するための意図的な取り組みとして広く批判されたインディアナ州の宗教の自由回復法の長引く汚名によってほぼ確実に悪化しています。

データはこの否定的な意味合いを裏付けています。2月に実施された調査によると、アメリカ人の57%が結婚式関連ビジネスの宗教的免除を支持していました。インディアナ州で物議を醸している宗教の自由回復法が3月に可決されました。 4月下旬までに、結婚式関連の免除の承認は52%に低下しました。アナリストは、インディアナ州の論争が原因で、3か月足らずで5ポイント減少したと考えています。インディアナ州のRFRAの大失敗の後でも、大多数は依然として合理的な宗教的宿泊施設を支持しています。

Obergefellの決定に続いて、一部の共和党員は、全国的な結婚の平等が、司祭、牧師、ラビ、イマームの自由な宗教の自由の行使さえも脅かしているという懸念を表明した。これは主に演技性ですが、「宗教施設の免税を終了する時間」のような息をのむようなタイトルがTime Magazineによって放送されている場合、ChickenLittleタイプを安心させることはほとんどありません。結婚の平等のための戦いが決して宗教との戦争ではなかったならば、何人かの支持者は明らかにメモを決して受け取らなかった。

最高裁判所の判決によって引き起こされた、答える必要のある多くの質問があります。オバマ政権の訴務長官、ドナルド・B・ベリリ・ジュニアは、オーベルゲフェルの公聴会で同じくらい認めた。宗教学校の免税や特定の事業でのサービス提供の拒否などの問題でこの新しい地形の法的な複雑さをナビゲートすることは、必然的に宗教の自由の合法的な範囲に影響を与えます。

将来の立法上および法的な戦いが迫る中、一部の忠実な保守派は彼らの自由が脆弱であると心配しています。そして、リベラルな結婚の平等の擁護者からの反応は、これらの不安を軽減するのではなく、悪化させています。

左翼は、想像された、または不誠実な宗教の自由への恐れを退け続け、同時に、全国的な結婚の平等への懸念を手に負えない偏見として公に表明する信仰の人々をブランド化している。

一部の宗教的保守派が、いわゆる伝統的な結婚の支持者が、オーバーゲルフェルの余波で文化的亡命者として生きることを非難されていると感じていることを警告しているのも不思議ではありません。

事例:ペンシルベニア州の新聞は最近、同性結婚に反対する意見記事を受け付けなくなると発表しました。提出ガイドラインは、反対意見が断固として禁止されるのではなく、&#8220厳密に制限される&#8221であることを明確にするために後で更新されました。

特定の宗教的保守派の継続的な疎外と非難は、最終的には結婚の平等の進化を皮肉な完全な円にもたらします。

少し前まで、同性愛者とレズビアンの男性と女性、そして私たちの異性愛者は、結婚の平等に関する公の議論の敗北にありました。その時、私の個人的な見解に反対する人々が、謙虚に、共感的に、そして敬意を持ってそうすることを望みました。ほとんどの人がそうしました、そしてこれらの思いやりのある反応は生産的で意味のある対話と相互理解を促進しました。

恩返しの時が来ました。

グレゴリーT.アンジェロは、ログキャビンリパブリカンズの全国事務局長であり、グループのウェブサイトで、「すべてのアメリカ人の公平性、自由、平等を支持する同性愛者の保守派と同盟国を代表する国内最大の組織」と説明されています。 #8221彼はダラスモーニングニュースのためにこれを書いた。


米国中の反同性愛者法案の波に対する反撃の準備ができている平等グループ

LGBTと公民権団体は、同性愛者反対法案を全国に広めている反発の集まりに直面して、結婚平等運動の利益を守るために全国的な戦いに動員している。

米国最大のLGBT権利擁護団体であるヒューマン・ライツ・キャンペーンによると、共和党が管理する立法府は、28の別々の州で85を超える反同性愛者法案を提出しました。同性愛者のカップルを対象とした新しい法律がインディアナ州、アーカンソー州、ミシシッピ州で可決され、他の多くの州もそれに追随しようとしています。

月曜日に、アップルの公然と同性愛者の最高経営責任者、ティム・クックは、アメリカの自由と平等の創設原則に反すると彼が述べた新しい法律の発疹について警鐘を鳴らしました。彼は、州議会全体での反同性愛者の急増を、人種差別の時代の「白人のみ」の兆候に例えました。

「私たちはその時代のいかなる類似性にも決して戻ってはなりません」と彼は言いました。

アメリカ自由人権協会(ACLU)の擁護および政策顧問であるユーニス・ロー氏は、州議会から出される立法の量は「非常に多く、非常に厄介」であると述べた。彼女は、この現象は、同性結婚に憲法上の保護を拡大する歴史的な米国最高裁判所の判決の危機に瀕しているLGBT平等運動によってなされた進歩への直接の反応であると述べた。

「私たちが今目にしていることの多くは、私たちの成功の見返りです。私たちはそれが何であるかについてこれを見ます-それはプランBです:結婚の平等とLGBTの平等に向けてなされた利益を全体的に侵食する試みです」とローは言いました。

国立レズビアン権利センターの法務部長であるシャノンミンター氏は、公民権団体とLGBTグループは、法定書に到達する前に法案を阻止するために協力して協力していると述べた。新しい法律が制定された場合、訴訟が検討されますが、それは最後の手段としてのみミンター氏は述べています。

「法律になる前に、これらの差別的な動きを止める方がはるかに良いです。訴訟は、反撃するための非常に費用がかかり、時間がかかり、不確実な方法です。」

差別的な法案はさまざまな形で出てきました。アラバマ州、フロリダ州、ミシガン州のような人々は、当局が子供を養子縁組または里親にしようとしている同性愛者やレズビアンのカップルを遠ざけることを許可するでしょう。

オクラホマなどの他の州の共和党員は、同性愛者から異性愛者への「治療」グループを法的措置から保護することにより、同性愛者の回心グループが繁栄することを許可しようとしています。フロリダは、トランスジェンダーの個人に力を注いで、まだ別の道を進んでいます。

しかし、反発の最も一般的な形は、宗教の自由回復法(RFRA)として知られる法案の相次ぐものであり、企業や個人が同性愛者へのサービスを拒否できるようにすることで、同性結婚で失われた土地の一部を取り戻そうとしています。宗教的信念を理由にした同性愛者のカップル。この種の法律はアリゾナ州によって試みられましたが、地元のビジネスリーダーによる反乱を受けて、昨年、当時の知事であるJanBrewerによって拒否されました。

アーカンソーは、同様の「宗教の自由」法案の最終段階に達しつつあります。先週、インディアナ州知事のマイクペンスは、RFRAのバージョンを法に署名し、活動家、ビジネスリーダー、宗教団体、メディア、スポーツリーグからの大部分の不利な反応の猛吹雪を促しました。怒りはペンスを守勢に置き、彼に新しい法律の目的を「明確にする」可能性のある補足法案を提供することを余儀なくさせた。

ミンターは、反応は圧倒的だったと言った。 「インディアナで起こったことの後、私は非常に楽観的だと感じています」と彼は言いました。 「あらゆる方面から大規模な市民の抗議がありました。これは、迅速に情報を発信できる高度に構造化されたネットワークが作成されたことの証です。」

しかし、課題は残っています。アーカンソー州が独自のRFRAのバリエーションを推進しているため、共和党が保有する立法府は、LGBTの人々を州内のどこでも差別を受けやすくする法律をすでに可決しています。

SB 202は、州内の市、町、または郡が差別に関連する独自の地方条例を作成することを禁じています。法律はLGBTコミュニティについて具体的に言及していませんが、米国最高裁判所が4月28日の同性愛者の結婚のレビューで聴覚的な議論を聞く直前のタイミングを考えると、この法律の推進力はその方向にあると広く考えられています。

SB 202は、「公共の平和、健康、安全」の名の下に対処しなければならないと述べている「緊急事態」を宣言しています。アーカンソー州には同性愛者に関する差別禁止法がないため、皮肉なことに「州全体で差別法に関する統一を早急に作成する必要がある」と書かれています。

事実上、同様の法律を追求しているアーカンソー州、テネシー州、ウェストバージニア州は、LGBTコミュニティに対する差別が彼らの領土の隅々で行われることを許可されなければならないと言っています。

法案が破られたとしても、返還されないという保証はありません。メイン州の共和党代表は昨年RFRA法案を可決しようとしたが、広範な反対に直面して法案を取り下げることを余儀なくされた。

現在、州内のグループの連立は、法律を可決するための新たな試みであると予想されることに向けて準備を進めています。ボストンのゲイアンドレズビアンアドボケイトアンドディフェンダーズのシニア弁護士であるベンクラインは、次のように述べています。

クライン氏は、復活した法案が再び敗北すると確信していると述べた。 「私たちは、これらの法律が個人主義と法の前での平等保護という国の価値観に反しているという非常に強い主張を持っています。それらはビジネスに悪影響を及ぼし、多くの計り知れない結果をもたらします。」


読者の反応:聖書を信じる事業主は他にどのようなグループを避けるべきですか?

編集者へ: インディアナ州のマイク・ペンス知事が彼の「宗教の自由」法を廃止することができないか、または廃止することを望まない方法と、それを修正する方法について彼がどのように窮地に立たされているように見えるかを見て、私は提案があります。法律は、企業がサービスを拒否しようとしている特定のグループのリストを正面玄関に掲示することを要求するように改正される可能性があります。 (「インディアナの宗教の自由法をめぐる騒動は、同性愛者の権利闘争の変化を示している」、3月31日)

同性愛者を避けたい聖書根本主義者の場合、再婚する離婚者(マタイ19:9)や結婚式の日に処女ではない人(申命記22:20-21)へのサービスを拒否することも検討するかもしれません。

これにより、これらのグループのメンバーは、ビジネスに参入するという屈辱を回避する機会を得ることができます。それはまた、そのようなビジネスをひいきにすることを決して考えないであろう私たちの人々にヘッドアップを提供するでしょう。

マリアン砂辺、サウスパサデナ

編集者へ: 同性カップルと結婚に反対する事業主の権利のバランスをとることは問題ではありませんが、それは市民と市民権の問題です。

パブリックスペースとビジネススペースは、平等に保護するための場所です。宗教的な空間や教会は、信条の名の下に差別のために取っておかれます。

ダグラスブラウンハーベイ、サンディエゴ

編集者へ: クリスチャンのカップルは結婚披露宴でハムを提供する権利を持っていますが、コーシャの仕出し屋は宗教的な理由でビジネスを辞退する権利を持っているべきではありませんか?

クリス・ノービー、フラートン

編集者へ: ペンスは、彼の州の新しい法律は、企業が保護されていないクラスのレズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーの人々へのサービスを拒否することを許可することを意図しておらず、意図していないと主張しています。

それでは、なぜ法案は、さまざまな反同性愛者組織の指導者に囲まれたペンスとの非公開式で署名されたのですか?

アリスP.ノイハウザー、マンハッタンビーチ

編集者へ: すべての人々の中で、政治家が私たちの社会的および宗教的仲裁人になったのはいつですか?

政治家は、再選キャンペーンの口座にお金を寄付する人々を甘やかすのに途方もない時間を費やしますが、それでも彼らは人々のビジネスに気を配る時間を見つける必要があります。事務所のレベルにもよるが、これは甌穴の埋め立てから国の防衛まで続く可能性がある。

では、どのようにして、彼らは一般の人々に道徳についての個人的な見解を強制しようとするのに十分な時間を持っているのでしょうか?

それは彼らの仕事ではありません。彼らの仕事は、政府を監督し運営するという実際的なビジネスを行うことです。社会的相互作用をカバーする民法と刑法があり、既存の法律に違反しない限り、人々の私的なビジネスと行動は彼らだけのものです。

政治家は国民の事業を大事にし、自分たちのことを気にかけるべきです。

ボブホフマン、ロングビーチ

Twitter @ latimesopinionおよびFacebookの意見セクションをフォローしてください

常識の治療法

毎週のニュースレターで、示唆に富む視点を入手してください。

ロサンゼルスタイムズからプロモーションコンテンツを受け取る場合があります。

ロサンゼルスタイムズのその他の作品

ジョージ・フロイドの死に対する1つの反応は、警察改革の拒否でした。これは、反対派が主張したように、人種差別主義システムを永続させるだけです。それでも、改革が必要です。

ハリウッドのプロデューサーがパフォーマンスや脚本を批判したとき、彼らは「メモをとった」。俳優や作家にとって、メモを受け取ることは彼らの存在のしるしでした。

イスラエルとガザの間で起こったことの基本的な現実は、何百人ものパレスチナ人が亡くなり、入植地が拡大し続けているということです。


論説:インディアナ州の宗教法を他の州と異なるものにする3つの要因

先週遅くにマイクペンス知事によって署名されたインディアナ州の宗教の自由回復法は、クリントン時代の連邦法および他の19州の本に関する法令と実質的に同一です。インディアナ州の法律が差別を明示的に許可しているところはどこにもありません。それでも、ワシントンポスト紙の法律に反対したアップルのティム・クックと、観光客や企業はインディアナをボイコットすべきだと言った俳優のジョージ・タケイの批評家は、州の意図が同性愛者やレズビアンに対する差別を認めることであると心配するのは絶対に正しい。宗教の自由の主張に基づいています。

インディアナ州法は、1990年の最高裁判所の雇用課対スミスにまでさかのぼる、長く曖昧な法の歴史の集大成であり、これにより、修正第1条の自由運動条項の標準的な解釈が大幅に変更されました。問題となったのは、ネイティブアメリカンのグループがオレゴン州の法律に違反して宗教儀式でペヨーテを使用できるかどうかでした。裁判所は、州法が「中立」であり、宗教的権利を削減したいという願望に動機付けられておらず、州内のすべての人に適用されたため、それは不可能であると裁定しました。

1990年以前の判例では、政府は、説得力のある政府の目的を達成するためにその行動が必要な場合にのみ、その人の宗教の実践に実質的に負担をかけることができると定められていました。しかし、スミスでは、法が宗教にいくら負担をかけたとしても、自由運動条項を使用して一般的な適用性の中立法に異議を唱えることはできないと裁判所は定めた。

ですから、スミスの前には、聖体拝領でワインを使いたいと思っていた禁酒郡の司祭が法廷で勝っていたでしょう。スミスの後、アルコールの消費を禁止する法律は一般的に適用できる中立的な法律だったので、彼は負けていただろう。

1993年、強力な超党派の支持を得て議会が可​​決され、クリントン大統領は連邦の信教の自由回復法に署名しました。その定められた目標は、法律によって以前の憲法の下にあったものに宗教の自由を回復することでした。法律は、政府が実質的に宗教に負担をかけるときはいつでも、一般的に適用できる中立法であっても、政府の説得力のある利益を達成するために必要であることが証明されない限り、その行動は違法であると規定しています。

次の展開は1997年に行われ、最高裁判所は、議会の権限の範囲を超えたため、州政府および地方政府に適用される違憲行為を宣言しました。しかし、この法律は連邦政府に適用される憲法のままであり、昨年6月のバーウェル対ホビーロビーでの裁判所の決定の基礎となりました。その場合、裁判所は、信教の自由回復法に違反し、所有者の宗教的信念と矛盾する場合は、非公開企業に避妊の適用を要求することを5対4で判断しました。

新しいインディアナ州法は、連邦法と同じタイトルと同じ言語を含んでいます。連邦法と同様に、インディアナ版は次のように規定しています。 2)それはその説得力のある政府の利益を促進するための最も制限の少ない手段です。」

しかし、インディアナ州法と連邦法は完全に同一ではありません。インディアナ州法は、連邦RFRAとは異なり、企業やその他の事業体に明示的に保護を提供することにより、ホビーロビーに基づいています。これが、インディアナ州法の目的が、事業主の宗教的信念に基づいて同性カップルに対する差別を認めることであると心配する理由の1つです。

懸念のもう1つの理由はタイミングです。雇用課対スミスから25年後、連邦法の制定から22年後、インディアナ州が現在この法律を採用しているのはなぜですか。最高裁判所が同性愛者とレズビアンの結婚の平等の権利を認めようとしており、同性結婚を禁止する州法は憲法に違反しているとの政治的スペクトル全体で広範なコンセンサスがあります。この法律は、その発展に対する反応のようです。

インディアナ州法を取り巻くレトリックも厄介です。実際、ペンスはインタビューで何度も、法律が差別を認めることを否定することを拒否してきました。彼はまた、彼の「時計」でゲイやレズビアンの権利が拡大することはないだろうと強調した。

これが、インディアナ州法に対する大声での抗議があり、州のボイコットを要求する理由です。しかし、インディアナ州は、法律を改正して、法律の下で、または宗教的信念に基づいて、性的指向、性別、人種に基づいて他人を差別できないようにすることで、この論争を簡単に解決できます。

アーウィン・ケメリンスキーは、UCアーバイン法科大学院の学部長です。

Twitter @ latimesopinionおよびFacebookの意見セクションをフォローしてください


私たち自身のACLJグローバルアフェアーズシニアカウンセルであるマイクポンペオが国務長官だったとき、彼は国務省のCOVID-19ウイルスの起源に関する調査を主導しました。しかし、バイデン政権は、国務省の草案について説明を受けた後、その調査を中止しました。

自分自身とその家族に食糧とより良い生活を提供しようとしている絶望的な個人は、人身売買業者によって現代の奴隷制に売られるか、空腹になるという、考えられない選択に毎日直面しています。残念ながら、多くの人がギャンブルを強いられていることに気づきます。


信教の自由の理由は奉仕を拒否するのに十分ですか?

Gracie Bonds Staplesは、1979年にミシシッピ州南部大学を卒業して以来、日刊紙に寄稿している受賞歴のあるジャーナリストです。彼女は、フォートワーススターテレグラム、サクラメントビー、ローリータイムズ、および2つのミシシッピデイリーでのスティントの後、2000年にアトランタジャーナルコンスティテューションに参加しました。ステープルズは最近、Senior Features EnterpriseWriterに昇格しました。木曜日と土曜日はリビングで、日曜日はメトロで交互にコラムを探してください。

「CrackingtheCodes」のドキュメンタリーには、アフリカ系アメリカ人の女性がアジア料理のレストランで食べ物を注文したことを思い出し、ウェイターが「私たちはあなたにサービスを提供していません」と言ったシーンがあります。

すべての人に役立つ世界を構築することを私たちに要求するのは、人種的不平等のシステムの魅力的な見方です。

レストランでの交換がいつ行われたかはわかりませんが、1960年代かそれよりずっと前のことであると感じ、インディアナ州知事のマイクペンスと最近の州の物議を醸す「宗教の自由」法の成立について読みました。 。

ジョージア州がこの法律の独自のバージョンと格闘していることは知っていますが、私はフーシャー州での論争に少し遅れました。土曜日の終わりにようやくチューニングしたとき、シャクティバトラーの「コードの解読:人種的不平等のシステム」と1960年に4人の黒人大学生が立ち上げたレストランの座り込みでその瞬間を思い出さずにはいられませんでした。

そして日曜日、国民の怒りに対するペンスの反応を聞いたとき、彼が「ゲイやレズビアンを差別することは違法かどうか」と答えることを拒否した。そして永遠に分離します。」

ペンスは躊躇せずに言ったが、批評家は事業主がLGBTコミュニティのメンバーを差別することを認めていると言っていても、州の宗教の自由回復法を変更するつもりはなかった。

「私たちは法律を変えるつもりはない」とペンスは「今週」でABCのジョージステファノプロスに語った。

私の反応は法律の批評家と同じくらい迅速でした。その中には、それは反同性愛者であり、ビジネスを追い払うだろうと言うビジネスリーダーや政治リーダーが含まれていました。今週末にファイナルフォーを主催するNCAAでさえ、法律は高等教育とアメリカのすべてに反すると述べています。

私はこれを言うとは思っていませんでしたが、チャールズバークレー卿に同意します。彼らは州からトーナメントをヤンクするべきです。

「どの州にも同性愛者反対法が存在する限り、ファイナルフォーやスーパーボウルなどの大きなイベントをこれらの州の都市で開催すべきではないと強く信じています」とバークレー氏は述べています。

日曜日、ステファノプロスはペンスに「インディアナ州の花屋が結婚式で同性愛者のカップルに仕えることを拒否した場合、それは今インディアナ州で合法ですか?」と尋ねたとき、イエスかノーの答えを得ることができませんでしたが、火曜日の朝までに知事は後退しました。

「この法律は、企業に誰に対してもサービスを拒否する権利を与えていない」とペンス氏は記者団に語った。

ペンスはまた、彼の州の議員にそれを明確にする法律を可決するように促したが、あなたは彼が公の圧力に反応しているのか、それとも彼の良心を話しているのか疑問に思う必要がある。

後者だといいのですが。彼がこれを正しくすることを願っています。

彼らは後知恵は20-20であると言います、しかしペンスがこの法律に署名したとき、ペンスはその後ろ向きの視線をとらなかったように思われます。もし持っていたら、彼はもっとよく知っているでしょう。

性的指向の問題にどこに立っていても、宗教の自由の名の下でさえ、だれへの奉仕を拒否する正当な理由はありません。

私のお気に入りの詠唱の1つは、ビリー・グラハムの十字軍で祭壇の呼び声となった曲「Just asIAm」です。私たちがどんなに「貧しく、惨めで、盲目」であっても、神は私たちを受け入れる準備ができている両手を広げて立っておられることを思い出させてください。

では、なぜ一部のクリスチャンは、自分たちのライフスタイルに同意しないという理由だけで、人々のグループ全体に奉仕することを避け、さらには拒否することをいとわないのでしょうか。

ここで言う価値があるのは、インディアナだけではないということです。 A federal version of the religious freedom law was enacted in 1993, but dozens of states have passed their own versions since then, including one passed unanimously in Illinois. To the state’s credit, it added specific protection from discrimination based on sexual orientation several years later.

The backlash in Indiana didn't surprise Jeff Graham, executive director of Georgia Equality, an organization that works to advance fairness, safety and opportunity for the LGBT community.

“Basic fairness and valuing diversity is something that the corporate community there has not only embraced but is taking the lead on,” Graham told me.

He believes that the law undercuts basic tenets of fairness, serves to further divide us and is a vehicle to discriminate.

"The backlash we've seen is exactly what we would see here in Georgia if our law would pass without including strong anti-discrimination protections," Graham said.

Here’s Graham’s other big concern: Georgia is one of only three states that does not have a statewide civil rights law.

I can think of a couple of life-death exceptions where a “religious freedom” law could rightly apply, but baking wedding cakes and making floral arrangements aren’t among them. Wouldn’t we all fare better if we’d just look over our shoulders and consider our past mistakes?

I mentioned the sit-ins. Those four black kids only wanted a cup of coffee. A cup of coffee.


In Indiana, an uncomfortable turn in the spotlight

The talk at Rabbi Michael Friedland’s seder table in South Bend, Ind., was about Memories Pizza in the small Indiana town of Walkerton. Not that the celebrants already had tired of unleavened food — rather, they were bemused at how the restaurant owner’s stand in favor of the state’s controversial Religious Freedom Restoration Act was turned into a windfall.

“The owner said that if someone asked them to cater a gay wedding, they wouldn’t do it,” said Friedland, who leads Conservative Sinai Synagogue. A four-day crowdfunding campaign in support of the pizzeria, set up by conservative commentator Glenn Beck’s Blaze TV network, raised $842,387.

“Someone joked that the synagogue should come out in favor of discriminating against gays, and we could raise almost a million dollars, too,” Friedland said. “Somebody else asked who would go to a pizza parlor to cater a wedding.”

The catering question was hypothetical, and the pizzeria’s owner said they would serve gay couples in the restaurant.

But the national attention that focused on Indiana after Republican Gov. Mark Pence signed the bill into law on March 26 has been something that Hoosiers — and the state’s 17,000 Jews — are unaccustomed to. The fact that in the face of national outrage the law’s proponents passed a “fix” a week later, which the governor signed, says that religious freedom cannot come at the expense of gay, lesbian, bisexual and transgender persons and has calmed the atmosphere for now.

“There’s a little bit of schadenfreude — that the governor was embarrassed and had to walk this back,” Friedland said.

Still, the unfriendly spotlight on Indiana — and the travel bans and beginnings of a commercial boycott — “is not how we want to be the center of attention,” said Rabbi Sandy Sasso, rabbi emeritus of Congregation Beth-El Zedeck in Indianapolis, the state capital.

“Every time I bump into someone, they say ‘I can’t believe this is happening. I’m so embarrassed.’ You really can’t go anywhere without people talking about it.”

In Evansville, at the southwest end of the state, Rabbi Gary Mazo spoke at his Seder about the meaning of freedom in the context of the RFRA debate.

“I emphasized that in today’s world, where we are no longer slaves, we are compelled to focus our efforts on both remembering and working toward securing freedom for those who are oppressed, enslaved or persecuted,” said Mazo, of Reform Temple Adath B’nai Israel. “I then made it very clear that we live in a state that has sanctioned oppression and bigotry under the guise of religious freedom, and our job is to combat that.”

Mazo said the clarifying legislation passed on April 2 does not resolve the controversy. “It was too little, too late, and the law should never have been enacted and should be repealed.”

“At this point, we’re doing what we can to make sure the rights of minority religious communities are being addres-sed,” said David Sklar, director of government affairs for the Indianapolis Jewish Community Relations Council, which opposed RFRA.

Sklar said the JCRC began discussing the bill last summer. The agency opposed the legislation and lobbied against it as “less of a specifically LGBT issue and more of an issue of potential discrimination,” he said.

“Decades of court precedent has resulted in a workable balance in Indiana between individual and religious freedoms. RFRA would upset the balance,” he explained.

And although Jews are protected by the constitutions of Indiana and the United States, “RFRA could cloud and confuse the landscape of religious freedom in the United States,” Sklar said.

Jews have come down on both sides of the issue, and an equal number of Jews testified before legislative committees for and against RFRA, Sklar added. But the overwhelming majority of Indiana Jews oppose the legislation, he said.

Rabbi Yisrael Gettinger, of Congreg-ation B’nai Torah in Indianapolis, has come out in favor of RFRA. The Orthodox rabbi appeared with Pence in the photo taken at the first bill signing, along with “supportive lawmakers, Franciscan monks and nuns, Orthodox Jews and some of the state’s most powerful lobbyists on conservative social issues,” according to USA Today.

Gettinger declined to speak for this story. Last year, he explained his opposition to “homosexual acts” to the Indianapolis Star: “One cannot be more certain of something being inappropriate if it’s called an abomination in the Bible,” he said. “Those are not my words. Those are the Bible’s words. Those are God’s words.”

Critics of the bill say that it was not promoted to assure religious freedom, but to hold fallback position after the U.S. Supreme Court in 2014 let stand a circuit court’s decision to strike down Indiana’s ban on gay marriage.

“Given who was at the original signing, saying they didn’t mean to discriminate against gays was a little hard to buy,” Friedland said. “Most people saw it as a reaction to the frustration that gay rights have moved too far.”

“It’s part of this trend after Hobby Lobby,” the Supreme Court decision that decided that a corporation can be considered a person under RFRA, said Rachel Laser, deputy director of the Religious Action Center of the Reform movement.

Laser and others interviewed for this article differentiated the Indiana RFRA — and others under consideration in Arkansas, North Carolina and elsewhere — from the federal Religious Freedom Restoration Act, passed under President Bill Clinton in 1993.

“It was to be a shield for religious people. It allowed a boy who wants to wear his yarmulke in school or the Catholic priest who wants to give communion wine to his child parishioners. These new RFRAs are intended to be used as a sword to discriminate,” Laser said.

Nineteen states have RFRA laws on the books. Asked why Indiana was singled out for attention, Sklar said one reason was that it had more potential than others to be discriminatory.

“In the Indiana law, what a person entails is much broader. And Indiana did not have the protections for LGBT persons in place that other states do.”

Although the fixed RFRA does not make gays a legally protected class, it does say they cannot be discriminated against.

“This is the first time that a state law makes a positive reference to LGBT Hoosiers,” Sasso said. “The only good thing to come out of this is the outrage of the community that forced the governor and legislators to revisit this.”

On April 9, Indianapolis diners at any of four restaurants owned by Patachou Inc. can support gay rights at what owner Martha Hoover calls a “sit-in.” All proceeds for a $50 four-course meal will go to Lamda Legal, a civil rights group supporting LGBT communities.

The event is an example of how Jewish entrepreneurs are joining others in the business community in opposing discriminatory legislation.

“If you allow any discrimination, who controls the leap to what comes next?” Hoover said.

She calls the Republican backing of RFRA “both a miscalculation and a tremendous lack of leadership. It did catch them off-guard and suggests how out of touch they are.”

That disconnect is particularly strong with young adults, said Rabbi Leonard Zukrow of Temple Beth-El, a Reform congregation in Munster, an Indiana town in suburban Chicago. “This is not an issue for them. Young people in Indiana are worried about jobs.”

“Our tradition speaks to inclusiveness,” he added, and quoted from the Passover Haggadah: “To all who are hungry come and eat.”

Indiana’s apparent lack of hospitality is ill-advised “for a state that is not a leading state for business opportunities,” Friedland said.

Following the passage of the “fix,” the governors of New York, Washington and Connecticut canceled their travel bans to Indiana.

The fix does not mean all is well in Indiana, Hoover said.

By “signing one law,” Pence “has damaged the state,” she said. “Our concern is, how long lasting is the damage?”


Earth Day & Bill Penzey

アップデート: Treeper Tourets writes –
I wrote to Spice House to suggest that some of Mr. Penzy’s customers were unhappy about his behavior. She wrote:
“No kidding. What business owner who really likes his customers would care so little about losing them? On the plus side for us, we have had lots of people jump ship to us, so I kind of hope he keeps writing those wacky newsletters! My parents, Ruth and Bill Penzey, Sr. started our business, The Spice House, in 1957 and we own the original company. We are all about the top quality spices and the freshest hand ground and mixed seasonings. Our politics are very different than Bills, but that is irrelevant as our opinions about anything other than food, have no part in our business. We would never use our company as soap box. So please give us a try and encourage your friends to do the same.
Patty Erd
http://www.thespicehouse.com
Facebook Page https://www.facebook.com/thespicehouse
Pinterest http://pinterest.com/thespicehouse/
Twitter https://twitter.com/TheSpiceHouse“

This week I placed an order with Penzey’s Spices, a company headquartered in Milwaukee, WI. Penzey also has retail stores in various locations, including the town where my daughter lives (which is where I first became aware of the company) and a place not far from where I live, so I have occasionally patronized their business.
They also have a catalog that they mail out periodically. Lately it has come to my attention that the owner of the company, Bill Penzey Jr., includes a “newsletter” in his catalog, which is his soapbox to lecture his customers about diversity and other topics close to the hearts of progressives.

Last year, Charlie Sykes wrote about it for AM Radio, WTMJ – Bill Penzey’s Idea Of Diversity: Lots of White People in Volkswagens :

We know that the owner of Penzey’s Spices is concerned about diversity, because he says he does… repeatedly. Make that obsessively. In recent company catalogues that purport to sell spices, Penzey has lashed out at white racist suburbanites who vote for racist Republicans. He knows that they are racists, because of the lack of “diversity.”
In the last year, Bill Penzey has offered letters denouncing the use of Indian mascots at Mukwonago High School and bizarre letter in May that denigrated the citizens of Waukesha for their ‘different way of thinking” and “race-based politics.”
Now, Penzey had doubled down:
Segregation is no longer some grim-faced governor standing on the steps of the Capitol shouting, “Segregation now-tomorrow-forever!” Segregation today has grown into a multi-step process. It starts with the new, more polished leaders who, with a smile, send ever-so-subtle messages that America is a whites-first nation. Next, AM radio personalities turn that smile to a sneer and pass it on to their listeners, who turn that sneer into anger. That anger does an amazing job of producing lopsided vote totals in places with little diversity, but it’s poison to everything that is good in our lives and a roadblock across the path of Kindness that leads to cooking.
Well, speaking of little diversity, local blogger Tom McMahon decided to take a deeper look at Penzey-land. He emails:
Bill Penzey mentioned “places with little diversity” in his firm’s Summer of Love 2014 catalog. But I went through all 64 pages of that catalog and could not find a single photo of an African-American in the whole thing. Sure, I found lots and lots of photos of white folks doing white people stuff, but no African-Americans.どうして? Is he afraid they might scare off his lily-white clientele?
Read more : http://www.620wtmj.com/blogs/charliesykes/267078611.html

わお。 Wisconsin politics is really brutal.

Back to me and my recent order with Penzey Spices. Last night I received an email from Bill Penzey regarding his company’s celebration of Earth Day (it’s also available at their website). Most companies do celebrate holidays, Earth Day being just one of them. I also received one from America’s Test Kitchen regarding eco-friendly gadgets, for example. Bill Penzey takes it a step further, as you will see. Some text is bolded by me for emphasis:

Earth Day 2015 is exciting. We really are at the point where there are few obstacles left in our path before we start dealing with climate change in earnest. For the Earth Day issues of science and conservation, there are other websites that can speak better about the obstacles in those fields. As a website that promotes all the good things set in motion through cooking, the obstacle we think we can help with is anger. From the responses to the email we sent out asking for Earth Day help a couple weeks ago, we can say there is a fair amount of anger out there and it’s getting in the way of what needs to be done.
Some of the anger is at those still dismissing the science and instead believing the doubt. Some of the anger is at those working to maintain the profits of the old fossil fuel industry by promoting that doubt。 But mostly the anger is at the politicians who know the science is real and still stand in the way of what needs to be done. It’s easy to justify the anger if the question we are asking is “What kind of person is willing to risk destroying the future of our environment to advance their political career?” Still this anger does little more than fuel their supporters. Maybe the kinder question might be, “What events in their lives left them willing to place their own political gains in front of everyone else’s needs?”
So for today and for Earth Day we are highlighting some stories and recipes from cooks who are facing situations that are all too often met with anger. Through their kindness and compassion these cooks are setting in motion a very different future.


How to Act Upon Your SWOT Analysis

So, you’ve finally got your hands on a completed SWOT matrix. You’ve identified internal strengths and weaknesses, as well as external opportunities and threats. You’ve begun to see your company in a whole new light.

Ideally, there are two stages of action you should take upon completing a SWOT analysis. First, you should attempt to match your strengths with your opportunities。 Next, you should try to convert weaknesses into strengths。 Let’s take a look how this works.

Acting On Your Strengths

One of the best things about the strengths you identified in your SWOT analysis is that you’re already doing them.

In our example above, the restaurant’s location, reputation, and seasonal menu are all strengths. This tells the fictitious company that it should continue to experiment with its popular seasonal menu. It also tells the company it should continue to develop and nurture the strong relationships with its regular customers that have strengthened the restaurant’s reputation in the community.

Essentially, acting upon your business’ strengths consists of “do more of what you’re already good at.”

Shoring Up Your Weaknesses

Acting on the weaknesses you identified in your SWOT analysis is a little trickier, not least because you have to be honest enough with yourself about your weaknesses in the first place.

Going back to our example, some of these weaknesses are very challenging to act upon. Going up against the considerable purchasing power of rival chain restaurants can be very difficult for smaller, family owned businesses. The restaurant is also struggling with its limited reach, the restrictions of a modest advertising budget, and is also failing to leverage the potential to increase sales by allowing customers to order food online through delivery apps like Foodler or GrubHub.

However, that’s not to say all hope is lost. It might be harder for our example business to compete with a chain, but there are plenty of other ways small companies can be more competitive – such as by developing strong, meaningful relationships with customers, which was not only one of the company’s strengths, but also something chain restaurants simply cannot offer.

Seizing Opportunities

The Opportunities section of your SWOT analysis is by far the most actionable, and that’s by design. By identifying opportunities by evaluating your organization’s strengths, you should have a ready-made list of targets to aim for.

In the example above, increasing consumer appetites for ethically produced, locally grown ingredients is a major opportunity. However, our restaurateurs cannot rest on their laurels – there’s still work to be done. In this example, this may involve investing in technical expertise to take advantage of the opportunities presented by food delivery apps, or sourcing locally grown produce more aggressively in an attempt to reduce costs.

It’s also important to avoid hubris or complacency in your opportunities. Even if you have an iron-clad advantage over every other business in your industry, failing to devote sufficient time, money, or personnel resources in maintaining that advantage may result in you missing out on these opportunities over time.

Every business’ opportunities will differ, but it’s vital that you create a clearly defined roadmap for capitalizing upon the opportunities you’ve identified, whether they be internal or external.

Mitigating Threats

Anticipating and mitigating the threats identified in your SWOT analysis may be the most difficult challenge you’ll face in this scenario, primarily because threats are typically external factors there’s only so much you can do to mitigate the potential damage of factors beyond your control.

Every threat, and the appropriate reaction to that threat, is different. Regardless of the specific threats you’ve identified in your SWOT analysis, responding to and monitoring those threats should be among your very top priorities, irrespective of the degree of control you have over those threats.

In the example above, all three threats are particularly challenging. To compete with the prices of its chain competitors, our restaurateurs may be forced to either compromise on their values to secure cheaper ingredients, or willingly cut into their profit margins to remain competitive. Similarly, economic uncertainty is virtually impossible to fully mitigate, making it a persistent threat to the stability of our example restaurant business.

In some SWOT analyses, there may be some overlap between your opportunities and threats. For example, in the analysis above, the popularity of locally sourced ingredients was identified as an opportunity, and heightened competition was identified as a threat. In this example, highlighting the restaurant’s relationships with local farmers – further reinforcing the restaurant’s commitment to the local community and regional economy – may be an effective way for our restaurateurs to overcome the threat posed by the increasingly desperate chain restaurants vying for their customers.

When compiling the results of your SWOT analysis, be sure to look for areas of crossover like this and see if it’s possible to seize an opportunity and reduce a threat at the same time.


ビデオを見る: Coronavirus, Cremona: bar e ristoranti chiedono aiuto (八月 2022).