新しいレシピ

キャロル第1四半期の収益は7%増加しました

キャロル第1四半期の収益は7%増加しました


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

Carrols Restaurant Groupは、さまざまな費用による費用が同社の純損失350万ドルに貢献したにもかかわらず、第1四半期の総収益が7.3%増加しました。

ニューヨーク州シラキュースを拠点とするバーガーキングのフランチャイズ店も、ポロトロピカルチェーンとタコカバーナチェーンで構成されるフィエスタレストラングループインクの株主へのスピンオフを完了したと語った。

同社の総収益は、前年同期の1億9,720万ドルに対し、2012年4月1日に終了した四半期では2億1,160万ドルに増加しました。これとは別に、フィエスタの収益は、2011年の第1四半期の1億1,560万ドルから、9.1%増加して1億2,610万ドルになりました。

キャロルズのバーガーキングユニットの収益は、2011年の8,160万ドルに対し、4.7%増の8,550万ドルでした。

関連している:ターンアラウンドの努力がバーガーキングの第1四半期の売上に拍車をかけた

キャロルズは、2011年第1四半期の利益が220万ドル(1株あたり10セント)であったのに対し、350万ドル(1株あたり16セント)の純損失を計上しました。その他のリース料、スピンオフおよび買収関連費用。

既存店売上高は、同社のバーガーキングユニットで5.9%、ポロトロピカルで9.4%、タコカバーナで6.1%増加しました。

4月1日の時点で、キャロルズは297のバーガーキングの店舗を運営し、フィエスタは86のポロトロピカルレストランと157のタコカバーナレストランを所有および運営していました。フィエスタはさらに38のポロトロピカルレストランをフランチャイズしています。

キャロルズの最高経営責任者であるダン・アコーディノは、次のように述べています。 「バーガーキングは、既存の製品とメニュー、料理の準備、ブランドイメージ、マーケティングの変更と強化を含む、広範な再配置を行っています。

「これらは、ブランドのリーチをより多様な消費者ベースに拡大することに焦点を当てた変革戦略イニシアチブであり、バーガーキングシステムとキャロルの両方のパフォーマンスの継続的な改善に貢献すると信じています」と彼は言いました。

3月、キャロルズはバーガーキングコーポレーションとの資産購入契約で278の会社所有のバーガーキングアウトレットを買収することに合意しました。キャロルズはバーガーキングに1580万ドルを支払うと述べました。この契約により、マイアミを拠点とするフランチャイザーは、キャロルズの28.9パーセントの株式を取得することになります。

「私たちの背後にあるフィエスタのスピンオフにより、私たちは現在、バーガーキングシステム内で私たちが利用できるかなりの機会に専念しています」とアコーディノは言いました。 「BurgerKingCorp。からの278のBurgerKingレストランの保留中の買収、特にこの取引の戦略的性質により、同社は長期的な成長に向けて位置付けられると確信しています。」

この取引により、キャロルズは575ユニットのバーガーキングの最大のグローバルフランチャイズになると予想されています。

[email protected]でPaulFrumkinに連絡してください。


家畜のハイライト:今日のトップストーリー

11:46 ET-米国のレストランが手羽先と胸肉の全国的なクランチに取り組んでいるとき、植物ベースの肉代替メーカーであるビヨンドミートは、フェイクチキンでもう一度走る準備ができていると言います。カリフォルニアの会社は、以前のチキン風の製品を市場から撤退させてから数年後に家禽スタイルの製品に戻る、植物ベースの入札を今年後半に導入することを目指しています。 Beyondは2月に、KFCの親であるYum Brandsとのパートナーシップを発表し、2019年のKFCでのフライドチキンテストに続いてメニューアイテムを開発しました。Beyondは2.2%減少します。 ([email protected] @ jacobbunge)

バーガーキングの所有者がコストの上昇に応じて割引を減らす-マーケットトーク

0910ET-バーガーキングのオーナーであるCarrolsRestaurant Groupは、第1四半期に割引するメニュー項目が少なく、コストの多くが増大するため、必要に応じて価格を引き上げることができると述べています。第1四半期の労働インフレ率は6%上昇し、今年は商品が4%から5%上昇すると同社は述べています。今年は牛肉、鶏肉、ショートニングの価格が上昇しており、今後も上昇が見込まれます。 ([email protected] @heatherhaddon)

食品配達の持続的な需要の中でDoorDashの収益は3倍になります

DoorDash Inc.の収益は第1四半期に3倍になり、コロナウイルスワクチン接種が開始され、国が再開に向けて準備を進めているにもかかわらず、食品配達サービスに対する持続的な需要を示しています。

サンフランシスコを拠点とするこの会社は、3月までの3か月間で10億8000万ドルの収益を報告し、ウォール街の予測を上回り、前年同期の3億6200万ドルから増加しました。 FactSetがポーリングしたアナリストは、9億9,400万ドルの収益を見込んでいました。

鶏肉がより多くを必要とするので、キャロルは労働に苦しんでいます-マーケットトーク

0918ET-バーガーキングのオーナーであるCarrolsRestaurant Groupは現在、初めて手焼きチキンサンドイッチを作っていますが、それを行うには労働者が必要です。同社の第1四半期決算では、多くのレストランと同様に、レストランにスタッフを配置するのに十分な労働者を確保するのは苦労していると述べています。幹部によると、6人の労働者が予定されているが、特定のシフトには2人しか現れないという。バーガーキングの新しいチキンサンドイッチは、所有者にとって新しいプロセスである、指定されたキッチンステーションで焼きたてのパンを作る必要があります。 ([email protected] @heatherhaddon)

アマゾン、マクドナルド、その他高給の時給労働者が不足している-更新

低賃金労働者のための戦いが続いている。

初級レベルの労働者の米国最大の雇用主の一部は、経済がコロナウイルスの大流行から立ち直るにつれて、何万もの新しい職を追加しています。多くの人が賃金を上げたり、特典を追加して、労働者を他の仕事から遠ざけたり、労働市場の傍観者から遠ざけたりしています。

Amazon.com Inc.は木曜日、さらに75,000人の労働者を雇用し、一部の場所で1,000ドルの契約金を提供すると発表しました。マクドナルドは、今後3か月以内に会社所有のレストランで10,000人の従業員を雇用したいと考えており、それらの場所で賃金を引き上げると述べた。 Chipotle Mexican Grill Inc.、Applebee's、KFCは、ダイニングルームを再開し、スタッフの増強を目指して、数万人の労働者を雇用しようとしているチェーンの1つです。

家畜先物は大幅に下落-市場の話

1509 ET-CMEでの家畜先物取引が急降下し、家畜​​複合体は、商品全体に重くのしかかったインフレ懸念からの圧力を受けました。生牛先物は2.7%下落して1ポンドあたり1.16ドルになり、豚赤身肉先物は1.8%下落して1ポンドあたり1.10525ドルになりました。ただし、箱入り牛肉と豚肉の切り欠きの両方の値は、ほとんどの場合、日中まで高くなりました。豚肉、ロース肉、肋骨は低くなりましたが、豚肩肉や腹肉などの他の目立つ切り欠きは高くなりました。今朝報告された輸出売上高の低さも、今日の先物に圧力をかけた。 (kirk.maltais @ wsj.com @kirkmaltais)

USDAによると、木曜日の卸売選択グレードの牛肉価格は、100ポンドあたり1.70ドル上昇して316.78ドルになりました。セレクトグレードの価格は100ポンドあたり1.25ドル下落し、295.91ドルになりました。総積載量は106でした。ネブラスカ州オマハの価格見積もりに基づくと、豚肉の卸売価格は2.09ドル上昇して114.30ドルになりました。


家畜のハイライト:今日のトップストーリー

11:46 ET-米国のレストランが手羽先と胸肉の全国的なクランチに取り組んでいるとき、植物ベースの肉代替メーカーであるビヨンドミートは、フェイクチキンでもう一度走る準備ができていると言います。カリフォルニアの会社は、以前のチキン風の製品を市場から撤退させてから数年後に家禽スタイルの製品に戻る、植物ベースの入札を今年後半に導入することを目指しています。 Beyondは2月に、KFCの親であるYum Brandsとのパートナーシップを発表し、2019年のKFCでのフライドチキンテストに続いてメニューアイテムを開発しました。Beyondは2.2%減少します。 ([email protected] @ jacobbunge)

バーガーキングの所有者がコストの上昇に応じて割引を減らす-マーケットトーク

0910ET-バーガーキングのオーナーであるCarrolsRestaurant Groupは、第1四半期に割引するメニュー項目が少なく、コストの多くが増大するため、必要に応じて価格を引き上げることができると述べています。労働インフレ率は第1四半期に6%上昇し、同社によれば、今年の商品は4%から5%上昇すると予想されています。今年は牛肉、鶏肉、ショートニングの価格が上昇しており、今後も上昇が見込まれます。 ([email protected] @heatherhaddon)

食品配達の持続的な需要の中でDoorDashの収益は3倍になります

DoorDash Inc.の収益は第1四半期に3倍になり、コロナウイルスワクチン接種が開始され、国が再開に向けて準備を進めているにもかかわらず、食品配達サービスに対する持続的な需要を示しています。

サンフランシスコを拠点とするこの会社は、3月までの3か月間で10億8000万ドルの収益を報告し、ウォール街の予測を上回り、前年同期の3億6200万ドルから増加しました。 FactSetがポーリングしたアナリストは、9億9,400万ドルの収益を見込んでいました。

鶏肉がより多くを必要とするので、キャロルは労働に苦しんでいます-マーケットトーク

0918ET-バーガーキングのオーナーであるCarrolsRestaurant Groupは現在、初めて手焼きチキンサンドイッチを作っていますが、それを行うには労働者が必要です。同社の第1四半期決算では、多くのレストランと同様に、レストランにスタッフを配置するのに十分な労働者を確保するのは苦労していると述べています。幹部によると、6人の労働者が予定されているが、特定のシフトには2人しか現れないという。バーガーキングの新しいチキンサンドイッチは、所有者にとって新しいプロセスである、指定されたキッチンステーションで焼きたてのパンを作る必要があります。 ([email protected] @heatherhaddon)

アマゾン、マクドナルド、その他高給の時給労働者が不足している-更新

低賃金労働者のための戦いが続いている。

初級レベルの労働者の米国最大の雇用主の一部は、経済がコロナウイルスの大流行から立ち直るにつれて、何万もの新しい職を追加しています。多くの人が賃金を上げたり、特典を追加して、労働者を他の仕事から遠ざけたり、労働市場の傍観者から遠ざけたりしています。

Amazon.com Inc.は木曜日、さらに75,000人の労働者を雇用し、一部の場所で1,000ドルの契約金を提供すると発表しました。マクドナルドは、今後3か月以内に会社所有のレストランで10,000人の従業員を雇用し、それらの場所で賃金を引き上げると述べた。 Chipotle Mexican Grill Inc.、Applebee's、KFCは、ダイニングルームを再開し、スタッフの増強を目指して、数万人の労働者を雇用しようとしているチェーンの1つです。

家畜先物は大幅に下落-市場の話

1509 ET-CMEでの家畜先物取引が急降下し、家畜​​複合体は、商品全体に重くのしかかったインフレ懸念からの圧力を受けました。生牛先物は2.7%下落して1ポンドあたり1.16ドルになり、豚赤身肉先物は1.8%下落して1ポンドあたり1.10525ドルになりました。ただし、箱入り牛肉と豚肉の切り欠きの両方の値は、ほとんどの場合、日中まで高くなりました。豚肉、ロース肉、肋骨は低くなりましたが、豚肩肉や腹肉などの他の目立つ切り欠きは高くなりました。今朝報告された輸出売上高の低さも、今日の先物に圧力をかけた。 (kirk.maltais @ wsj.com @kirkmaltais)

USDAによると、木曜日の卸売選択グレードの牛肉価格は、100ポンドあたり1.70ドル上昇して316.78ドルになりました。セレクトグレードの価格は100ポンドあたり1.25ドル下落し、295.91ドルになりました。総積載量は106でした。ネブラスカ州オマハの価格見積もりに基づくと、豚肉の卸売価格は2.09ドル上昇して114.30ドルになりました。


家畜のハイライト:今日のトップストーリー

11:46 ET-米国のレストランが手羽先と胸肉の全国的なクランチに取り組んでいるとき、植物ベースの肉代替メーカーであるビヨンドミートは、フェイクチキンでもう一度走る準備ができていると言います。カリフォルニアの会社は、以前のチキン風の製品を市場から撤退させてから数年後に家禽スタイルの製品に戻る、植物ベースの入札を今年後半に導入することを目指しています。 Beyondは2月に、KFCの親であるYum Brandsとのパートナーシップを発表し、2019年のKFCでのフライドチキンテストに続いてメニューアイテムを開発しました。Beyondは2.2%減少します。 ([email protected] @ jacobbunge)

バーガーキングの所有者がコストの上昇に応じて割引を減らす-マーケットトーク

0910ET-バーガーキングのオーナーであるCarrolsRestaurant Groupは、第1四半期に割引するメニュー項目が少なく、コストの多くが増大するため、必要に応じて価格を引き上げることができると述べています。第1四半期の労働インフレ率は6%上昇し、今年は商品が4%から5%上昇すると同社は述べています。今年は牛肉、鶏肉、ショートニングの価格が上昇しており、今後も上昇が見込まれます。 ([email protected] @heatherhaddon)

食品配達の持続的な需要の中でDoorDashの収益は3倍になります

DoorDash Inc.の収益は第1四半期に3倍になり、コロナウイルスワクチン接種が開始され、国が再開に向けて準備を進めているにもかかわらず、食品配達サービスに対する持続的な需要を示しています。

サンフランシスコを拠点とするこの会社は、3月までの3か月間で10億8000万ドルの収益を報告し、ウォール街の予測を上回り、前年同期の3億6200万ドルから増加しました。 FactSetがポーリングしたアナリストは、9億9,400万ドルの収益を見込んでいました。

鶏肉がより多くを必要とするので、キャロルは労働に苦しんでいます-マーケットトーク

0918ET-バーガーキングのオーナーであるCarrolsRestaurant Groupは現在、初めて手焼きチキンサンドイッチを作っていますが、それを行うには労働者が必要です。同社の第1四半期決算では、多くのレストランと同様に、レストランにスタッフを配置するのに十分な労働者を確保するのは苦労していると述べています。幹部によると、6人の労働者が予定されているが、特定のシフトには2人しか現れないという。バーガーキングの新しいチキンサンドイッチは、所有者にとって新しいプロセスである、指定されたキッチンステーションで焼きたてのパンを作る必要があります。 ([email protected] @heatherhaddon)

アマゾン、マクドナルド、その他高給の時給労働者が不足している-更新

低賃金労働者のための戦いが続いている。

初級レベルの労働者の米国最大の雇用主の一部は、経済がコロナウイルスの大流行から立ち直るにつれて、何万もの新しい職を追加しています。多くの人が賃金を上げたり、特典を追加して、労働者を他の仕事から遠ざけたり、労働市場の傍観者から遠ざけたりしています。

Amazon.com Inc.は木曜日、さらに75,000人の労働者を雇用し、一部の場所で1,000ドルの契約金を提供すると発表しました。マクドナルドは、今後3か月以内に会社所有のレストランで10,000人の従業員を雇用したいと考えており、それらの場所で賃金を引き上げると述べた。 Chipotle Mexican Grill Inc.、Applebee's、KFCは、ダイニングルームを再開し、スタッフの増強を目指して、数万人の労働者を雇用しようとしているチェーンの1つです。

家畜先物は大幅に下落-市場の話

1509 ET-CMEでの家畜先物取引が急降下し、家畜​​複合体は、商品全体に重くのしかかったインフレ懸念からの圧力を受けました。生牛先物は2.7%下落して1ポンドあたり1.16ドルになり、豚赤身肉先物は1.8%下落して1ポンドあたり1.10525ドルになりました。ただし、箱入り牛肉と豚肉の切り欠きの両方の値は、ほとんどの場合、日中まで高くなりました。豚肉、ロース肉、肋骨は低くなりましたが、豚肩肉や腹肉などの他の目立つ切り欠きは高くなりました。今朝報告された輸出売上高の低さも、今日の先物に圧力をかけた。 (kirk.maltais @ wsj.com @kirkmaltais)

USDAによると、木曜日の卸売選択グレードの牛肉価格は、100ポンドあたり1.70ドル上昇して316.78ドルになりました。セレクトグレードの価格は100ポンドあたり1.25ドル下落し、295.91ドルになりました。総積載量は106でした。ネブラスカ州オマハの価格見積もりに基づくと、豚肉の卸売価格は2.09ドル上昇して114.30ドルになりました。


家畜のハイライト:今日のトップストーリー

11:46 ET-米国のレストランが手羽先と胸肉の全国的なクランチに取り組んでいるとき、植物ベースの肉代替メーカーであるビヨンドミートは、フェイクチキンでもう一度走る準備ができていると言います。カリフォルニアの会社は、以前のチキン風の製品を市場から撤退させてから数年後に家禽スタイルの製品に戻る、植物ベースの入札を今年後半に導入することを目指しています。 Beyondは2月に、KFCの親であるYum Brandsとのパートナーシップを発表し、2019年のKFCでのフライドチキンテストに続いてメニューアイテムを開発しました。Beyondは2.2%減少します。 ([email protected] @ jacobbunge)

バーガーキングの所有者がコストの上昇に応じて割引を減らす-マーケットトーク

0910ET-バーガーキングのオーナーであるCarrolsRestaurant Groupは、第1四半期に割引するメニュー項目が少なく、コストの多くが増大するため、必要に応じて価格を引き上げることができると述べています。第1四半期の労働インフレ率は6%上昇し、今年は商品が4%から5%上昇すると同社は述べています。今年は牛肉、鶏肉、ショートニングの価格が上昇しており、今後も上昇が見込まれます。 ([email protected] @heatherhaddon)

食品配達の持続的な需要の中でDoorDashの収益は3倍になります

DoorDash Inc.の収益は第1四半期に3倍になり、コロナウイルスワクチン接種が開始され、国が再開に向けて準備を進めているにもかかわらず、食品配達サービスに対する持続的な需要を示しています。

サンフランシスコを拠点とするこの会社は、3月までの3か月間で10億8000万ドルの収益を報告し、ウォール街の予測を上回り、前年同期の3億6200万ドルから増加しました。 FactSetがポーリングしたアナリストは、9億9,400万ドルの収益を見込んでいました。

鶏肉がより多くを必要とするので、キャロルは労働に苦しんでいます-マーケットトーク

0918ET-バーガーキングのオーナーであるCarrolsRestaurant Groupは現在、初めて手焼きチキンサンドイッチを作っていますが、それを行うには労働者が必要です。同社の第1四半期決算では、多くのレストランと同様に、レストランにスタッフを配置するのに十分な労働者を確保するのは苦労していると述べています。幹部によると、6人の労働者が予定されているが、特定のシフトには2人しか現れないという。バーガーキングの新しいチキンサンドイッチは、所有者にとって新しいプロセスである、指定されたキッチンステーションで焼きたてのパンを作る必要があります。 ([email protected] @heatherhaddon)

アマゾン、マクドナルド、その他高給の時給労働者が不足している-更新

低賃金労働者のための戦いが続いている。

初級レベルの労働者の米国最大の雇用主の一部は、経済がコロナウイルスの大流行から立ち直るにつれて、何万もの新しい職を追加しています。多くの人が賃金を上げたり、特典を追加して、労働者を他の仕事から遠ざけたり、労働市場の傍観者から遠ざけたりしています。

Amazon.com Inc.は木曜日、さらに75,000人の労働者を雇用し、一部の場所で1,000ドルの契約金を提供すると発表しました。マクドナルドは、今後3か月以内に会社所有のレストランで10,000人の従業員を雇用し、それらの場所で賃金を引き上げると述べた。 Chipotle Mexican Grill Inc.、Applebee's、KFCは、ダイニングルームを再開し、スタッフの増強を目指して、数万人の労働者を雇用しようとしているチェーンの1つです。

家畜先物は大幅に下落-市場の話

1509 ET-CMEでの家畜先物取引が急降下し、家畜​​複合体は、商品全体に重くのしかかったインフレ懸念からの圧力を受けました。生牛先物は2.7%下落して1ポンドあたり1.16ドルになり、豚赤身肉先物は1.8%下落して1ポンドあたり1.10525ドルになりました。ただし、箱入り牛肉と豚肉の切り欠きの両方の値は、ほとんどの場合、日中まで高くなりました。豚肉、ロース肉、肋骨は低くなりましたが、豚肩肉や腹肉などの他の目立つ切り欠きは高くなりました。今朝報告された輸出売上高の低さも、今日の先物に圧力をかけた。 (kirk.maltais @ wsj.com @kirkmaltais)

USDAによると、木曜日の卸売選択グレードの牛肉価格は、100ポンドあたり1.70ドル上昇して316.78ドルになりました。セレクトグレードの価格は100ポンドあたり1.25ドル下落し、295.91ドルになりました。総積載量は106でした。ネブラスカ州オマハの価格見積もりに基づくと、豚肉の卸売価格は2.09ドル上昇して114.30ドルになりました。


家畜のハイライト:今日のトップストーリー

11:46 ET-米国のレストランが手羽先と胸肉の全国的なクランチに取り組んでいるとき、植物ベースの肉代替メーカーであるビヨンドミートは、フェイクチキンでもう一度走る準備ができていると言います。カリフォルニアの会社は、以前のチキン風の製品を市場から撤退させてから数年後に家禽スタイルの製品に戻る、植物ベースの入札を今年後半に導入することを目指しています。 Beyondは2月に、KFCの親であるYum Brandsとのパートナーシップを発表し、2019年のKFCでのフライドチキンテストに続いてメニューアイテムを開発しました。Beyondは2.2%減少します。 ([email protected] @ jacobbunge)

バーガーキングの所有者がコストの上昇に応じて割引を減らす-マーケットトーク

0910ET-バーガーキングのオーナーであるCarrolsRestaurant Groupは、第1四半期に割引するメニュー項目が少なく、コストの多くが増大するため、必要に応じて価格を引き上げることができると述べています。第1四半期の労働インフレ率は6%上昇し、今年は商品が4%から5%上昇すると同社は述べています。今年は牛肉、鶏肉、ショートニングの価格が上昇しており、今後も上昇が見込まれます。 ([email protected] @heatherhaddon)

食品配達の持続的な需要の中でDoorDashの収益は3倍になります

DoorDash Inc.の収益は第1四半期に3倍になり、コロナウイルスワクチン接種が開始され、国が再開に向けて準備を進めているにもかかわらず、食品配達サービスに対する持続的な需要を示しています。

サンフランシスコを拠点とするこの会社は、3月までの3か月間で10億8000万ドルの収益を報告し、ウォール街の予測を上回り、前年同期の3億6200万ドルから増加しました。 FactSetがポーリングしたアナリストは、9億9,400万ドルの収益を見込んでいました。

鶏肉がより多くを必要とするので、キャロルは労働に苦しんでいます-マーケットトーク

0918ET-バーガーキングのオーナーであるCarrolsRestaurant Groupは現在、初めて手焼きチキンサンドイッチを作っていますが、それを行うには労働者が必要です。同社の第1四半期決算では、多くのレストランと同様に、レストランにスタッフを配置するのに十分な労働者を確保するのは苦労していると述べています。幹部によると、6人の労働者が予定されているが、特定のシフトには2人しか現れないという。バーガーキングの新しいチキンサンドイッチは、所有者にとって新しいプロセスである、指定されたキッチンステーションで焼きたてのパンを作る必要があります。 ([email protected] @heatherhaddon)

アマゾン、マクドナルド、その他高給の時給労働者が不足している-更新

低賃金労働者のための戦いが続いている。

初級レベルの労働者の米国最大の雇用主の一部は、経済がコロナウイルスの大流行から立ち直るにつれて、何万もの新しい職を追加しています。多くの人が賃金を上げたり、特典を追加して、労働者を他の仕事から遠ざけたり、労働市場の傍観者から遠ざけたりしています。

Amazon.com Inc.は木曜日、さらに75,000人の労働者を雇用し、一部の場所で1,000ドルの契約金を提供すると発表しました。マクドナルドは、今後3か月以内に会社所有のレストランで10,000人の従業員を雇用したいと考えており、それらの場所で賃金を引き上げると述べた。 Chipotle Mexican Grill Inc.、Applebee's、KFCは、ダイニングルームを再開し、スタッフの増強を目指して、数万人の労働者を雇用しようとしているチェーンの1つです。

家畜先物は大幅に下落-市場の話

1509 ET-CMEでの家畜先物取引が急降下し、家畜​​複合体は、商品全体に重くのしかかったインフレ懸念からの圧力を受けました。生牛先物は2.7%下落して1ポンドあたり1.16ドルになり、豚赤身肉先物は1.8%下落して1ポンドあたり1.10525ドルになりました。ただし、箱入り牛肉と豚肉の切り欠きの両方の値は、ほとんどの場合、日中まで高くなりました。豚肉、ロース肉、肋骨は低くなりましたが、豚肩肉や腹肉などの他の目立つ切り欠きは高くなりました。今朝報告された輸出売上高の低さも、今日の先物に圧力をかけた。 (kirk.maltais @ wsj.com @kirkmaltais)

USDAによると、木曜日の卸売選択グレードの牛肉価格は、100ポンドあたり1.70ドル上昇して316.78ドルになりました。セレクトグレードの価格は100ポンドあたり1.25ドル下落し、295.91ドルになりました。総積載量は106でした。ネブラスカ州オマハの価格見積もりに基づくと、豚肉の卸売価格は2.09ドル上昇して114.30ドルになりました。


家畜のハイライト:今日のトップストーリー

11:46 ET-米国のレストランが手羽先と胸肉の全国的なクランチに取り組んでいるとき、植物ベースの肉代替メーカーであるビヨンドミートは、フェイクチキンでもう一度走る準備ができていると言います。カリフォルニアの会社は、以前のチキン風の製品を市場から撤退させてから数年後に家禽スタイルの製品に戻る、植物ベースの入札を今年後半に導入することを目指しています。 Beyondは2月に、KFCの親であるYum Brandsとのパートナーシップを発表し、2019年のKFCでのフライドチキンテストに続いてメニューアイテムを開発しました。Beyondは2.2%下落しています。 ([email protected] @ jacobbunge)

バーガーキングの所有者がコストの上昇に応じて割引を減らす-マーケットトーク

0910ET-バーガーキングのオーナーであるCarrolsRestaurant Groupは、第1四半期に割引するメニュー項目が少なく、コストの多くが増大するため、必要に応じて価格を引き上げることができると述べています。第1四半期の労働インフレ率は6%上昇し、今年は商品が4%から5%上昇すると同社は述べています。今年は牛肉、鶏肉、ショートニングの価格が上昇しており、今後も上昇が見込まれます。 ([email protected] @heatherhaddon)

食品配達の持続的な需要の中でDoorDashの収益は3倍になります

DoorDash Inc.の収益は第1四半期に3倍になり、コロナウイルスワクチン接種が開始され、国が再開に向けて準備を進めているにもかかわらず、食品配達サービスに対する持続的な需要を示しています。

サンフランシスコを拠点とするこの会社は、3月までの3か月間で10億8000万ドルの収益を報告し、ウォール街の予測を上回り、前年同期の3億6200万ドルから増加しました。 FactSetがポーリングしたアナリストは、9億9,400万ドルの収益を見込んでいました。

鶏肉がより多くを必要とするので、キャロルは労働に苦しんでいます-マーケットトーク

0918ET-バーガーキングのオーナーであるCarrolsRestaurant Groupは現在、初めて手焼きチキンサンドイッチを作っていますが、それを行うには労働者が必要です。同社の第1四半期決算では、多くのレストランと同様に、レストランにスタッフを配置するのに十分な労働者を確保するのは苦労していると述べています。幹部によると、6人の労働者が予定されているが、特定のシフトには2人しか現れないという。バーガーキングの新しいチキンサンドイッチは、所有者にとって新しいプロセスである、指定されたキッチンステーションで焼きたてのパンを作る必要があります。 ([email protected] @heatherhaddon)

アマゾン、マクドナルド、その他高給の時給労働者が不足している-更新

低賃金労働者のための戦いが続いている。

初級レベルの労働者の米国最大の雇用主の一部は、経済がコロナウイルスの大流行から立ち直るにつれて、何万もの新しい職を追加しています。多くの人が賃金を上げたり、特典を追加して、労働者を他の仕事から遠ざけたり、労働市場の傍観者から遠ざけたりしています。

Amazon.com Inc.は木曜日、さらに75,000人の労働者を雇用し、一部の場所で1,000ドルの契約金を提供すると発表しました。マクドナルドは、今後3か月以内に会社所有のレストランで10,000人の従業員を雇用したいと考えており、それらの場所で賃金を引き上げると述べた。 Chipotle Mexican Grill Inc.、Applebee's、KFCは、ダイニングルームを再開し、スタッフの増強を目指して、数万人の労働者を雇用しようとしているチェーンの1つです。

家畜先物は大幅に下落-市場の話

1509 ET-CMEでの家畜先物取引が急降下し、家畜​​複合体は、商品全体に重くのしかかったインフレ懸念からの圧力を受けました。生牛先物は2.7%下落して1ポンドあたり1.16ドルになり、豚赤身肉先物は1.8%下落して1ポンドあたり1.10525ドルになりました。ただし、箱入り牛肉と豚肉の切り欠きの両方の値は、ほとんどの場合、日中まで高くなりました。豚肉、ロース肉、肋骨は低くなりましたが、豚肩肉や腹肉などの他の目立つ切り欠きは高くなりました。今朝報告された輸出売上高の低さも、今日の先物に圧力をかけた。 (kirk.maltais @ wsj.com @kirkmaltais)

USDAによると、木曜日の卸売選択グレードの牛肉価格は、100ポンドあたり1.70ドル上昇して316.78ドルになりました。セレクトグレードの価格は100ポンドあたり1.25ドル下落し、295.91ドルになりました。総積載量は106でした。ネブラスカ州オマハの価格見積もりに基づくと、豚肉の卸売価格は2.09ドル上昇して114.30ドルになりました。


家畜のハイライト:今日のトップストーリー

11:46 ET-米国のレストランが手羽先と胸肉の全国的なクランチに取り組んでいるとき、植物ベースの肉代替メーカーであるビヨンドミートは、フェイクチキンでもう一度走る準備ができていると言います。カリフォルニアの会社は、以前のチキン風の製品を市場から撤退させてから数年後に家禽スタイルの製品に戻る、植物ベースの入札を今年後半に導入することを目指しています。 Beyondは2月に、KFCの親であるYum Brandsとのパートナーシップを発表し、2019年のKFCでのフライドチキンテストに続いてメニューアイテムを開発しました。Beyondは2.2%下落しています。 ([email protected] @ jacobbunge)

バーガーキングの所有者がコストの上昇に応じて割引を減らす-マーケットトーク

0910ET-バーガーキングのオーナーであるCarrolsRestaurant Groupは、第1四半期に割引するメニュー項目が少なく、コストの多くが増大するため、必要に応じて価格を引き上げることができると述べています。労働インフレ率は第1四半期に6%上昇し、同社によれば、今年の商品は4%から5%上昇すると予想されています。今年は牛肉、鶏肉、ショートニングの価格が上昇しており、今後も上昇が見込まれます。 ([email protected] @heatherhaddon)

食品配達の持続的な需要の中でDoorDashの収益は3倍になります

DoorDash Inc.の収益は第1四半期に3倍になり、コロナウイルスワクチン接種が開始され、国が再開に向けて準備を進めているにもかかわらず、食品配達サービスに対する持続的な需要を示しています。

サンフランシスコを拠点とするこの会社は、3月までの3か月間で10億8000万ドルの収益を報告し、ウォール街の予測を上回り、前年同期の3億6200万ドルから増加しました。 FactSetがポーリングしたアナリストは、9億9,400万ドルの収益を見込んでいました。

鶏肉がより多くを必要とするので、キャロルは労働に苦しんでいます-マーケットトーク

0918ET-バーガーキングのオーナーであるCarrolsRestaurant Groupは現在、初めて手焼きチキンサンドイッチを作っていますが、それを行うには労働者が必要です。同社の第1四半期決算では、多くのレストランと同様に、レストランにスタッフを配置するのに十分な労働者を確保するのは苦労していると述べています。幹部によると、6人の労働者が予定されているが、特定のシフトには2人しか現れないという。バーガーキングの新しいチキンサンドイッチは、所有者にとって新しいプロセスである、指定されたキッチンステーションで焼きたてのパンを作る必要があります。 ([email protected] @heatherhaddon)

アマゾン、マクドナルド、その他高給の時給労働者が不足している-更新

低賃金労働者のための戦いが続いている。

初級レベルの労働者の米国最大の雇用主の一部は、経済がコロナウイルスの大流行から立ち直るにつれて、何万もの新しい職を追加しています。多くの人が賃金を上げたり、特典を追加して、労働者を他の仕事から遠ざけたり、労働市場の傍観者から遠ざけたりしています。

Amazon.com Inc.は木曜日、さらに75,000人の労働者を雇用し、一部の場所で1,000ドルの契約金を提供すると発表しました。マクドナルドは、今後3か月以内に会社所有のレストランで10,000人の従業員を雇用したいと考えており、それらの場所で賃金を引き上げると述べた。 Chipotle Mexican Grill Inc., Applebee's and KFC are among other chains seeking to hire tens of thousands of workers as they reopen dining rooms and seek to bolster staffing there.

Livestock Futures Close Sharply Lower -- Market Talk

1509 ET - Livestock futures trading on the CME took a dive, with the livestock complex catching pressure from inflation worries that weighed on commodities across the board. Live cattle futures closed down 2.7% to $1.16 per pound, while lean hog futures closed down 1.8% to $1.10525 per pound. However, values for both boxed beef and pork cutouts were mostly higher through the middle of the day -- for pork, loins and ribs were lower, but other prominent cutouts like pork butt and belies were higher. Low export sales reported this morning also pressured futures today. ([email protected] wsj.com @kirkmaltais)

Wholesale choice-grade beef prices Thursday rose $1.70 per hundred pounds, to $316.78 , according to the USDA. Select- grade prices fell $1.25 per hundred pounds, to $295.91 . The total load count was 106. Wholesale pork prices rose $2.09 , to $114.30 a hundred pounds, based on Omaha, Neb. , price quotes.


LIVESTOCK HIGHLIGHTS: Top Stories of the Day

11:46 ET - As US restaurants grapple with a nationwide crunch in chicken wings and breasts, plant-based meat alternative maker Beyond Meat says it's ready to take another run at faux chicken. The California company aims to introduce later this year plant-based tenders, a return to poultry-style products several years after pulling its previous chickenesque products from the market. Beyond in February announced a partnership with KFC parent Yum Brands to develop menu items following a fried chicken test with KFC in 2019. Beyond falls 2.2%. ([email protected] @ jacobbunge)

Burger King Owner Discounting Less as Costs Rise -- Market Talk

0910 ET - Burger King-owner Carrols Restaurant Group says it discounted fewer menu items in 1Q and could raise prices if necessary as many of its costs grow. Labor inflation was up 6% in 1Q, and the company says commodities are expected to rise 4% to 5% this year. Beef, chicken and shortening prices have risen this year and are expected to keep doing so. ([email protected] @heatherhaddon)

DoorDash's Revenue Triples Amid Sustained Demand for Food Delivery

DoorDash Inc.'s revenue tripled in the first quarter, showing sustained demand for food-delivery services even as coronavirus vaccinations picked up and the nation geared up toward reopening.

The San Francisco -based company reported revenue of $1.08 billion for the three months through March, up from $362 million in the same quarter a year ago, beating Wall Street's forecast. Analysts polled by FactSet had expected revenue of $994 million .

Carrols Struggles with Labor as Chicken Requires More -- Market Talk

0918 ET - Burger King-owner Carrols Restaurant Group now is making hand-breaded chicken sandwiches for the first time, but needs workers to do it. The company in 1Q earnings says getting sufficient workers to staff its restaurants has been a struggle, as is the case with many restaurants. Six workers will be scheduled, but only two will show up in a given shift, executives say. Burger King's new chicken sandwich requires a worker to bread it fresh at a designated kitchen station, a new process for owners. ([email protected] @heatherhaddon)

Amazon, McDonald's, Others Woo Scarce Hourly Workers With Higher Pay -- Update

The fight is on for lower-wage workers.

Some of the biggest U.S. employers of entry-level workers are adding tens of thousands of new positions as the economy roars back from the coronavirus pandemic. Many are raising wages or adding perks to entice workers away from other jobs or off the sidelines of the labor market.

Amazon.com Inc. said Thursday that it would hire 75,000 more workers and offer $1,000 signing bonuses in some locations, its latest hiring spree in a year of tremendous job growth at the e-commerce giant. McDonald's Corp. said that it wants to hire 10,000 employees at company-owned restaurants in the next three months and that it would raise pay at those locations. Chipotle Mexican Grill Inc., Applebee's and KFC are among other chains seeking to hire tens of thousands of workers as they reopen dining rooms and seek to bolster staffing there.

Livestock Futures Close Sharply Lower -- Market Talk

1509 ET - Livestock futures trading on the CME took a dive, with the livestock complex catching pressure from inflation worries that weighed on commodities across the board. Live cattle futures closed down 2.7% to $1.16 per pound, while lean hog futures closed down 1.8% to $1.10525 per pound. However, values for both boxed beef and pork cutouts were mostly higher through the middle of the day -- for pork, loins and ribs were lower, but other prominent cutouts like pork butt and belies were higher. Low export sales reported this morning also pressured futures today. ([email protected] wsj.com @kirkmaltais)

Wholesale choice-grade beef prices Thursday rose $1.70 per hundred pounds, to $316.78 , according to the USDA. Select- grade prices fell $1.25 per hundred pounds, to $295.91 . The total load count was 106. Wholesale pork prices rose $2.09 , to $114.30 a hundred pounds, based on Omaha, Neb. , price quotes.


LIVESTOCK HIGHLIGHTS: Top Stories of the Day

11:46 ET - As US restaurants grapple with a nationwide crunch in chicken wings and breasts, plant-based meat alternative maker Beyond Meat says it's ready to take another run at faux chicken. The California company aims to introduce later this year plant-based tenders, a return to poultry-style products several years after pulling its previous chickenesque products from the market. Beyond in February announced a partnership with KFC parent Yum Brands to develop menu items following a fried chicken test with KFC in 2019. Beyond falls 2.2%. ([email protected] @ jacobbunge)

Burger King Owner Discounting Less as Costs Rise -- Market Talk

0910 ET - Burger King-owner Carrols Restaurant Group says it discounted fewer menu items in 1Q and could raise prices if necessary as many of its costs grow. Labor inflation was up 6% in 1Q, and the company says commodities are expected to rise 4% to 5% this year. Beef, chicken and shortening prices have risen this year and are expected to keep doing so. ([email protected] @heatherhaddon)

DoorDash's Revenue Triples Amid Sustained Demand for Food Delivery

DoorDash Inc.'s revenue tripled in the first quarter, showing sustained demand for food-delivery services even as coronavirus vaccinations picked up and the nation geared up toward reopening.

The San Francisco -based company reported revenue of $1.08 billion for the three months through March, up from $362 million in the same quarter a year ago, beating Wall Street's forecast. Analysts polled by FactSet had expected revenue of $994 million .

Carrols Struggles with Labor as Chicken Requires More -- Market Talk

0918 ET - Burger King-owner Carrols Restaurant Group now is making hand-breaded chicken sandwiches for the first time, but needs workers to do it. The company in 1Q earnings says getting sufficient workers to staff its restaurants has been a struggle, as is the case with many restaurants. Six workers will be scheduled, but only two will show up in a given shift, executives say. Burger King's new chicken sandwich requires a worker to bread it fresh at a designated kitchen station, a new process for owners. ([email protected] @heatherhaddon)

Amazon, McDonald's, Others Woo Scarce Hourly Workers With Higher Pay -- Update

The fight is on for lower-wage workers.

Some of the biggest U.S. employers of entry-level workers are adding tens of thousands of new positions as the economy roars back from the coronavirus pandemic. Many are raising wages or adding perks to entice workers away from other jobs or off the sidelines of the labor market.

Amazon.com Inc. said Thursday that it would hire 75,000 more workers and offer $1,000 signing bonuses in some locations, its latest hiring spree in a year of tremendous job growth at the e-commerce giant. McDonald's Corp. said that it wants to hire 10,000 employees at company-owned restaurants in the next three months and that it would raise pay at those locations. Chipotle Mexican Grill Inc., Applebee's and KFC are among other chains seeking to hire tens of thousands of workers as they reopen dining rooms and seek to bolster staffing there.

Livestock Futures Close Sharply Lower -- Market Talk

1509 ET - Livestock futures trading on the CME took a dive, with the livestock complex catching pressure from inflation worries that weighed on commodities across the board. Live cattle futures closed down 2.7% to $1.16 per pound, while lean hog futures closed down 1.8% to $1.10525 per pound. However, values for both boxed beef and pork cutouts were mostly higher through the middle of the day -- for pork, loins and ribs were lower, but other prominent cutouts like pork butt and belies were higher. Low export sales reported this morning also pressured futures today. ([email protected] wsj.com @kirkmaltais)

Wholesale choice-grade beef prices Thursday rose $1.70 per hundred pounds, to $316.78 , according to the USDA. Select- grade prices fell $1.25 per hundred pounds, to $295.91 . The total load count was 106. Wholesale pork prices rose $2.09 , to $114.30 a hundred pounds, based on Omaha, Neb. , price quotes.


LIVESTOCK HIGHLIGHTS: Top Stories of the Day

11:46 ET - As US restaurants grapple with a nationwide crunch in chicken wings and breasts, plant-based meat alternative maker Beyond Meat says it's ready to take another run at faux chicken. The California company aims to introduce later this year plant-based tenders, a return to poultry-style products several years after pulling its previous chickenesque products from the market. Beyond in February announced a partnership with KFC parent Yum Brands to develop menu items following a fried chicken test with KFC in 2019. Beyond falls 2.2%. ([email protected] @ jacobbunge)

Burger King Owner Discounting Less as Costs Rise -- Market Talk

0910 ET - Burger King-owner Carrols Restaurant Group says it discounted fewer menu items in 1Q and could raise prices if necessary as many of its costs grow. Labor inflation was up 6% in 1Q, and the company says commodities are expected to rise 4% to 5% this year. Beef, chicken and shortening prices have risen this year and are expected to keep doing so. ([email protected] @heatherhaddon)

DoorDash's Revenue Triples Amid Sustained Demand for Food Delivery

DoorDash Inc.'s revenue tripled in the first quarter, showing sustained demand for food-delivery services even as coronavirus vaccinations picked up and the nation geared up toward reopening.

The San Francisco -based company reported revenue of $1.08 billion for the three months through March, up from $362 million in the same quarter a year ago, beating Wall Street's forecast. Analysts polled by FactSet had expected revenue of $994 million .

Carrols Struggles with Labor as Chicken Requires More -- Market Talk

0918 ET - Burger King-owner Carrols Restaurant Group now is making hand-breaded chicken sandwiches for the first time, but needs workers to do it. The company in 1Q earnings says getting sufficient workers to staff its restaurants has been a struggle, as is the case with many restaurants. Six workers will be scheduled, but only two will show up in a given shift, executives say. Burger King's new chicken sandwich requires a worker to bread it fresh at a designated kitchen station, a new process for owners. ([email protected] @heatherhaddon)

Amazon, McDonald's, Others Woo Scarce Hourly Workers With Higher Pay -- Update

The fight is on for lower-wage workers.

Some of the biggest U.S. employers of entry-level workers are adding tens of thousands of new positions as the economy roars back from the coronavirus pandemic. Many are raising wages or adding perks to entice workers away from other jobs or off the sidelines of the labor market.

Amazon.com Inc. said Thursday that it would hire 75,000 more workers and offer $1,000 signing bonuses in some locations, its latest hiring spree in a year of tremendous job growth at the e-commerce giant. McDonald's Corp. said that it wants to hire 10,000 employees at company-owned restaurants in the next three months and that it would raise pay at those locations. Chipotle Mexican Grill Inc., Applebee's and KFC are among other chains seeking to hire tens of thousands of workers as they reopen dining rooms and seek to bolster staffing there.

Livestock Futures Close Sharply Lower -- Market Talk

1509 ET - Livestock futures trading on the CME took a dive, with the livestock complex catching pressure from inflation worries that weighed on commodities across the board. Live cattle futures closed down 2.7% to $1.16 per pound, while lean hog futures closed down 1.8% to $1.10525 per pound. However, values for both boxed beef and pork cutouts were mostly higher through the middle of the day -- for pork, loins and ribs were lower, but other prominent cutouts like pork butt and belies were higher. Low export sales reported this morning also pressured futures today. ([email protected] wsj.com @kirkmaltais)

Wholesale choice-grade beef prices Thursday rose $1.70 per hundred pounds, to $316.78 , according to the USDA. Select- grade prices fell $1.25 per hundred pounds, to $295.91 . The total load count was 106. Wholesale pork prices rose $2.09 , to $114.30 a hundred pounds, based on Omaha, Neb. , price quotes.



コメント:

  1. Parkin

    そうすることで、私は疑いの余地がありません。

  2. Madntyre

    それは面白い答えです

  3. Achelous

    浸水したフォーラムを長い間さまよった後、

  4. Eurymachus

    多分

  5. Cooney

    Congratulations, your idea is very good

  6. Mazuzilkree

    間違っていませんか?



メッセージを書く