新しいレシピ

公立種子図書館は全国で成長しています

公立種子図書館は全国で成長しています



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

新しい種類の図書館がコミュニティで人気を集めています

全国の図書館は本以上のものを貸し出している。によると モダンファーマー、新しい種類の公共図書館が種を貸し出している。

小さなトレンドとして始まったものが、今では国内で90を超えるシードライブラリに成長し、その多くは公開されています。 Rebecca Newburnは、彼女のシードライブラリは リッチモンドはシード貸出図書館を育てます カリフォルニアでは、国内で最初の1つであり、2010年に最初に公開されたものの1つです。

通常の図書館は会員に無料で本を貸し出しますが、種子図書館は無料で種子を貸し出し、会員はそれらを使って作物を植えたり世話をしたりします。メンバーは果物や野菜を持って図書館に戻る代わりに、収穫物からいくつかの種を持って戻ってきます。これらの種子は、メンバーが来シーズンに植えるために利用できます。

Newburnがライブラリを開始したとき、多くのリソースはありませんでしたが、彼女はシードライブラリコミュニティの構築を支援してきました。彼女は開発を支援してきました シードライブラリソーシャルネットワーク 彼女の図書館に関する情報を提供します Webサイト シードライブラリを開始する方法について。


シード&ガーデニング:中央図書館シードコレクション

シードコレクションは、オースティン公立図書館とセントラルテキサスシードセーバーの共同プロジェクトです。シードセーバー、庭師、園芸家、社会活動家の草の根グループであり、陸上レースの種子の貯蔵所と交換システムを確立するというアイデアを結集しました。家宝、中央テキサス地域の果物や野菜、その他の有用な植物の地元に適応した在来種。シードコレクションは、オースティン中央図書館の6階にあるクラシックなカード目録キャビネットに収納されています。コレクションからシードを「チェックアウト」および「リターン」することは誰でも歓迎します。
中央図書館のカーブサイドシードピックアップをリクエストするには、コレクションインベントリから最大4つのシードパケットの名前と選択肢をメールで送信して、図書館員に尋ねてください。種子の寄付は、中央図書館内または中央図書館のブックドロップで、種子の名前と日付が記載された完全に密封された封筒またはその他のパッケージで受け付けられます。


読書のレシピ:あなたの図書館での料理リテラシー

おいしい食事のように人々を結びつけるものはほとんどありません。 2つの図書館がどのようにコミュニティ向けの料理リテラシープログラミングを確立したかを聞き、コミュニティで同様のプログラムを設定するためのヒントを入手してください。

このセッションでは、フィラデルフィアの料理リテラシーセンターの無料図書館が、フィラデルフィア全体の近隣の図書館で学習するためのコンテキストとして食べ物と料理を使用して、過去5年間の作業を共有します。いくつかの基本的な調理器具とカウンタートップアプライアンスを使用して、独自のモバイルキッチン教室を作成できます。

フィラデルフィア自由図書館の料理リテラシーセンターの活動に触発されたアテネ地域図書館システムのスタッフとコミュニティパートナーは、常連客向けのさまざまなクラスやイベントを主導しています。学生が第二言語として英語を練習しながら基本的なキッチンスキルを学ぶシリーズから、子供とその両親が絵本から架空の食べ物を再現する家族のイベントに。地元のシェフがこの機器を使用して独自の創作料理を披露し、特別なニーズのある常連客がキッチンでより自立できるように支援しました。

フィラデルフィア自由図書館の料理リテラシーセンターディレクター、リズフィッツジェラルドアテネ地域図書館システムエグゼクティブディレクター、ヴァレリーベルブランチマネージャー、オースティンジェンキンス、子供スペシャリストのトレイシーギロンが、料理リテラシープログラムの設定の基本を説明します。図書館。

このセッションの終わりに、参加者は次のことを行います。

  • 料理の芸術をリテラシーのイニシアチブや図書館のプログラミングに結び付けるためのアプローチである「料理のリテラシー」を理解し、定義できるようにします。
  • あらゆる年齢と能力の常連客のための魅力的な図書館プログラムの開発にモバイルキッチン教室を組み込むためのアイデアを得る。

資力

バレリーベル ジョージア州アセンズに本部を置く5郡アテネ地域図書館システムの事務局長です。ベルは、ニュージャージー州トムズリバーのオーシャンカウンティ図書館で28年間勤務した後、2015年に図書​​館システムに加わりました。ベルのリーダーシップの下で、アテネ地域図書館システムは多くのコミュニティパートナーシップを形成し、博物館図書館サービス機構から2年間のコミュニティ触媒助成金を含む複数の助成金を授与され、大学とのパートナーシップでトラウマ情報図書館になりました。ジョージアスクールオブソーシャルワークと、アメリカ図書館協会とダラージェネラルリテラシー財団によるアメリカンドリームリテラシー助成金は、図書館システムの料理リテラシープログラムの確立を支援しました。アテネ地域図書館システムは、2017年にジョージア州の公共図書館オブザイヤーに選ばれました。

トレイシーギロン ジョージア州のロイストン公立図書館の子供向けスペシャリストです。ギロンの仕事のお気に入りの部分は、プログラミングと、子供たちに図書館と識字能力への生涯にわたる愛情を育てさせることです。彼女が2018年に子供のスペシャリストとしてスタートして以来、プログラムの参加者数は3倍になり、より多くの家族がすべてのプログラミングの常連客や支持者になりました。図書館にいないときは、家族と過ごしたり、地域社会と関わったりすることを楽しんでいます。

オースティンジェンキンス ジョージア州のオグルソープ郡図書館の支部長です。 Jenkinsは最近、Young Adult Library Services Association(YALSA)とAssociation for Rural and Small Libraries(ARSL)の共同プロジェクトFuture Ready with theLibraryの第4コホートに参加するように選ばれました。彼は以前、子供向けサービスのスペシャリストと10代のサービスのスペシャリスト、およびウィンタービル図書館のマネージャーとして働いていました。

リズ・フィッツジェラルド フィラデルフィア自由図書館の料理リテラシーセンターと言語学習センターのディレクターです。料理リテラシーセンターは、全国の図書館で最初のキッチン教室であり、世界中の図書館や文化施設のモデルとして機能します。フィッツジェラルドは無料図書館に11年間在籍しており、2016年にライブラリージャーナルからムーバー&シェーカーに選ばれました。


現代の公共図書館の複雑な役割

2013年、ミシガン州のトラバースエリア地区図書館のウッドメア支部にホームレスの常連客であるアレンバルコビッチが座っています。

—AP写真/ トラバースシティレコード-イーグル、キースキング

アメリカには本当に公共の場所があまり残っていません。私たちの共有スペースのほとんどは、アクセスするためにお金または特定の社会的地位を必要とします。モールは人々に物を売るために存在します。博物館は浮浪者を思いとどまらせます。コーヒーショップは、常連客が敷地内を楽しみたい場合は飲み物や軽食を購入することを期待しています。

プラット図書館の社長兼最高経営責任者であるハイジ・ダニエルは、物語の時間に読みます。

アリゾナ州ツーソンのメインジョエルD.バルデスピマ郡公立図書館で、ピマ郡保健局図書館の看護師ダニエルロペスがホームレスの男性ジムトルイットの血圧を測定します。

—©ピマ郡公立図書館

ただし、1つの場所はすべての人に開かれたままです。公共図書館は訪問者を必要としません。購入、会費、ドレスコードは必要ありません。一日中滞在でき、何も購入する必要はありません。書籍、電子書籍、雑誌、就職活動支援、コンピューターステーション、無料Wi-Fiなど、多数のオンサイトリソースにアクセスするために、お金や図書館カードは必要ありません。また、図書館があなたの個人データを共有または販売することは決してありません。

人種的、民族的、政治的、社会経済的格差に悩まされている国では、図書館は依然としてすべての人を歓迎しています。 「私たちはオープンスペースです」と、Urban LibrariesCouncilの社長兼CEOであるSusanBentonは述べています。そのメンバーには、全米の大小の都市にサービスを提供する公共図書館システムが含まれています。 「私たちは確かに誰かの特徴について判断を下していません。」

包括性へのそのコミットメントは、時代の変化に適応する永続的な能力とともに、分裂した政治と破壊的な技術変化の時代に公共図書館を不可欠なものにしてきました。しかし、それはまた、すべての人々にとってすべてのものであり、それに対応する莫大な予算なしで幅広い社会的ニーズを満たすように彼らに圧力をかけています。最近では、分館の司書が午前中にストーリーアワーを実行し、ランチタイムに研究プロジェクトを支援し、午後に敷地内で過剰摂取した常連客に救命医療援助を提供する場合があります。

オピオイド危機の最前線の対応者としての図書館の考えがとてつもないものに聞こえるなら、デンバー公立図書館にほかなりません。 2017年2月、25歳の男性がバスルームの1つで致命的な過剰摂取に苦しみました。そのため、図書館はオピオイドの過剰摂取に対抗するために使用される薬であるナルカンの供給を開始しました。サンフランシスコ公立図書館を含む他の図書館もそれに続き、救命薬の在庫を始めました。

そのような介入は、私たちの公共図書館が現在、ほつれている社会的ネットワークにおいて果たしている役割の拡大を示しています。ニューヨーク大学を拠点とする社会学者のエリック・クリネンベルクは、ニューヨーク市の図書館の支部で彼の最新の本のために民族誌的研究を1年間行いました。 人々のための宮殿:社会インフラが不平等、二極化、市民生活の衰退と戦うのにどのように役立つか。クリネンベルクは、金ぴか時代の実業家から慈善家に転向したアンドリュー・カーネギーから称号を借りました。アンドリュー・カーネギーは、米国内外の約3,000の公立図書館(「人々のための宮殿」)に資金を提供しました。

カーネギーのアイデアの更新で、クリネンベルクは公共図書館を「社会インフラ」と表現しています。それは、「人々が相互作用する方法を形作る物理的な空間と組織」を意味します。 ニューヨーク・タイムズ。 「図書館は、本やその他の文化資料への無料アクセスを提供するだけでなく、高齢者への交際、忙しい親への事実上の育児、移民への語学指導、貧しい人々、ホームレス、若者のための公共スペースの歓迎なども提供します。 。」

クリネンベルクの本は、アメリカの公共図書館への最近の注目を集める一連の賛辞の1つにすぎません。 NS ニューヨーカー 作家スーザンオーリアンの最新の本、単に呼ばれる 図書館の本、ロサンゼルス公共図書館とロサンゼルスのダウンタウンにあるその象徴的な建物の豊かで問題のある歴史に飛び込む前に、主題への個人的なラブソングで始まります2014年に、写真家ロバートドーソンは驚くべきことを愛情を込めて記録する本の長さの写真エッセイを公開しました小さな町の1部屋の小屋から、ストリップモールの支店、中心都市の息を呑むようなカーネギー時代の本の宮殿まで、全米の1万7千ほどの公共図書館の多様性。そして、今後のNEHが資金提供するドキュメンタリー、 すべて無料:公共図書館内、公共の利益のためにこの主要な力を形作った歴史と個性のいくつかを生き返らせます。

これらのプロジェクトはすべて、図書館が何十年にもわたる急速な変化と退行の予測を通じて、アメリカ人の生活に不可欠であり続けることを何度も何度も証明してきたことを裏付けています。異常気象やその他の災害の時代では、それらはさらに必要になりつつあります。

ジャーナリストのデボラ・ファローズと彼女の夫であるジェームズ・ファローズは、2018年の本を報告するために全国を旅しました 私たちの町:アメリカの中心部への10万マイルの旅、公共図書館が主役を演じています。 「ミズーリ州ファーガソンでは、暴動後に学校が閉鎖されたときも公共図書館は開いたままで、子供たちに安全な場所を提供し、ボランティアが教えるクラスも提供しました」と、デボラファローズは2019年5月の派遣で書いています。 大西洋。 「ヒューストンでのハリケーンの後、いくつかの図書館のWebサイトがすぐに稼働し、営業を開始したことを発表しました。ハリケーンサンディの後、ニュージャージーのいくつかの図書館は避難場所になりました。そして、熱も光もなかったクイーンズ図書館のファーロックアウェイ支店では、図書館員が駐車場に店を構え、童話の時間を続けました。」

本を超えて

公共図書館が負うことができる市民の責任には限界があります。 「私たちは警察ではなく、ソーシャルワーカーでもありません」と、シリコンバレーのパロアルト市立図書館システムのディレクターであり、2018年から19年にかけての公共図書館協会の会長であるMonique le CongeZiesenhenneは述べています。アメリカ図書館協会。 「私たちは、コミュニティの幸福と健康に重要な糸を提供します。」

穏やかな時代には、公立図書館システムは、私たちの多くが子供の頃から覚えている本と物語の時間モデルをはるかに超えた驚異的なプログラミングの配列を提供します。

Ziesenhenneは、パロアルトが提供するいくつかのサービスのリストをガラガラと鳴らします。シード貸出図書館、自家醸造チュートリアル、「Knack 4 Knitting」クラブ、バイリンガルストーリーアワー、移民が米国での生活を学ぶのに役立つように設計されたプログラムです。全国的な傾向に追いついて、図書館は最近、3Dプリンターでメーカースペースを作成しました。 7月、ある支部では、家の中から「中水」を使用して、庭の在来植物の造園を維持する方法に関するワークショップを開催しました。

リストはどんどんと続きます。あなたが未就学児の識字能力のサポートを必要とする親、言語スキルや官僚的な形式に取り組んでいる移民、お気に入りの著者による最新のwhodunitを探している謎のファン、または誰かであるかどうかにかかわらず、地元の図書館のほとんどすべての人にとって何かがあります社会サービスやコンピューターやインターネットへのアクセスの支援を必要とするホームレスを経験している。

または、何世代にもわたる図書館の常連客があなたの前で行ってきたように、あなたはただ本をチェックすることができます。文学外のプログラムやデジタル製品が拡大しても、コーデックスは衰退していません。 「私たちはまだ基本的な印刷物で忙しいです」とZiesenhenneは言います。 「シリコンバレーでは、必ずしもそれを期待する必要はありませんが、それは絶対に真実です。」

ただし、技術革命の豊かな震源地に位置しているからといって、図書館に底なしの資金があるわけではありません。ほとんどの図書館と同様に、「やりたいことに対して十分なお金がありません」とZiesenhenne氏は言います。

印刷物が繁栄しているときでさえ、世界中の公共図書館員は、大きなデジタルシフトとそれに適応する方法について多くの時間を費やしています。パロアルトやその他の地域では、常連客がストリーミングメディアの使用方法に慣れてくるにつれて、デジタルコンテンツの使用が増加しています。

変化するテクノロジーとユーザーの期待に対応するために、公共図書館はより多くのコンピューター端末とWi-Fi機能に投資しています。施設をアップグレードおよび拡張して、無料Wi-Fiを利用するために、常連客が長期間使用できるアウトレット、会議室、学習スペース、および座席を増やしました。

Ziesenhenne氏によると、新しく、大きく、明るいコワーキングスペースは、ミレニアル世代の間で高い使用率が見られます。 「私たちは元々のシェアリングエコノミーです。言いたいのですが。」

オンラインでの情報の爆発的な増加は、図書館員を脇に追いやることはありません。本物のニュースと偽物のニュースを区別する方法を知っている人が少なすぎるときにのみ、それらはより重要になります。 「私たちはメディアについて、そして情報がどのように提示されるか、そしてウェブサイトで手がかりを探すために人々がこれから手がかりを探すための準備をする方法について非常に熱心に考えてきました」と、コンテンツの古さや提供者を尋ねるなど、Ziesenhenne氏は言います。

図書館員は、騒音や混乱から自分の意見を聞くことができるという利点があります。看護師や消防士とともに、アメリカ人が今でも信頼している数少ないグループや機関の1つであると、
ピュー研究所でのインターネットとテクノロジーの研究。

2011年から2016年まで、ピューはビル&メリンダゲイツ財団の資金提供を受けて、公共図書館の詳細な調査を数多く行いました。これらの調査では、研究者は、信頼できる知識をキュレートして共有する能力が証明されているため、図書館員への信頼が高いままであることがわかりました。 「これは、情報エコシステムのゲームが日常の現実である世界で最も貴重なスキルの1つになりました」とRainie氏は言います。

ピューの図書館研究は、メディアの注目を集めた他の発見を生み出しました。ミレニアル世代は図書館を愛するように育ち、図書館を支援し、利用し続けています、とレイニーは言います。彼らには自分たちの家族ができたので、彼らは忠実であり続けています。 6歳未満の子供を持つことは、図書館の利用の最大の予測因子であり、レイニーは、図書館が運営する家族向けのプログラムのように、幼い子供たちの両親を追加します。

ピューの調査によると、家族は図書館を聖域と見なすことがよくあります。 「彼らは、時にはそれが貴重な商品であった近所やコミュニティの平和のゾーンでした」とレイニーは言います。


ファロ:理解する価値のある古代の複雑な穀物

ファッロは、ナッツのような風味と古代のルーツを持つ穀物の一種です。

私はファッロを忘れる準備ができていました。これは数年前、私が最初に古代の血統を誇るおいしい穀物を調理しようとしたときでした。ファッロをリゾットに変えてサラダに取り入れて楽しんだレストランで試食しました。ナッツのような素朴さと満足のいく噛み応えが大好きになりました。

しかし、この形の小麦のバッチを1時間以上煮込んだ後、私はゴミ全体をゴミに捨てることになりました。結局のところ、私が使用していたファッロの種類は全粒穀物の品種でした。食物繊維とビタミンB3や亜鉛などの栄養素が最も多いですが、ファッロ全体には一晩の浸漬も必要です。これは私が怠ったステップです。つまり、ストーブの前にどれだけ時間を置いても、歯を壊すような丈夫な穀粒になってしまう可能性がありました。

最終的に私は半真珠の品種について学びました—または セミペルラート イタリアでは、ファッロが何世紀にもわたって栽培されてきました。ふすまの一部が取り除かれ、より迅速な調理が可能になりました。ファッロとの恋愛が飛び交ったのはその時です。

実際、カシューナッツとシナモンの含み、そして満足のいく噛み応えで、ファッロはサラダから朝食用シリアルに至るまでの料理の私の頼りになる穀物になりました。

ファッロを調理し、ローストフルーツを重ね、生クリームまたはヨーグルトで強化すると、気絶する価値のあるブランチ料理ができあがります。または、柔らかいスープの材料にアルデンテのかみ傷を与える野菜スープの鍋に一握りを投げます。

著者について

ローラ・B・ワイスの作品は、以下を含む多くの全国的な出版物に掲載されています。 ニューヨークタイムズ、 Saveur、Travel + Leisure、 フードネットワークのウェブサイトで。彼女はへの貢献者です インテリアデザインの ブログとの編集者でした ザガットロングアイランドレストランガイド 2009-2011. ローラはの作者です アイスクリーム:世界の歴史。 Twitter、@ foodandthingsでLauraをフォローしてください。

ファッロは肥沃な三日月地帯で始まり、エジプトの王の墓で発見され、ローマ軍団に食料を供給したと言われています。イタリア人は何世紀にもわたってファッロで食事をしてきました。現在、全粒穀物への関心が復活し、ファッロの人気は米国でも高まっています。

ファッロに対するアメリカ人の関心の高まりは、「イタリア料理への情熱に火をつけた」と、著者のマリア・スペックは述べています。 現代の食事のための古代の穀物:大麦、ファッロ、カムット、ポレンタ、小麦ベリーなどの地中海全粒穀物レシピ、 電話インタビューで。シェフが最初に穀物を料理に取り入れました。現在、家庭料理人もファッロを発見していると彼女は言います。

ファッロは1粒のように呼んでいますが、実際には3粒です。ファッロピッコロ(ヒトツブコムギ)、ファッロメディオ(エンマー)、ファッログランデ(スペルト小麦)があります。エンマーコムギは、米国で最も頻繁に販売されているものです。ヒトツブコムギよりも硬い穀物であり、まったく別の種類の穀物であるスペルト小麦と混同されることがよくあります。次に、ファッロのラテン語のラベルがあります:einkorn、これは Triticum monococcum エンマー、それは Triticum dicoccum スペルト小麦、 スペルト小麦.

あなたの頭はもう回転していますか?

ふすまの一部が除去されているが、繊維または真珠が含まれている、穀物のすべての栄養素を半真珠色に保持するファッロ全体を選択する必要があるかどうかという問題もあります。全て。

それに加えて、ファッロは買い物をするのに少し腹立たしいかもしれません。私の地元の食料品店では、ラベルに「ファッロ」と書かれていることがよくあります。そのため、全粒穀物なのか、真珠のような品種なのかを判断するのが難しい場合があります。 (ある瞬間、私はイタリアの専門店で「ファッロ」というラベルが表示された看板がありましたが、パッケージには「真珠のスペルト小麦」と書かれていました。)

「ファッロについては確かに多くの混乱があります」と、全粒穀物評議会の食品および栄養戦略の責任者であるシンシア・ハリマンは言います。実際、キノアのバッグを手に入れるには十分な場合があります。

しかし、すべてが言われ、行われるとき、ファッロは実際に料理するのに寛容な穀物です。パッケージの指示に従うだけです。それ以外の場合、ファッロが明確にラベル付けされている場合は、パールとセミパールの場合は、穀物を沸騰させ、蓋をして約15〜25分間、または全粒穀物の場合は30〜40分間煮ます。実際、私は今、その強烈な風味のためにファッロ全体を好みます。はい、一晩浸す必要があります。しかし、寝る前に穀物の上に数杯の水を注ぐのは本当に難しいですか?

すべての穀物のように、ファッロはそれが行われたときに、まあ、行われます。私にとって、それはそれがアルデンテであるときを意味します。しかし、どのように準備しても、ファッロは味わうべき穀物です。キノアのバッグをファッロのバッグと交換します。

トスカーナのスープ

このスープのオリジナルレシピ、 ビーガンプラネット:家庭や世界中からの素晴らしい味の400の魅力的なレシピ ロビン・ロバートソンによる、スペルト小麦の使用と1時間半のスープの調理を求めた。スペルト小麦の代わりにセミパールのファッロを使い、オレガノと月桂樹の葉を加えたところ、このスープは美味しかっただけでなく、あっという間に完成しました。確かに、このレシピの利点の1つは、ファッロがスープブロスで調理されることです。スープが完成するまでに、ファッロも調理されます。


大学としての図書館

  1. 図書館は「人民大学」としての役割を果たします。
    • 教育がますます高額になる時代に、公共図書館は、社会経済的地位に関係なく、すべての人々に無料で情報と教育の機会を提供します。郡全体の図書館が提供するALAのLet’s Talk about Itプログラム[36]は、図書館での学者が促進する学習機会の素晴らしい例です。さらに、多くの図書館がクラスやディスカッションプログラムを提供しており、ユニバーサルクラスデータベースなどのオンライン継続教育コースを提供している図書館もあります。 [37]
  2. 図書館はリモートアクセスの機会を提供し、図書館に行けない人でも図書館の文化的および教育的サービスにアクセスできるようにします。
    • 移動図書館やデータベースに加えて、多くの図書館は、サービスをすべての人が利用できるようにするために、さらに上を行きます。ポーク郡(フロリダ州)の図書館システムは、B-Mail [38]を無料の郵便による配達サービスを提供し、ジンバブエではロバが描いたカートが遠隔地の村に図書館サービスを配達します。 [39]
  3. 図書館は、コンテンツを提供するだけでなく、常連客が独自のコンテンツを作成できるようにします。
    • 図書館員は、常連客が単なる情報消費者ではなく、情報生産者であることを知っています。常連客は、独自の新しい独立した作品を作成するために、ライブラリを使用して知識を獲得します。ますます多くの図書館が、ウィキペディアの編集方法、ブログやポッドキャストの設定方法、独自のzineの作成方法などを学びたい人々のニーズを満たすスペースとサービスを提供しています。多くの図書館は芸術や執筆のワークショップやグループを提供しており、一部の図書館は常連客のための音楽練習室を提供しています。シャーロット(ノースカロライナ州)のImaginOn [40]のようなプログラムは、コミュニティパートナーシップ、創造性、創造性を新しいレベルに引き上げる刺激的なモデルを提供します。
  4. 図書館は市民の言説を促進します。
    • 市民の言説の衰退は、人々がニュースを見たり、製品を購入したり、仮想世界と現実世界の両方で、同じような背景やイデオロギーを持っている場合にのみ従事することが非常に簡単であるという事実に一部起因しています。公共図書館は、ヒューマンライブラリー[41]やソクラテスカフェ[42]などのプログラムを通じて、人々が対話を通じて相互作用し、学び合うことを奨励する、違いの小さなコミュニティを構築するのに役立ちます。これらのプログラムを通じて市民の言説を積極的に推進することと、すべての人の自由な調査と表現の原則をモデル化して支持することの両方によって、図書館は個人がアメリカの生活における市民の言説の重要性と必要性​​の高まりを再発見するのを助けます。

シードキーパーのローウェン・ホワイトが、彼らの故郷へのシードの&#8216Rematriation&#8217について

エマージェンスマガジン は、エコロジー、文化、スピリチュアリティをつなぐスレッドを探求する四半期ごとのオンライン出版物です。私たちが土地と水域の冒涜、種の消滅、そして地球との神聖なつながりの喪失を経験するとき、私たちは新たな物語に目を向けます。各号では、革新的なデジタルメディアを通じてテーマを探求しているほか、書き言葉や話し言葉も取り上げています。 NS エマージェンスマガジン ポッドキャストは、独占インタビュー、ナレーション付きエッセイ、ストーリーなどを特集しています。

Rowen Whiteは、アクウェサスのモホーク族コミュニティのシードキーパーであり、先住民のシード主権の活動家です。フードイシューで最初に公開されたこの詳細なインタビューで、ローエンは、彼女の最高の教師であるシードが彼女に示したものを共有しています。彼女によると、種子は、帰属文化に根ざしたフードシステムを育む方法のコード化された記憶を私たちに反映しています。今週は安全にテーブルの周りに集まりますので、私たちに栄養を与える食品との関係を検討し、あなたが運ぶ植栽と世話のエンコードされた記憶を振り返ることをお勧めします。

エマージェンスマガジン: あなたの仕事のストランドの1つは、種子を元の飼育係、出身地、土地に戻すことに焦点を当てています。これがなぜそれほど重要なのかについて話していただけますか?

ローウェンホワイト: 多くの理由で、多くの種子が彼らの出身地から、部族のコミュニティから外に移動しました。シードが移動して移動することはわかっています。親族ルートや交易路に沿って移動したいというのは、当然のことながらシードの旅の一部です。トウモロコシ自身は、オアハカの非常に肥沃な谷から、貿易と親族のルートを通じて、世界中のすべての地域に移動しました。

しかし、北アメリカでの過去数世紀の巨大な植民地化と移動と文化変容の時代に、人々と彼らの種、そして人々と彼らの祖先の土地の間にもいくつかの断絶がありました。ロングウォークや涙の道などを通じて、人々は他の場所に強制的に移され、時にはそれらの種の束を持って行きました。そして時々それらの種子は交換されました、しかし彼らは彼らの出身のコミュニティで生き続けませんでした、そして彼らはUSDA種子銀行とアイオワのシードセーバー取引所のような公共アクセス種子銀行のような場所でそしてフィールド博物館で彼ら自身を見つけましたシカゴとミシガン大学—これらの種が彼らの起源のコミュニティから離れていることに気付いた多くの場所。

北米でのより大きな先住民族の食糧主権運動の一環として、先住民族シードキーパーネットワークと協力してきたとき、私たちが目にした重要な質問と重要な課題または問題の1つは、部族コミュニティが再びアクセスを必要としていることです。文化的に重要な種に、これらの種のいくつかは、それらの移行の時代のために彼らのコミュニティでもはや利用できないこと。非常に多くの人々が「本国送還」という言葉をよく知っています。これは、ネイティブコミュニティが葬儀のオブジェクトや部族コミュニティから盗まれた、または削除されたオブジェクトを取り戻すときによく使用されます。また、祖先の遺物は、コミュニティ外の機関から返還されるときに使用されます。彼らのコミュニティに戻ります。

これは本当に異なった興味深い作品です。これらの種子は家に帰ってきたときに生きているので、この運動を「種子の蘇生」と呼びます。彼らは生きている親戚であり、長い間離れて帰国し、祖国に戻り、母親のコミュニティに戻ってきました。ですから、再婚はその母性のつながりを思い起こさせます。私たちのコミュニティの多くでは、地球との母系のつながりがあります。私たちのコミュニティの多くでは、種の束は女性によって運ばれ、これらの種の歌や儀式が生き続ける方法は女性の手と心にあります。そのため、これらのシードバンドルを機関から部族コミュニティに再配布しています。

正直なところ、私が過去20年以上にわたって行ってきたすべての作業の中で、この種子の再生の作業は、それがどれほど癒されるかという点で、私が見た中で最も影響力のある作業の一部です。先住民コミュニティが機関、組織、または祖先が敵であった人々のグループと協力して協力する場合、中心にある種と協力する場合、世代間の癒しが膨大な量で発生します。傷を横に置き、戦斧を横に置き、協力して庭を育て、これらの種を正しい場所に戻すことを選択すると、それに伴う膨大な量の癒しがあります。

私たちが住んでいるこの時期、特に私たちが住んでいる政治情勢では、分裂、国境、人種差別について多くを語っていると思います。これらの種が伝えているメッセージは、異文化間で協力して、治癒するのがほとんど不可能だと感じている傷を癒す人々の和解と賠償。

私たちが協力してきたコミュニティの素晴らしい話がいくつかあります。先住民族はこれらの同盟国を信頼することをいとわない寛大さを持っており、同盟国はこれらの種の品種の回復に役立つ土地と資源を提供しています。可能な限り彼らの部族コミュニティに戻ってください。種を復活させるこの運動から来る希望のメッセージはたくさんあると思います。

ローウェンホワイト アクウェサスのモホークコミュニティのシードキーパーであり、先住民のシード主権の活動家です。彼女は、カリフォルニア州ネバダシティに拠点を置く、地元の種子生産と教育に焦点を当てた有機種子協同組合であるSierraSeedsのディレクター兼創設者です。彼女は、部族や小規模な農業コミュニティ内で、全国のクリエイティブシードトレーニングイマージョンを教えています。


ベロイト公共図書館の家宝の種は持続可能な食品の選択肢を提供します

ウィスコンシン州ベロイト(WIFR)-ベロイト公立図書館は、その家宝の種子図書館を復活させ、ベロイトの住民が自宅の庭に植えるためのさまざまな植物を提供しています。

図書館関係者によると、成長期には、これらの先祖伝来の種子は、ベロイトコミュニティに栄養価の高い持続可能な食品の楽しく手頃な供給源を提供する手段として、ガーデニングと種の保存を奨励しています。

Heirloom seeds have a rich history and are open pollinated which means you can save the seeds on an annual basis. Some of the seeds at the Beloit Library have been cultivated for more than 50 years.

“It’s pretty amazing because you’re starting something from a little tiny seed and then it grows and grows into something you can eat, so you know where your food comes from. You grew it then you harvest it. These heirloom seeds have been around a long time they are different than what you would find at your grocery store,” Cathy Frenan of Beloit Public Library said.


Covid-19’s Impact on Libraries Goes Beyond Books

この記事を改訂するには、[マイプロフィール]にアクセスし、[保存されたストーリーを表示]にアクセスしてください。

Thousands of libraries across the United States, including this branch of the Chicago Public Library, have closed down to help slow the spread of Covid-19. Photograph: Max Herman/Getty Images

この記事を改訂するには、[マイプロフィール]にアクセスし、[保存されたストーリーを表示]にアクセスしてください。

For Jennifer Pearson, the choice was difficult but clear: Shut down the library, or people could die.

“My library was filled with older people,” Pearson says. “I just wanted to go out and scream, ‘Go home. What are you doing here?’ I knew that if we didn't make that move to close the building, they would never stop coming. We were, at that point, doing more harm than good.”

Pearson is the director of the Marshall County Memorial Library in Tennessee, which shut down last Wednesday. She’s also president of the Association for Rural and Small Libraries. The ARSL, along with larger organizations like the American Library Association, has issued a statement recommending that public libraries close their doors amid the Covid-19 pandemic.

The Library of Congress helped lead the charge earlier this month, announcing that it would close all its facilities to the public until April and suspend library-sponsored programs until mid-May. Soon after, public library systems in major cities like New York, San Francisco, and Seattle closed as well. To date, more than 3,000 libraries across the country have followed suit.

Read all of our coronavirus coverage here.

The buildings won’t all just sit empty. In San Francisco, for instance, libraries and other public facilities have been repurposed as “emergency care facilities for children of parents on the front lines of the COVID-19 outbreak and low-income families,” according to a press release from the office of San Francisco mayor London Breed. But, as with every societal disruption wrought by the coronavirus, the closure of libraries can create ripple effects through the communities around them.

“Shutting down libraries has a tremendous impact on the communities that we serve,” says Ramiro Salazar, president of the Public Library Association and director of San Antonio Public Library. “Until they’re closed, sometimes folks don't realize how important libraries are to them.”

“Libraries are one of the few places that anybody can go to without the expectation of having to buy something,” says Darcy Brixey, a Seattle-based library manager who has worked in public and academic libraries for 20 years. She adds, “It’s the very basic thing of being able to go somewhere that you can use the bathroom, or being able to go somewhere and just be warm and dry. That’s called loitering in every other business except a public library.”

Libraries have long served as unofficial day shelters for people experiencing homelessness or housing instability. An especially vulnerable group in the best of times, the homeless face vanishing resources during a global public health crisis. California governor Gavin Newsom said he expects that 60,000 homeless people in California alone could become infected with the coronavirus. The issue is especially acute in smaller towns, where the shelter provided by a library can already be a last resort as it is.

“We don't have a homeless shelter, we don't have other places where they can just be during the day,” Pearson says. “Those people are on their own, and that’s a shame. It breaks my heart, but I don’t know what we can do for them right now.”

Libraries also serve as a lifeline for low-income families. They loan out far more than just books, Brixey says—baking materials, power tools, and general supplies that the more well off may take for granted. Libraries provide social resources for disadvantaged children or seniors, not to mention internet access in rural communities or for those who can’t afford it.

“I think it’s going to daylight a lot more of the equity issues that we have in this country,” Brixey says. “People are going to start seeing people that they never saw before . It’s going to seem small at first, but as the weeks go by, it’s going to become obvious."

It’s not quite all doom and gloom for library patrons. While physical branches may have shut down, many libraries still offer a wealth of digital content for those who have internet access elsewhere. Card holders can take advantage of ebook loans and streaming programs offered by their local libraries.

In general, libraries have also become much more forgiving about item return dates and library card expirations. Some libraries have started offering even more robust online offerings, from upping the allotment of streaming media rentals to hosting online reading sessions. On March 24, the Internet Archive announced it was creating a "National Emergency Library" by suspending wait lists for the 1.4 million books in its digital lending library. The organization says the suspension will remain in place until June 30, or the end of the US national emergency, whichever is later.

“We cannot create a sense of normalcy for them,” Salazar says. “But we can use this new reality to offer something different. That’s what we’re working on. Many of us are challenged, but we’re coming up with good, creative ideas.”

While libraries have struggled during their time in suspended animation, more hardships may come after the coronavirus pandemic runs its course. At this point, an economic recession appears all but inevitable. During economic downturns, library patronage surges, as millions more people are drawn by free and low-cost resources, job-seeking programs chief among them. According to a 2010 report by the ALA, libraries in 24 states had their funding slashed during the recession of the late 2000s. Combine a surplus of increasingly desperate people with an underfunded library staff and things can get ugly.

“We’re probably going to lose staff and lose programming all at a time when people need us the most,” Pearson says. “We’re the helpers during a recession. It’s going to be tough for us to do that, because we’re going to be faced with either flat budgets or declining budgets, because our funders won’t have the money to fund us the way they do in the good economic times.”

Get the Latest Covid-19 News

The hope among library advocates is that the coronavirus closures will spark more awareness of the services the brick-and-mortar institutions offer. A “don’t know what you’ve got until it’s gone” type situation, perhaps, that could generate more public support for libraries moving forward.

“At some point a library is going to save your ass,” Brixey says. “As long as you keep a library central to your life, you will always see how relevant it can be.”

Updated 3-25-2020 11:35 am EDT: This story was updated with information about the Internet Archive's new National Emergency Library.

WIRED is providing unlimited free access to stories about the coronavirus pandemic. Sign up for our Coronavirus Update to get the latest in your inbox.


The 10 Best Seed Companies for Heirloom and Non-GMO Seeds

There are surely hundreds of great, family-owned seed businesses I have never heard of out there—and new companies seem to pop up every day. I can only recommend the companies whose seeds I have personally purchased and planted in the region of the U.S. that I have lived in.

If you have any questions about a seed company that is not listed here or on the Safe Seed Pledge list, just give them a call!

I recommend that you consider your 、 あなたの gardening needs そしてあなたの local climate/region when choosing your seed sources.

Seed Savers Exchange (Decorah, IA)

The Seed Savers Exchange (SSE) is a 非営利団体 working to save heirloom garden seed from extinction. Their focus is on preserving varieties of seed that gardeners and farmers bring to North America when their families immigrate(d), and traditional varieties grown by American Indians, Mennonites and the Amish.

SSE’s 8,000 members grow heirloom varieties of vegetables, fruits and grains from all over the world, and offer them for exchange to other members in their amazing annual yearbook that has over 450 pages. You can find almost extinct varieties of seed to try in your garden, and all the money you spend with the Seed Saver’s Exchange goes to helping protect seed biodiversity.

This is, hands-down, my favorite place to look for seeds and exciting new plant varieties for my garden.

Baker Creek Heirloom Seeds (Mansfield, MO)

Baker Creek is a family-owned business offering a gorgeous catalog and website with over 1,800 varieties of vegetables, flowers and herbs—one of the largest selections of heirloom varieties in the U.S.

Baker Creek also carries one of the largest selections of seeds from the 19世紀, including many Asian and European varieties. They also specialize in rare and hard-to-find heirloom seeds from over 75 different countries. The company’s mission is to promote and preserve our agricultural and culinary heritage.

Clear Creek Seeds (Hulbert, OK)

Clear Creek is a small, family-owned business specializing exclusively in open-pollinated, heirloom seed varieties, including flowers, herbs and vegetables. They also offer several variety packs for even more value, like the Pollinator Pack and the Salsa Pack.

They have a smaller selection, but as a small company, they are able to provide warm, highly personal customer service, 素晴らしい prices and fast delivery.

MIGardener (Port Huron, MI)

MIgardener is a small, Michigan seed company that has over 700 rare and unique vegetable, fruit, and flower seeds. All of their stock is heirloom and organic grown by small family farms—and most seed packets cost only two dollars! Both the MIGardener website and their storefronts in the U.S. provide free workshops and information on everything from gardening to drying herbs to beekeeping!

Fedco Seeds (Waterville, ME)

Fedco is a cooperative business where consumer members own 60 percent, and employee members own 40 percent. Because the cooperative doesn’t have an individual owner, profit isn’t its primary goal, so their seeds and other products are quite affordable.

Fedco evaluates hundreds of varieties of hybrid, open-pollinated and heirloom seeds and plants at multiple sites, identifying the ones that are particularly productive, flavorful and suited to the northeastern U.S. climate.

Botanical Interests (Broomfield, CO)

Botanical Interests is a 25-year old small seed company that carries over 600 varieties of seed, including hundreds of heirlooms and certified organic vegetables, herbs and flowers. You can often find a stand of Botanical Interest seed packets at Whole Foods and other natural grocery stores in the U.S. Their seed packets are some of the most interesting, useful and informative in the industry.

Botanical Interests has both a seed donation program and a seed fundraising program for schools, shelters, and churches in the U.S.

Peaceful Valley Farm & Garden Supply (Grass Valley, CA)

Peaceful Valley is a seed company dedicated to organic food production that carries a large assortment of veggie seeds, cover crops, native grasses, pasture and lawn seed, wildflowers, fruit trees and berries, potatoes, onions and garlic. They also offer a great selection of gardening tools, pest control, season-extending products, composting supplies, growing, propagating and irrigation equipment, and books.

Peaceful Valley offers special pricing programs for farmers, school gardens and landscaping businesses.

Johnny’s Selected Seeds (Winslow, ME)

Johnny’s is a large, well-known employee-owned seed company that has more than 1,200 varieties of hybrid, open pollinated and heirloom vegetables, medicinal, culinary herbs and flowers, including a few varieties they have developed and patented themselves. If you are homesteading, farming or market gardening, they offer large quantities of seed, as well as a variety of cover crops to keep your soil in good shape.

Johnny’s also has high quality gardening tools, equipment and accessories, cover crop seed, soil amendments and organic pest control products. Their extensive site and catalog is full of detailed growing instructions and helpful tips, even if you don’t buy seeds from them.

Territorial Seed Company (Cottage Grove, OR)

Territorial Seed is a large, family-owned company whose mission is to improve people’s self-sufficiency and independence by enabling gardeners to produce an abundance of good tasting, fresh-from-the-garden food. They trial and evaluate all their seeds at their farms, and the live plants that they offer are raised in their farm greenhouses. They offer hybrid, open-pollinated and heirloom seed varieties.

Territorial’s germination standards are higher than prescribed by the Federal Seed Act and their farm is certified USDA Organic, Biodynamic® by Demeter USA, and Salmon-Safe by Salmon-Safe Inc. They have a 100% satisfaction guarantee.

Seeds of Change (Rancho Dominguez, CA)

Seeds of Change was acquired by the Mars company, which has supported GMOs in their food products. Unfortunately, since the demand for healthy, organic products is so high, 多くの organic brands (like Annie’s, Erewhon, Horizon, Plum Organics, and more) have been bought out by large industrial food corporations (like General Mills, Coca-Cola, etc.) who want a piece of the market.

It’s up to you to decide if you want to continue to purchase these brands, despite their new ownership.

However, ownership notwithstanding, you should know that Seeds of Change offers 100% certified organic open-pollinated, hybrid and heirloom seeds, and they grow all their own seeds on their research farm or within their network of organic farmers. They have also signed the Safe-Seed Pledge.

The reason I mention them here is that, because they have the marketing power of a large corporation behind them, you can get their seeds at Home Depot, Lowe’s, Walmart, Whole Foods, and lots of other retail chains. Seeds of Change is the only organic, open-pollinated seed company available at mainstream stores nationwide, which makes organic, open-pollinated seed accessible to anyone—including the majority of people who haven’t considered the value of organic, open-pollinated seeds before.

So if you don’t shop online (like my mom), or you’re new to gardening and don’t know where to start, you can easily pick up Seeds of Change organic, open-pollinated seeds for your garden while you are out running errands.

You can find more seed companies that have signed the Safe Seed Pledge here.