新しいレシピ

ピーナッツさんは新しい声を持っています

ピーナッツさんは新しい声を持っています



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

「サタデーナイトライブ」のミョウバンであるビル・ヘイダーが、ロバート・ダウニー・ジュニアの後任になります。

プランター そのマスコットは7月1日に発表しました。 ピーナッツさん、新しい声を得るでしょう—コメディアンと 土曜日の夜のライブ 卒業生 ビル・ヘイダー.

俳優 ロバートダウニージュニア ピーナッツ氏がマスコットのデジタル化と新しい衣装を含む徹底的なイメージチェンジの一環として最初に声を与えられた2010年以来、その役割を果たしてきました(彼はトレードマークのシルクハット、杖、モノクルを維持していましたが)。

によると PRNewswire、ヘイダーは、1916年以来ブランドのマスコットであるピーナッツ氏に、ナッツタンパク質の形で「持続可能なエネルギー」を強調するNUT-rition製品ラインのプランターズの広告キャンペーンで声をかけます。焦点はモチベーションにあります(または、キャンペーンのWebサイトとして、 www.INeedSomeEnergy.com、それを「GO-tivation」と呼びます)そして一日を乗り切るためのエネルギー。

このウェブサイトには、ピーナッツ氏自身による「活気に満ちたゲーム、GIF、ビデオ、そして知恵の言葉」が掲載されています。粘着性があり、やや不適切です。」このキャンペーンには、PandoraやSpotifyなどの音楽リスニングサービスの広告と厳選されたプレイリストも含まれています。


プランターはスーパーボウルの前に象徴的なミスターピーナッツを殺している

マメ科植物を本当に愛したことがある人にとっては悲しい日です。水曜日に、プランターズはそれが良いテレビのために象徴的なピーナッツ氏を殺したと発表しました。

スナック会社は、ピーナッツ氏の早すぎる死は、彼の友人、俳優のウェズリー・スナイプスとマット・ウォルシュとの恐ろしい自動車事故の後に起こったことを明らかにしました。アルマジロがNUTmobileを崖から押しのけたとき、3人の男性(または2人の男性と片眼鏡をかけたマメ科植物)が曲がりくねった砂漠の峡谷の道路を車で旅していました。 3人の旅行者は、峡谷の上の小さな枝からぶら下がっていました。

英雄の最後の行為として、ピーナッツ氏はスナイプスとウォルシュを救うために故意に彼の死に落ちました。彼はシルクハットをかぶったまま立派に亡くなりました。

クラフトハインツのプランターズブランドマネージャーであるサマンサヘスは声明のなかで、「ピーナッツ氏が104歳で亡くなったことを確認するのは心の底からです」と述べています。 「彼は、常に人々をナッツのような冒険と楽しい時間のために集めたマメ科植物として記憶されます。」

ピーナッツ氏の致命的な犠牲を目撃したい人のために、水曜日にソーシャルメディアで最初に公開されたコマーシャルは、スーパーボウルのプレゲームショーでも放映されます。

そして、アメリカ人は一人で泣く必要はありません。ゲームの第3四半期に放映される、プランターの他のスーパーボウルのコマーシャルでは、視聴者はピーナッツ氏の葬式中に喪に服することができます。


プランターズは、英雄的な行為の後、104でピーナッツ氏が死んだことを発表しました

灰から灰へナッツからナッツへ。

水曜日に、プランターズは、104歳の&#8220spokesnut&#8221ミスターピーナッツがマスコットの突然の死後、ブランドを代表しなくなると発表しました。

&#8220ピーナッツ氏が104歳で亡くなったことを確認するのは心の底からです。&#8221 @MrPeanutはツイートし、アカウントは新たにピーナッツ氏の不動産に改名されました。 &#8220究極の無私無欲な行為で、彼は彼らが彼を最も必要とするときに彼の友人を救うために彼自身を犠牲にしました。 #RIPeanutで敬意を表してください。&#8221

クラフトハインツのプランターズブランドマネージャーであるサマンサヘスは、声明の中で次のように述べています。

彼女はまた、スタントが2月2日のスーパーボウルと関係があることをからかった。

&#8220スーパーボウルの第3四半期にピーナッツ氏の葬式に参加して、彼の人生を祝うことをファンに勧めます」と彼女は付け加えました。

ファンは、喪失を悼むためにソーシャルメディアに群がっています。

&#8220これは冗談の原因ですか?&#8217snuttinはそれについて面白いです&#8221は1人の賢い悲しみをツイートしました。

多くの人が7段階の悲しみをツイートしているようでした。 &#8220私はこれを信じることを拒否します、彼は精巧なスーパーボウル計画#monoclelivesで彼自身の死を偽造するほうがよいです&#8221会葬者は書いた-明らかに否定の状態で。

一方、プランターズの批判者は、身なりのよいナッツを自分の人々を売り払ったことで非難するところまで行きました。&#8220彼が地獄でローストすることを願っています。彼は利益を上げるためだけに何百万もの自分の兄弟姉妹を殺害しました。今日はすべてのピーナッツにとって良い日です。&#8221

そして、何人かの&#8220nutty&#8221陰謀理論家は、いわゆる事故でシェナニガンを呼び、ピーナッツ氏を沈黙させようとしたかもしれない人についての理論を鼓舞している。

&#8220偽物!これはアーモンドの宣伝です!本物のピーナッツはまだそこにあります。これらの嘘に騙されないでください。彼は戻ってきます。 &#8221は1人の信者を書きました。

確かに、彼の死のその後の確認で、ピーナッツ氏のエステートはスーパーボウルのコマーシャルのプレビューをツイートしました。これは、マメ科植物が主人公を亡くし、俳優のウェズリー・スナイプス(&#8220Coming 2 America&#8221)とマット・ウォルシュ(&#8220Veep&#8221)の2人の友人を、ナットモービルでの悲劇的な事故の後に救ったことを示唆しています。 3人の仲間が、道路でアルマジロにぶつからないように曲がるときに、扱いにくい車両の崖側をクルージングしているのを目撃します。峡谷の深さより上の枝にぶら下がっているのに気づいた彼らは、枝が折れないように落とさなければならないことに気づきました。


New Mister Jiu’s Cookbookは、中国系アメリカ人の料理を深く掘り下げたものです

サンフランシスコのチャイナタウンの中心部にあるスターレストランであるMisterJiu’sは、「Mister Jiu’s」というタイトルの新しい料理本を発表しました。 チャイナタウンのミスター・ジュウズ:中華料理の発祥の地からのレシピとストーリー。ブランドンジュー、彼のレストラン、歴史的な地区を反映した、思慮深く詳細な本です。明確にするために:長くて複雑なレシピは家で再現することを要求するかもしれないので、家庭料理人は挑戦に立ち向かわなければならないでしょう。しかし、料理本が迅速かつ簡単でなければならないという規則はありません。これはシェフの本であり、サンフランシスコの中国系アメリカ人の料理に関する影響力のあるシェフの視点を深く掘り下げています。

Mister Jiu’sはもともと2016年にサンフランシスコにオープンし、2階の宴会場を備えた巨大で歴史的なかつてのフォーシーズスペースを引き継ぎました。新進気鋭のシェフがチャイナタウンの古いスペースに移動し、スタッドから10,000平方フィートすべてを復元したいと思ったのは大したことでした。この本のイントロは、ベイエリアの中国系アメリカ人の家族で育ったJiu自身の物語と、1850年代にまでさかのぼる彼のレストランのスペースの歴史を紹介しています。

中国系アメリカ人の料理本を作る方法

直接、ユダヤ人は通常、のんびりとしたベイエリアの原住民として現れます。しかし、紙の上では、この本は、彼が気にかけている材料、方法、伝統、そして重要な詳細についての規律ある考察です。レイジースーザンについての考えや中華鍋のマスターレッスンに加えて、ダウンタウンのムニの1カリフォルニアバスに乗って、最高の野菜の真のエキスパートであるおばあちゃんと買い物に行くこともできます。しかし、私たちが耳にするのは彼の声だけではありません。この本は、作家のTienlon Ho、レシピ開発者のChristine Gallary、写真家のPeteLeeを含むチームの努力によるものです。作家として、ホーはイーターと率直に話し、彼のレストランを反映した本を望んでいた野心的なシェフと、家庭料理人に親しみやすいレシピを提供したいと思った出版社と協力することの課題について話しました。

レストランのファンのために、レシピには、ウニのチャンファン、ダッチクランチバーベキューポークバンズ、お茶を燻製したリバティダックプラッター、ミスタージュのキックインなど、最も魅力的な料理のいくつかが含まれています2階のカクテルスポット、ムーンゲートラウンジには、月面のカクテルと宇宙服のチキンがあります。チャプターは、おおまかに宴会の流れの中で、スープ、野菜、シーフード、肉、ご飯で構成され、最後にパーティーメニューが隠れています。

真面目なパントリーセクションがすぐ前にあり、それは疑問を投げかけます:家庭料理人はコールラビを発酵させたいのか、それとも牛の心臓を治したいのか?しかし、これらの作業に怯えている料理人は、ピーナッツバターと海鮮醤のレシピに満足するでしょう。ミルクパンと中国のパンケーキは楽しいプロジェクトになる可能性があります。

ユダヤ人は彼のレシピを呟きませんでした、その多くは数日、複数のコンポーネント、そして特別な機器を必要とします。高級ダイニングの完璧主義者がチャイナタウンの定番を取り入れたリバティローストダックは、硬化に10〜14日かかり、皮膚の下に空気を送り込むために自転車のポンプが必要です。オランダのクランチバーベキューポークバンズは、チャーシューをマリネするためだけに4〜5日かかります。その後、パン生地、クランチトッピング、バーベキューソースを作り、さらにはローリングを開始します。一部のレシピリストでは、20を超える材料が必要であり、機器は中華鍋や蒸し器だけでなく、脱水機、喫煙者、松明、挽き肉、ソーセージの詰め物も超えています。彼のお母さんの焼けるように暑い魚(20分!8つの材料!)を含む例外があります。しかし、ほとんどの場合、これらは平日の解決策ではなく、愛の労働です。

幸いなことに、これらの細心の注意を払ったレシピには、鍋にプリーツを付ける方法や鶏肉全体を骨抜きにしてタイトなシリンダーに戻す方法を示す詳細な写真も付属しています。ユダヤ人の長年の相棒であり、カンフー映画に熱中している映画製作者のピートリーが本を撮影しました。そのため、絶妙なメッキ料理に加えて、レストランとチャイナタウンのわずかに映画のような写真があり、赤い提灯とネオンサインの輝きがあります。 。

ページにはたくさんのテキストがありますが、セクションはそれを分解し、各レシピには「事前に計画する」と呼ばれる要素が賢明に含まれており、自分が何に取り組んでいるかについて公正な警告があります。それが多すぎる場合でも、このスターシェフがサンフランシスコの中国系アメリカ人の料理について好きなことのすべての詳細を汗を流しているのを読んで、見るのはまだクールです。ああ、紫のポットステッカーと火でキスしたチャーハンの写真をいくつか見つめてください。

チャイナタウンのミスター・ジュウ 本日3月9日に発売されます。 Omnivore Books, グリーンアップルブックス, 書店、そして他のどこでも料理本が売られています。

許可を得て転載した写真 チャイナタウンのミスター・ジュウズ:中華料理の発祥の地からのレシピとストーリー BrandonJewとTienlonHoによる著作権©2021。ペンギンランダムハウスの出版社であるTenSpeedPressが発行。


ピーナッツさんは死んでいます。スナック食品会社プランターの片眼鏡をかけたマスコットは、技術的には1世紀以上前に亡くなったはずなのに、ピーナッツの公式Twitterアカウントによって104歳で亡くなったと発表されました。知覚力があり、約4か月後に悪化します。

はい、擬人化されたピーナッツが死ぬのは混乱を招きます。ピーナッツ氏はプランターズ自体よりも間違いなく有名であるため、潜在的に欠陥のあるマーケティング戦略ですが、プランターズピーナッツをより多く販売することは明らかにスタントのように見えます。

当然、それはすべてスーパーボウルに結びついています。ピーナッツ氏の死は、試合前にコマーシャルで放映され、その後、2回目のコマーシャルで葬儀が行われました。ひねり:クリーン氏とクールエイドマンの両方が出席した葬式は、シルクハットのピーナッツの新たな始まりでもありました。ピーナッツ氏が埋葬された塚に、新しい植物が芽生え、ピーナッツ氏の赤ちゃんが出てきました。 (この10年間、大人のキャラクターの赤ちゃんバージョンが大きなトレンドになっているようです。ハッシュタグ#BabyNutや、公式のグッズショップもあります。)

プランターズはまた、1月26日にNBAの伝説的なコービーブライアントと彼の13歳の娘ジャンナが突然死した後、先週ニュースを発表しましたが、プランターズはソーシャルメディアでのキャンペーンを一時停止したと発表しました。アドエイジへの声明の中で、プランターズのスポークスパーソンは、「今週末のニュースに悲しみ、プランターズは有料メディアを含むすべてのキャンペーン活動を一時停止し、この悲劇の影響を受けた人々への敏感さのレンズを通して次のステップを評価する」と述べた。

ピーナッツさんはどうやって亡くなりましたか?

1月22日、ピーナッツ氏のTwitterアカウントは、ピーナッツ氏が「最も必要なときに友人を救うために自分自身を犠牲にした」とツイートし、フォロワーに擬人化されたピーナッツに敬意を払うように要求しました。バーソロミューリチャードフィッツジェラルド-スマイスです。彼は1916年にAnthonyGentileという名前の10歳の少年によって発明されたと伝えられています。彼は、腕と脚のある笑顔のピーナッツの絵を商標コンテストに提出しました。コマーシャルで彼に声をかけたのは、2010年のアメリカ人ロバートダウニージュニアと2013年のビルヘイダーだけでしたが、正規には、ピーナッツ氏はイギリス人であることをご存知ですか?私はしませんでした!

ピーナッツ氏が104歳で亡くなったことを確認するのは心の底からです。究極の無私無欲な行為で、彼は最も必要なときに友人を救うために自分自身を犠牲にしました。 #RIPeanutpic.twitter.com / VFnEFod4Zpで敬意を表してください

—ミスターピーナッツの不動産(@MrPeanut)2020年1月22日

ピーナッツ氏の死の全貌は、スーパーボウルの前に放映されたRadicalMediaとVaynerMediaが制作したコマーシャルで語られました。ピーナッツさんはピーナッツ型の車に乗っています Veepのマットウォルシュとウェズリースナイプス、何らかの理由で。彼らはアルマジロを避けようと曲がり、崖を越えてしまいます。3人の乗客(ウォルシュ、スナイプス、ピーナッツ氏)は、3人全員にとって重すぎる漂遊枝にぶら下がったままなので、ピーナッツ氏は手放します。そして彼の死に落ちる。

これのポイントは何ですか?

なぜブランドは、会社自体よりも間違いなく有名なマスコットを殺害するのでしょうか?すべてのマーケティングキャンペーンと同様に、このスタントは人々にそれについて話してもらうことを目的としています。これは私たちが現在行っていることです。しかし、ピーナッツ氏が冷酷な資本家でもあり、インターネット上の少なくとも1人が彼の死を望んでいたことを考えると、ピーナッツ氏が本当に愛されていたかどうかは疑問です。

シルクハット、杖、モノクルを持ったピーナッツよりも資本家が他のピーナッツを売って食べているものはありますか

—コーエンは幽霊です(@skullmandible)2013年8月29日

ピーナッツ氏は死んだ最初のマスコットではありません。少なくとも一時的に、ゼネラルミルズは漫画のトリックスバニーを本物のバニーに簡単に交換して、新しいすべて天然の成分を宣伝しました。その後、減少するミツバチの個体数に対する意識向上キャンペーンとして、ハニーナッツチェリオスのミツバチを箱の空白のシルエットに置き換えました。昨年、出会い系アプリのヒンジは、そのロゴのぼやけた、ぎょろ目バージョンが焚き火で燃やされ、落下するエアコンによって押しつぶされるキャンペーンをリリースしました(彼らはあなたにアプリを降りて欲しいので、それを手に入れますか?) 。

しかし、プランターズの場合、ピーナッツ氏を殺害することを決定した理由はまったくない可能性があります。それは、無意味なことをしているブランドが、Twitterを発見して以来ずっとやってきたことだからです。

約10年前、Taco Bell、Denny’s、Hamburger Helperなどの企業は、オルタナティコメディのTwitterの独特で奇妙でシュールな声を採用し、10年に及ぶ公式ブランドアカウントでお互いに処女を呼びました。 2019年の政府閉鎖の際、Potbellyサンドイッチは、「戦車などのディブを呼び出す」ことができるかどうかを尋ねました。サニーDは「もうこれはできない」とツイートした。水族館は、カワウソを表すために「thicc」という言葉を使用したことをお詫びしなければなりませんでした。 Vita Cocoは、従業員の尿の1本をオンライントロールに送ると脅迫しました。

今では、ブランドTwitterに期待する奇妙さはプラットフォームを超えており、幅広いマーケティングキャンペーンの一部であるため、プランターズがピーナッツ氏がマットウォルシュとウェズリースナイプスを救って亡くなったと発表したとき、うなずいてため息をつく以外にやるべきことはほとんどありません。 。これは、ブランドが現在行っていることです。クリーンさんからお悔やみを申し上げます。公式ハッシュタグ#RIPeanutがあります。ピーナッツ氏の後継者が#BabyNutとして明らかにされたので、さらに奇妙なことが続く可能性があります。

TheGoodsのニュースレターに登録します。 週に2回、私たちが購入するもの、購入する理由、重要な理由を探る最高のグッズストーリーをお送りします。

ニュースレターTheGoodsにサインアップする

ニュースレターは週に2回受信トレイに入れてください。

ニュースで何が起こっているのかを理解するために、何百万人もの人々がVoxに目を向けています。私たちの使命は、今の瞬間ほど重要ではありませんでした。理解を通じて力を与えることです。読者からの経済的貢献は、リソースを大量に消費する作業をサポートする上で重要な部分であり、ジャーナリズムをすべての人に無料で提供するのに役立ちます。今日、わずか3ドルからVoxに寄付することを検討してください。


プランターズがピーナッツ氏を殺した理由

今週、スナックブランドのプランターズは、アニメのマスコットであるピーナッツ氏の見かけの死を示す劇的なビデオをリリースしました。

キャンペーンの背後にある創造的なリーダーによると、象徴的な104歳のナッツを殺すことは、人々がアイアンマンなどの架空の人物の死を悼むという現象と関係があったことが判明しました。

クラフトハインツのプランターズは火曜日に、ピーナッツ氏が俳優のウェズリースナイプスとマットウォルシュを殺害するために犠牲にしたことを示すビデオへのリンクを含む不可解なツイートをリリースしました。水曜日に、ブランドはビデオを共有しました。木曜日の朝の時点で、YouTubeでの再生回数は約150万回でした。

VaynerMediaで行われたスポットは、プレゲームショーのスーパーボウルキックオフの前に表示されます。その後、ゲームの第3四半期に、ブランドは「ピーナッツ氏の葬式を放送することを約束します。これにより、世界は愛するマメ科植物の喪失を一緒に悼むことができます。」

VaynerMediaは、昨年、Planters&#x27スーパーボウルスポットも扱いました。 Planters&#x27エージェンシーVaynerMediaのグループクリエイティブディレクターであるMike Pierantozzi氏は、エージェンシーは昨年トップになる何かを考え出す必要がある立場にあると語った。彼は、エージェンシーは、プランターが爆発するような方法で文化と実際にどのように一致することができるかを見ようとしていると言いました。

「私たちは誰かが死んだときにインターネットがどのように扱われるかについて話し始めました。具体的には、アイアンマンが死んだときのように架空のキャラクターについて考えていました」とピエラントッツィは昨年のマーベルキャラクターの死について言及しました。 &quot

「アイアンマンが亡くなったとき、Twitterやソーシャルメディアで信じられないほどの反応が見られました。それはそのような奇妙な現象です」とPierantozziは言いました。

ピエラントッツィ氏はピーナッツ氏と一緒に、「彼が亡くなったらどうなるのか、そして世界はどう反応するのか」と疑問に思ったと語った。

「私たちは考えられないことをしました。ピーナッツ氏が死ぬというプログラムとアイデアを作成しました。彼は常に彼が誰で何をしているのかという信条であり、彼は常に他の人を第一に考えています。」言った。

スーパーボウルティーザーは、ブランドのゲーム内スポットに話題を呼び起こすことを目的としており、多くの場合、完全な商業放送の前に消費者を興奮させるために、ストーリーを開始したり、テーマやキャラクターを紹介したりします。しかし、これは特に成功したようです。比較すると、YouTubeのHyundai&#x27sティーザーの再生回数は約73,000回、Olay&#x27sの再生回数は木曜日の午後17,000回近くでした。先週、「オールドタウンロード」のスポークンワードでティーザーをリリースしたドリトスは、YouTubeで400万回近く再生されました。一方、先週のMCハマーとのチートスのスポットのティーザーは300万回近くに上ります。

クラフトハインツのプランターズブランドマネージャーであるサマンサヘスは声明のなかで、「ピーナッツ氏が104歳で亡くなったことを確認する心のこもった」と述べた。 &quot彼は常に人々をナッツのような冒険と楽しい時間のために集めたマメ科植物として記憶されます。スーパーボウルの第3四半期に、ミスターピーナッツの葬式に参加して、彼の人生を祝うことをファンに勧めます。」

もちろん、一部のブランドはスーパーボウルの死の道を進んで失敗した、とウォールストリートジャーナルのCMOトゥデイは木曜日の朝に指摘しました。亡くなり、成長することができなかった少年が奇妙な視聴者を示した全国的な2015年の広告。 (会社のCMOはすぐに去りました。)そして、ゼネラルモーターズからの「ロボット自殺広告」として現在知られているスポットは、アメリカ自殺防止財団からの批判を含む批判を引き起こした後、後に変更されました。

Pierantozzi氏は、このような深刻な問題について、クリエイティブは特定の線を引き、共感を持ってそれにアプローチする必要があると述べました。彼はそれがユーモアと厳粛さの間の正しいメモを打つ必要があると言いました。

「これについては完璧な口調で打たなければなりません。さもないと、本当に問題が発生する可能性があります」と彼は言いました。 &quotだから私たちは間違いなくそれを考慮しました。私たちは、私たちが得た反応に非常に満足しています。トーンを釘付けにしたような気がします。」

彼は、見物人からの肯定的なフィードバックと「感情の溢れ」があったと言いました。

ミスターピーナッツのソーシャルチャネルは、泣いているモノクルのグラフィックを使用して「ミスタ​​ーピーナッツの不動産」に名前が変更され、彼のTwitterアカウントは、ハッシュタグ#RIPeanutを使用して「敬意を払う」ようにユーザーに求めました。スキッピィピーナッツバター、バドワイザー、Syfy、シェイクシャックなど、他のブランドもまさにそれを実現しました。 Pierantozzi氏は、他のクラフトハインツブランドはこの取り組みについて知っていたと述べましたが、彼の知る限り、他のブランドのいくつかは有機的にそうしていました。

火曜日に発生したスーパーボウル広告の情報の解析と偽の「リーク」に関して、Pierantozzi氏は、「これを可能な限り現実に近づけようとしている」と語った。ツイッターを見て、ツイッターに物事がどのように浸透するかを見て、そのようなものを利用したと思います。」その後、ブランドは死を確認するプレスリリースを送信しました。

「それは美しく書かれていて、正しいトーンを打ったと思います」とピエラントッツィは言いました。

話題の一部は、プランターがピーナッツ氏と彼の「ナットモービル」を作り上げたという事実に起因すると、ピエラントッツィ氏は語った。

「彼らは人々がアイデアに参加するのを本当に簡単にしたと思います」と彼は言いました。 &quotそれは、Twitterの世界やFacebookの世界で人々がすでに理解している言語でした。人々が参加するのはとても簡単でした。」

プランターの実際のスーパーボウルスポットで何が起こるかについての詳細は明確ではなく、Twitterの陰謀説はたくさんあります。しかし、ピエラントッツィ氏は、これは真実だと述べています。「葬式があり、ピーナッツ氏を愛する何億人もの人々が敬意を払う機会があります」と彼は言いました。


1920年代

プランター 「ニッケルランチ」キャンペーンを導入し、パッケージしたてのピーナッツの1オンスバッグを5セントで販売しました。

プランター カクテルピーナッツは、8オンスの真空シールされた缶に入れられます。これは後に署名缶になりました。


ピーナッツ氏は新しい「レトロ」な外観と言いたいことがあります

1916年以来、プランターズのマスコットであるピーナッツ氏は、これまで話したことがありません。クラフトフーズは、テレビや劇場の広告で話す声で現代の消費者に応えるために、おなじみのピーナッツのキャラクターとブランドを更新しています。声は俳優のロバート・ダウニー・ジュニアによって提供されます。ピーナッツ氏も1930年代と1940年代にさかのぼるレトロな外観をしています。

パッケージ、広告、そしてピーナッツブランドに関連するほぼすべてのものに登場するミスターピーナッツのキャラクターが大変身になりつつあります。ピーナッツ氏はまた、キャラクターを活性化し、現代の消費者のためにブランドを最新の状態に保つために、イリノイ州ノースフィールドのクラフトフーズによる取り組みで発言権を得ています。俳優のロバートダウニージュニアのピーナッツ氏の声をフィーチャーしたテレビコマーシャルも、テレビや映画館で放映される前に、キャラクターのFacebookページ(facebook.com/mrpeanut)でプレビューされます。

ユーモラスなコマーシャルはまた、1930年代と1940年代にさかのぼるピーナッツ氏のデザインを実際に想起させることによって彼にもっと本物の外観を与えることを意図したピーナッツ氏の新しい外観を明らかにします。彼は黄色ではなく茶色に見え、黒いネクタイと尻尾ではなく灰色のフランネルスーツを着ています。

ノスタルジアは困難な時期に強力な販売ツールであると信じて、クラフトのマーケターは、他の多くの人と同様に、現代の買い物客にアピールするために古典的な広告マスコット、スローガン、ジングルを復活させています。しかし、特に若い消費者に関しては、懐かしさは以前とは異なります。そのため、目標は、古風で時代遅れではなく、初期の時代から価値のある「昔ながらの」ものとして認識されることです。尊敬の念。


ミスターピーナッツは新しい声を持っています-レシピ

ブランドマスコットの人気は19世紀初頭にさかのぼります。ブランドは、マスコットを使用することでブランドの認知度が向上し、多くの場合、消費者に永続的な印象を残すことを発見しました。何年にもわたって出入りしてきた何千ものブランドマスコットの中で、真に象徴的なものとして際立っているものがいくつかあります。これまでに作成された最も象徴的なブランドのマスコットはどれですか?この記事では、1877年以来、アメリカで最も影響力のあるブランドマスコットのいくつかを見て、その歴史、時間の経過に伴う進化、消費者の反応、そしてなぜ彼らがそのような持続力を楽しんだのかを説明します。

1877年:クエーカーオーツのクエーカーマン

1877年に生まれたクエーカーオーツのマスコットは、象徴的な地位に達した数少ない人間のマスコットの1つです。会社の創設者はクエーカー教徒であるとしばしば信じていましたが、そうではありませんでした。会社の共同創設者であるヘンリー・シーモアは、ある日百科事典でクエーカー教徒について読んだ後、ランダムに名前を決めました。彼はクエーカー教徒はいい人のように聞こえると思った。クエーカー教徒の名前は、同社がブランドとして表現したかった特徴である、純粋さ、誠実さ、そして誠実さを表しています。有名なクエーカー教徒のウィリアム・ペンをモデルにしていると噂されることが多い同社は、マスコットは実在の人物ではないと主張しています。何年にもわたって、さまざまなアーティストが彼の外見をわずかに変えましたが、ほぼ140歳で、彼はまったく変わっていません。

1890年:ジェミマおばさんのパンケーキミックスのためのジェミマおばさん

ジェミマおばさんのパンケーキミックスは1889年にデビューしましたが、キャラクターのインスピレーションは1875年に行われたミンストレルショーから来ました。自立小麦粉の作成者であるチャールズラットとチャールズG.アンダーウッドは、レシピを「ジェミマおばさんのレシピ」と名付けました。ジェミマという名前の南部のママをフィーチャーしたミンストレルショーを見た後の#8221。ジェミマおばさんを会社で演じた元の女優は、1890年から1923年に亡くなるまで、ケンタッキー州出身のナンシーグリーンという元奴隷でした。この間、グリーンは、ステレオタイプのマミーの原型に扮した全国のイベントに参加しました。 。さらに、彼女のイメージは製品ラインのマーケティング資料でも繰り返されました。

これまでで最も物議を醸したブランドマスコットの1つであるジェミマおばさんの描写は、しばしば批判を受けました。 1950年代から1960年代にかけて、公民権運動とブラックパワー運動の両方がジェミマおばさんの考えを精査しました。 NAACPの支部は、ジェミマおばさんを演じている女優をイベントに招待しないように学校や見本市に圧力をかけました。圧力を受けて、クエーカーオーツカンパニー(1926年にブランドを購入)は女優を使った長いマーケティングキャンペーンを終了しましたが、長年にわたって多くの変更が加えられたものの、製品にはイメージが残っていました。 1960年代、ジェミマおばさんの肌は明るくなり、顔は薄くなりました。 1968年までに、会社は彼女が最初に着用していたバンダナをヘッドバンドに交換し、彼女をより若々しくしました。この画像は引き続き印刷広告に大量に表示されていましたが、彼女が過去にほとんど表示していたプランテーションシーンから削除されました。その後、1989年に、クエーカーオーツはヘッドバンドを取り外し、イヤリングと真珠のネックレスを追加し、ブランドアイコンを「黒人の働く祖母」として位置付けました。

20世紀後半のブランドのイメージをめぐる論争にもかかわらず、1世紀をはるかに超えて拡大する歴史を持つジェミマおばさんは、これまでで最も成功した広告アイコンの1つであり続けています。

1915年:&#8220Sun-Maid Girl&#8221 for Sun-Maid Raisins

1915年5月、ロレイン・コレット・ピーターセンという少女が、新鮮なブドウのバスケットトレイを持って絵を描くように頼まれました。ロレーヌは外で太陽の下で髪を乾かしていて、ポーズをとるように頼まれたとき、赤い太陽のボンネット(彼女の母親の帽子でした)を着ていました。その結果、元々はサンメイドレーズンの顔だったアーティストのファニースカフォードによる美しい水彩画が生まれましたが、過去100年間のレーズン時代にイメージが変更され、時代をより反映した外観になりました。

Sun-Maidという名前は、広告エグゼクティブE.A.によって作成されました。 1915年のベルク。この名前は、カリフォルニアの太陽の下で新鮮なブドウから単に「作られた」レーズンを反映していると信じていました。古典的な「Sun-MaidGirl」の商標は、何年にもわたって数回更新されていますが、常に元の画像に忠実であり続けています。世界中の消費者に何世代にもわたって愛されてきたイメージ。

ロレーヌは、1974年にサンメイドに両方を渡したときまで、絵画とボンネットを保管していました。ボンネット(何年にもわたって色あせた後、現在はピンク色)は、1988年に寄贈された後、現在ワシントンDCのスミソニアン協会にあります。

1916年:プランターズピーナッツのピーナッツ氏

ピーナッツ氏は、14歳のアントニオジェンタイルが人に似たピーナッツの絵を提出したことで5ドルを獲得した1916年に生まれました。噂によると、コマーシャルアーティストのアンドリューS.ウォラックは、象徴的なイメージを作成するために、モノクル、シルクハット、杖でイラストを強化しましたが、プランターズはアーティストを明確に特定したことはありません。 1930年代以来、ピーナッツ氏はピーナッツ業界全体の象徴でした。彼は1916年以来、ほぼすべてのプランターパッケージと広告に登場しており、広告の歴史で最も有名なアイコンの1つと見なされています。 2006年、プランターズはフォロワーにカフスボタン、蝶ネクタイ、懐中時計のいずれかをピーナッツ氏に追加するよう投票するよう求めるオンラインコンテストを実施しましたが、有権者は「変更なし」と宣言しました。彼は100年前に完成しました。

しかし、2020年2月、プランターは104歳のピーナッツ氏が死ぬ時が来たと判断しました。スーパーボウル中に2つの広告が掲載されました。試合前の広告では、ピーナッツ氏が俳優のウェズリー・スナイプスとマット・ウォルシュを死に追いやることで救うために自分を犠牲にしているのを見ました。ゲームの第3四半期中に、葬儀で会葬者を示す2番目の広告が掲載されました。広告代理店のVaynerMediaは、人々が架空の人物を悼む方法を見る方法としてこの決定を説明しました。 「私たちは考えられないことをしました。ピーナッツ氏が死ぬというプログラムとアイデアを作成しました。彼は常に彼が誰で何をしているのかという信条であり、常に他の人を最​​優先している友人のために自分自身を犠牲にして死にます。」 VaynerMediaのグループクリエイティブディレクターであるMikePierantozzi氏は語った。

1928年:グリーンジャイアントカンパニーのジョリーグリーンジャイアント

グリーンジャイアントが1928年に生まれたとき、彼はあまり陽気ではありませんでした。ミネソタバレーキャニングカンパニーは、身をかがめて嘲笑する巨人を作成しました。広告代理店のErwin、Wasey&#038 Co.が入ってきて姿勢を改善し、笑顔を加え、服を明るく緑豊かにしました。 1935年までに、「ジョリー」という名前がマスコットに追加され、1950年までに、ミネソタバレー缶詰会社はその名前をグリーンジャイアント会社に変更しました。巨人をマスコットとしてマーケティングすることは、最初は難しいことがわかりました。 Early tv appearances left children crying at the sight of this “monster.” The marketing department soon realized that the Giant was most effective as either a silhouette or when viewed only partially. To further lighten up the Giant’s image, the team came up with his signature “Ho, ho, ho” and the jolly Giant is still standing tall today.

1928: Snap, Crackle and Pop for Kellogg’s Rice Krispies Cereal

The story of brothers Snap, Crackle, and Pop began in 1928 when the cereal first hit shelves. Initially, ads on the radio described Rice Krispies cereal as unique for the way it would “merrily snap, crackle and pop in a bowl of milk.” Artist Vernon Grant heard the jingle on the radio, sketched 3 different characters for each sound, then sent his work to the ad agency which was handling the Kellogg ’s campaign at the time. Initially, Snap appeared solo on the side of cereal boxes. He was later joined by his brothers in 1941. In the beginning, they resembled boyish gnomes who all wore chef hats. Though they serve as the mascot for Rice Krispies, each of the three brothers displays unique characteristics. The oldest, Snap, is the only one who still wears a chef’s hat because he is a baker. The middle brother, Crackle, wears a red and white stocking cap, and is the considered the smartest of the three, though he has no known profession. Pop, as the youngest brother, wears a band leader’s hat, plays jokes on his siblings, and is a soldier. Over the years, the three brothers have been redesigned quite a bit, strategically removing their gnomish qualities and replacing them with more realistic facial features. In 1949, they got their first major makeover which included younger features and brighter colors. The second major makeover occurred in 1979 when their eyes were made larger. In 2000, as they celebrated the 80 year anniversary of Rice Krispies cereal, they were updated with a fresh look for the digital age.

Their career has been a busy one. They weren’t only used to promote Rice Krispies cereal. During their early career, they sponsored the children’s program “The Howdy Doody Show.” Then, during World War II, the trio of elves often were used in conservation messages. Later, in 1963, they achieved ultimate coolness status when they starred in a TV ad that featured a recording by The Rolling Stones. The trio celebrated their 80th birthdays in 2013, and continue on as iconic brand mascots for Rice Krispies cereal.

1928: “The Gerber Baby” for Gerber Strained Foods

In 1928, the Fremont Canning Company held a contest. They asked participants to draw a face of a baby that they could use as part of an upcoming baby food advertising campaign for their Gerber Strained Foods product. Artist Dorothy Hope Smith of Westport, Connecticut specialized in children’s drawings, and happened to live next door to a couple who had an adorable baby. She submitted an unfinished charcoal sketch of her neighbor’s baby, telling judges that if she won, she’d finalize the drawing. Gerber not only chose Smith’s sketch, they wanted no changes made to it. The image of a happy, healthy baby soon became the face that launched the Gerber brand. Within just 60 days of appearing in Good Housekeeping magazine, the “Gerber Baby” symbol became nationally recognized. In 1931, the Fremont Canning Company officially adopted the illustration as their trademark. Then in 1941, they changed their name to Gerber Products Company. As the face that launched a thousand baby food jars, the mascot’s influence on the Gerber brand remains strong. According to a 1998 survey, the Gerber Baby trademark was shown to be associated with the highest customer loyalty in the United States. She is the most iconic baby in history.

The Gerber baby’s identity was kept secret for years, though rumors circulated that the baby grew up and became famous. Celebrities such as Humphrey Bogart, Elizabeth Taylor, and Jane Seymour were all rumored to be the Gerber Baby. The baby is, in fact, Ann Turner Cook, a mystery novelist and retired English teacher. Ann was just a few months old when her neighbor sketched her. It wasn’t until the 1950s that the company paid Ann a lump sum of money for her role as their iconic brand mascot. CEO Marilyn Knox said “there is little doubt that Mrs Cook’s face played an instrumental role in the company’s success. You don’t even have to have the word Gerber on it. That face is honored as we’re doing the best for our child.”

Early 1930’s: Elsie the Cow for Borden Dairy

1944: Miss Chiquita for Chiquita Bananas

1944: Smokey Bear for the United States Forest Service

1944: Captain Morgan for The Captain Morgan Rum Company

In 1944, the Seagram Company started producing rum under the name The Captain Morgan Rum Company after former Seagram’s President, Sam Bronfman, visited the Caribbean and fell in love with the flavors of spiced rum. The marketing team decided to name the rum after the famous 17th century Caribbean pirate and privateer, Sir Henry Morgan, one of the most successful pirates of all time. Though the brand mascot displays a happy, go-lucky pirate in a red frock standing in a dashin g pirate pose, the true Morgan was, in fact, a rather ruthless man who made life miserable for the Spanish Empire. Morgan was a pirate hired by the British during the mid-17th century to protect British interests in Jamaica, as well as fight the Spanish throughout the Caribbean during war time. Morgan is most famous for raiding the city of Portobello in 1667, sacking the towns of Gibralter and Maracaibo in 1668, and his attack on Panama in 1671. Morgan was so successful in his work for the British, he was made an Admiral in the British Royal Navy. He was eventually knighted and died in 1688 an extremely rich man.

In 2011, archaeologists discovered wreckage of one of Captain Morgan’s ships off the coast of Panama. Excavating the wreckage proved costly and funding began to run low. So The Captain Morgan Rum Company stepped in to help finance the project and see it to completion. For more than 70 years, the Captain Morgan Rum Company has remained committed to their famous mascot.

1951: Elmer the Bull for Elmer’s Glue-All

1951: Speedy for Alka-Seltzer

Do you recall the jingle “Plop, plop. Fizz, fizz. Oh, what a relief it is!” every time you drop an Alka-Seltzer tablet into a glass of water? You can thank Speedy for that! Speedy was created by the Wade Ad Agency in 1951 to serve as the baby-faced mascot for Alka-Seltzer. Little did they realize he would become one of the most iconic mascots in marketing history. According to Advertising Age, Alka-Seltzer TV ads during the 1950s and 1960s were among the most popular ads in t he US, ranking number 13. Speedy starred in 212 commercials, some alongside stars such as Buster Keaton. By the time Speedy “retired” in 1964, Alka-Seltzer had invested $8.5 million a year in the Speedy marketing campaign, the largest investment in any single campaign during that era. By the mid-1960s his fame had spread far and wide, even reaching into Spanish-speaking countries where he was known as “Prontito.”

In 2008, a headline proclaiming the return of Speedy read “Bayer Brings Back ‘Reassuring’ Icon for Uncertain Times.” Marketing agency, Wolff-Olins, explained that this decision was made to appeal to younger audiences who hadn’t grown up with Speedy. “The markets today are both so uncertain and saturated with choice that we want reassuring characters to show us what’s tried, tested and true,” he said, noting that the interest in retro things taps into what helps motivate buyers during uncertain times. “There is an appetite for icons, myths and legends, and if properly executed, we can come to love them. They become anchor points, and we hold them very dear to our hearts.”

Interesting Fact: The original Speedy puppet was lost in 1971 and found 5 years later in a warehouse in Australia. Proving his iconic importance, he currently is kept in a vault in a Beverly Hills bank and is insured for $100,000.

1952: Colonel Sanders for Kentucky Fried Chicken

It’s not often that the owner of a company also serves as its brand mascot, but when it comes to Kentucky Fried Chicken, that’s exactly what happened. Colonel Harland David Sanders was an American businessman who founded Kentucky Fried Chicken, the fast food chicken restaurant chain (now known as KFC), in 1952. Sanders had been recommissioned as a Kentucky colonel in 1950 by Governor Lawrence Wetherby, and soon began to look the part. He grew a goatee, wore a string tie, and referred to himself as Colonel. This likeness would become the mascot and symbol of Kentucky Fried Chicken for more than 60 years. The roots of KFC began during the Great Depression when Sanders began selling fried chicken from a roadside restaurant in North Corbin, Kentucky. Pete Harman was the operator of one of South Salt Lake City, Utah’s largest restaurants and began selling Sander’s fried chicken to set his restaurant apart from all others in the area. The recipe proved to be so popular that sales more than tripled in the first year. Don Anderson, a sign painter hired by Harman, is said to have coined the name Kentucky Fried Chicken. Anderson is also the man behind the idea of the bucket meal and even the “finger lickin’ good” slogan. This success led to many opportunities for Sanders to sell his chicken to other franchises. In the early days, Sanders often slept in the back of his car while selling his chicken. The company quickly grew and KFC was one of the first fast food chains to expand internationally.

The company’s expansion across the United States and overseas was overwhelming for the aging Sanders. In 1964, at the age of 73, he sold the company to a group of investors. Sanders remained the company’s symbol after selling it. He also stayed active as the face of KFC. He logged 200,000 miles a year on the company’s behalf and filmed numerous TV commercials. For the final 20 years of his life, he only ever appeared in public dressed in his trademark white suit and tie. Even in death (Sanders passed away in 1980 at the age of 90) Sanders was buried in his characteristic white suit and black western string tie. Today, the original recipe is still kept under lock and key at the KFC headquarters.

1957: Geoffrey the Giraffe for Toys R Us

Before Toys R Us, there was Children’s Bargain Town, a company founded in 1948 by Charles Lazarus, a 25-year-old who’d dreamed of creating a child-oriented business. As a baby furniture store, Children’s Bargain Town opened in Washington, DC to cater to the post-war baby boom era. Other products were soon added to the inventory, most notably toys. Initially, the company’s mascot was known as Dr. G. Raffe who would proclaim “Toys are us!” in advertisements. When the focus of t he store shifted to toys in 1957, the name was changed to Toys R Us, and Raffe was renamed Geoffrey shortly after in 1960 by a store sales associate.

Geoffrey’s popularity quickly grew. Soon there was an entire line of Geoffrey-themed merchandise. He began making appearances at events, and in 1973, starred in his first tv commercial. As the company grew, so did Geoffrey’s family. He was given a wife, Gigi, and two children, Geoffrey Junior and Baby Gee. While Gigi and Junior were featured in weekly ad circulars, Baby Gee was used primarily to promote baby merchandise.

The family was seen regularly in ads until the 1990s when Geoffrey got a makeover and was back promoting the brand solo. He also switched from being a father figure to a “big-hearted kid,” and used more as a mascot than as a promoter.

In 2001, Geoffrey had another change to appeal to kids of all ages. He became a real-life giraffe who could talk.

In 2007, Geoffrey was once again redesigned back to being a cartoon. His spots became stars to represent the “magic” that is Toys R Us. Through his many transformations, Geoffrey the Giraffe has successfully represented Toys R Us for more than 60 years proving he’s just an ageless fun-loving kid at heart.

Sadly, in 2018, Toys R Us announced they were closing their stores and filed for bankruptcy. Geoffrey the Giraffe officially retired after decades of welcoming shoppers. A sad photo of Geoffrey the Giraffe leaving an empty Toys R Us store went viral. Though, more recently, there’s been talk of Geoffrey being spotted wearing a cape that says “Back from Vacation.” Though he’s now supposedly attached to a company called Geoffrey’s Toy Box. Guess we’ll have to wait and see in this iconic mascot is back.

1957: Mr. Clean for Proctor & Gamble

Known as a man of few words but many muscles, Mr. Clean was born in 1957. The idea of a muscular man being the face of a Proctor & Gamble cleaning product was concieved by Harry Barnhart and Ernie Allen of the Chicago-based ad agency, Tathma-Laird & Kudner. Commercial artist, Richard Black, was brought in to draw a bald, burly man with a gold earring using a United States Navy sailor as the model. Originally conceived as a genie (early sketches showed Mr. Clean with an earrin g in his nose, but P&G decision makers moved it to his ear), the new mascot quickly helped the cleaning product become the number one household cleaner in the United States in just 6 months after he was introduced. Though he has spent most of his life as a drawn character, there was a brief stint during the 1960s when Mr. Clean appeared on television as a real man played by actor House Peters, Jr. In 1962, Proctor & Gamble ran a contest to “Give Mr. Clean a First Name” and the winner was Veritably, though most often he’s referred to simply as Mr. Clean.

After more than 50 years, Mr. Clean continues to resonate with consumers. “Mr. Clean is an idealized and standardized character,” said James Heaton, president, creative director of brand strategy firm Tronvig Group. “He fits the archetype of the strong man.” P&G communications manager Julia LaFeldt further explains the success of Proctor & Gamble’s most famous mascot, “Mr. Clean’s strength and well-groomed appearance fit what the product promises. One glance at him and you know he represents cleaning power.” He’s still keeping houses clean all over the country with his strong arms and confident smile.

1962: Sir Charms for General Mills Lucky Charms cereal

Lucky Charms cereal was created in 1962. The first cereal to include marshmallows in the recipe, it was marketed around the idea of charm bracelets. More commonly referred to as Lucky the Leprechaun, the mascot’s true name is Sir Charms (New Englanders know Lucky the Leprechaun as the Boston Celtics mascot). Sir Charms was born in 1963 and briefly called L.C. Leprechaun. Lucky is believed to have magic powers to change plain white marshmallows into mystical shapes. In addition to appearing on the Lucky Charms cereal box, Lucky has starred in Lucky Charms commercials since 1964. As he is chased by several children wanting his cereal, he utters his famous catch phrase, “They’re always after me Lucky Charms!” Arthur Anderson, an American actor who’s credits include Law & Order, Midnight Cowboy, and Courage the Cowardly Dog, played the voice of Lucky for 29 years. Anderson passed away in 2016. Sir Charms, aka Lucky the Leprechaun, celebrates a birthday each year on St. Patrick’s Day.

1963: Captain Horatio P. Crunch for Quaker Oats Cap’n Crunch cereal

Captain Horatio P. Crunch, the iconic brand mascot for Cap’n Crunch cereal, was born in response to a survey that showed children disliked soggy cereal. Jay Ward, an American creator of TV cartoon shows including “Rocky and Bullwinkle” and “Peabody and Sherman”, drew the captain and is said to have based the cartoon on himself. Depicted as a late 18th-century naval captain in a Revolutionary-style naval uniform, the honorable captain was charged with guarding the Crunch from Jean Le-Foote, an evil barefoot pirate. In 2013, a few major newspapers across the country reported that the three stripes on the mascot’s uniform indicated a rank of Commander and not the four needed on his uniform to be a Captain. The Wall Street Journal jokingly reported that the U.S. Navy had no record of Crunch and he was being investigated for impersonating a naval officer. Citing Cap’n Crunch as a prime example, a study from Cornell University in 2014 discovered that buyers show a 28% greater brand loyalty when a cereal box cover features a mascot making direct eye contact with the buyer.

1963: Ronald McDonald for McDonald’s

“The smile known around the world.” Ronald McDonald has been the face of the McDonalds restaurant chain since 1963. In terms of recognition among school-aged children in the United States, he is second only to Santa Claus. But, how did a clown come to be so closely associated with hamburgers? It began with veteran weatherman, Williard Scott. Before his weatherman days, Scott was a local radio personality in Washington, D.C. who played “Bozo the Clown” from 1959 through 1962 on the highly successful children’s program. When “Bozo the Clown” went off of the air, Scott was working for Oscar Goldstein and John Gibson, owners of two Washington, D.C. area McDonald’s franchises. Both Goldstein and Gibson felt this was the time to capitalize on the popularity of “Bozo the Clown,” so they had their ad agency create the character Ronald McDonald to star in three tv commercials for McDonalds. Scott was hired by Goldstein and Gibson to portray the character in these initial ads.

Over the years, many actors have portrayed the happy-go-lucky clown, including King Moody, an American actor who’s resume includes Get Smart, Bonanza, and Dragnet. Ronald has not only been used to market McDonalds to children for decades, he has worked tirelessly visiting children in hospitals, as well as attending regular events spreading messages on safety, literacy, anti-bullying and the importance of being active. He is also the face of Ronald McDonald Houses, a place where parents stay overnight while visiting their children in nearby chronic care facilities.

Because the intended target audience is children, Ronald McDonald has come under scrutiny in recent years due to unhealthy food options at McDonalds restaurants. He’s often referred to as the “Joe Camel” of fast food. Beginning in 2010, the Corporate Accountability International in Boston made a call for McDonalds to retire the clown in the wake of the childhood obesity epidemic. But the international restaurant chain declared they would not retire their mascot because, CEO Jim Skinner explained, Ronald McDonald was “an ambassador for good”. In 2014, McDonalds new CEO Don Thompson agreed that the clown does not encourage children to eat unhealthy foods. He’s merely been such a successful mascot for the company because he represents the “fun and happiness” of the McDonalds brand.

While the Corporate Accountability International has been unable to retire him mainly due to the fact that he is considered a national icon, the recent clown hysteria in the US leading up to Halloween 2016 threatens to do him in after more than 50 years. In early October 2016, the McDonalds corporation released a statement saying that due to the “current climate around clown sightings in communities,” they would limit the public appearances of their famous clown. Though no official word has come from the corporation, with the reduction of appearances in marketing and promotion for McDonalds over recent years, many wonder if this is actually the end of Ronald McDonald as the face of McDonalds restaurants. Let’s hope not.

1965: Poppin’ Fresh for Pillsbury

Poppin’ Fresh (aka the Pillsbury Doughboy) was born in a kitchen in Chicago in 1965. Rudy Perz, a copywriter for advertising agency Leo Burnett, was tasked with helping create an ad campaign for Pillsbury’s refrigerated dough product line. He imagined a living dough boy popping out of a Pillsbury Crescent Rolls can. To separate him from the rolls, Perz added a chef’s hat and a white scarf. He also gave him big blue eyes, and made him giggle when poked in the stomach. Original ly conceived to be an animated character, Perz was influenced by a stop motion technique used for the opening credits of “The Dinah Shore Show”. Artist Milt Schaffer soon brought the doughboy to life using stop motion clay animation after creating a three-dimensional puppet. The cost to create the puppet was $16,000 (about $120,000 in today’s dollars) and, in October of 1965, he starred in his first commercial for Pillsbury Crescent Dinner Rolls. Since then, Poppin’ Fresh has appeared in more than 600 commercials, representing more than 50 products. In addition to his work for Pillsbury, he’s appeared in ads for MasterCard, Sprint, and as part of the Got Milk? ad campaign. He’s also appeared alongside such greats as the Jolly Green Giant, the Morton Salt Girl, and Count Chocula.

In 1999, the Pillsbury Doughboy was ranked number 6 among the Top 10 advertising icons of the 20th century by Advertising Age. Yet, his fame is not limited to packaging and tv. He’s taken part in the Macy’s Thanksgiving Day Parade since 2009, quickly becoming a favorite on the parade route. In 2014, a new balloon of Poppin’ Fresh was introduced, though it was an exact replica of the first. “This is the first time I think we’ve ever done this in history where we had such a great balloon design to begin with, that when it was time for a new balloon – the fabric wears out a little bit – we wanted to do exactly the same.” says John Piper, vice president of Macy’s Parade Studio. No need to mess with perfection. Today the Pillsbury Doughboy continues to rank as one of the most recognizable, and most loved, brand mascots of all time.

1969: Morris the Cat for Del Monte Foods

Not all brand mascots have been illustrations. Morris the Cat, the famous finicky orange tabby, has been the face of 9Lives cat food (a product of Del Monte Foods) since 1969. With the sardonic voice of John Irwin, Morris stared in 58 commercials between 1969-1978, and helped create one of the most successful and memorable advertising campaigns in television history. Over the years, 3 different cats have played Morris. The original Morris was ironically named Lucky when he wa s discovered in 1968 at the Hinsdale Humane Society in Chicago. In fact, all of the cats to play Morris over the years have been rescues. As the most successful Spokescat in history, Morris had his own personal assistant, received numerous marriage proposals from both felines and humans over the years, and has appeared in several movies including the Robert Altman film “The Long Goodbye” with Elliott Gould and “Shamus” with Burt Reynolds and Dyan Cannon, as well as appeared on “Good Morning America,” “Lifestyles of the Rich and Famous,” and “The Oprah Winfrey Show.” Once called the “Clark Gabel of cats,” Morris is said to have been the prototype for the Garfield comic strip. When the original Morris, aka Lucky, died in 1978, his obituary was seen in newspapers all over the country.

Though his early beginnings were in advertising, Morris the Cat is highly regarded for his volunteer work. He’s promoted responsible pet ownership, pet health and pet adoptions through animal shelters across the country, and is an accomplished author. In 2006, he kicked off a campaign known as Morris’ Million Cat Rescue when he adopted a kitten named Li’l Mo from a Los Angeles animal shelter. Throughout his career, Del Monte Foods has gone beyond using Morris as simply a mascot to promote their product. Never forgetting his roots, they have used Morris’ fame to bring awareness to the plight of cats and kittens in animal shelters. “9Lives believes that every cat deserves a forever home. We are so proud of the Morris’ Million Cat Rescue campaign, which successfully placed one million cats in new homes and helped educate the public on the importance of cat rescue.”


A Suffolk farmer has invented a new kind of coffee made from peanuts, and we tasted it

Six years ago James Harrell stood on his family’s peanut farm in Suffolk with a cup of coffee in his hand, and he had an epiphany.

“I was drinking coffee and smelling coffee right before harvest,” remembers Harrell, “and I said, ‘Why can’t you turn peanuts into coffee?’”

The coffee he was smelling at the time wasn’t just the stuff in his cup.

In addition to being the former home of Planters Peanuts (RIP Mr. Peanut, Sr.), Suffolk is the self-appointed caffeine capital of Virginia — a title that proudly graces the coffee mugs at city hall. Millions of pounds of coffee are roasted there weekly, in massive facilities devoted to big names like Hills Bros. or Folger’s. When the time is right, the thick aroma of second-crack coffee wafts lingeringly over the peanut fields.

But all of those coffee beans were grown far away, Harrell says, in Africa and Latin America. Why not use a local product instead? Why not roast peanuts to a dark brown, and then grind and steep them just like a coffee bean?

Harrell isn’t even the first person to have the idea. Nearly a century earlier, peanut researcher George Washington Carver also proposed instant coffee made of peanuts, alongside more far-flung notions such as peanut linoleum and peanut shaving cream.

But Harrell is certainly among the first to bring a peanut “coffee” to market. It took him years to get his process right. And after a false start trying to license his idea to a big corporation, he’s doing it all himself.

He first packaged his Virginia Gold “peanut coffee” three years ago, and has begun selling it online at vagold.com, as well as at local markets such as Farmer’s Frank’s in Suffolk. “No Beans,” says the label. “It’s Nuts.”

Buyers from large grocery chains have expressed interest, he says. His website and packaging tout the purported benefits of using peanuts instead of coffee beans: “Protein. No Acid. Non-diuretic. Farmed in USA."

(Peanuts are indeed slightly acidic — though much less so than coffee.)

But whatever its advantages, the peanut coffee was greeted by reporters at our office with a sort of leery and bemused skepticism — as if we had received a new kind of beer made from chickpeas, or a car that runs on vinegar.

“Do you mean peanut flavored coffee?” one editor asked. “Like hazelnuts?”

No. We did not. We meant a coffee-like drink made only from roasted peanuts.

She politely declined to try it.

But Virginia Gold does indeed look very like ground coffee, with that same rich brown color and tight powder. And it brews much the same way. The packaging contained no instructions on dosage, but steeping a coffee-appropriate amount of the ground, roasted peanuts in a percolator yielded a drink of similar depth.

The aroma is strongly peanutty, in both ground and brewed form. But the taste of the resulting drink hews surprisingly close to the product it’s meant to approximate. On the tongue, it’s a bit like a smooth medium roast, though with none of the fruity aromas or acidic bite one expects from coffee. It’s nutty, but not nutty like peanuts are nutty — the roast takes over much of the flavor.

For a coffeeless coffee, it managed to stand in quite effectively for coffee. It filled a coffee-like role, the same way herbal teas fill in handily for tea or soy milk serves as milk.

Among tasters, the two biggest fans were the two snobbiest coffee drinkers in the room, the ones prone to the modern light roasts favored by third-wave coffee roasters such as Virginia Beach’s Three Ships.

But reaction was split among tasters. Our most traditionalist coffee drinkers rejected it outright: Too much peanut aroma. A coffee drinker who was a fan of chicory was also against it. He said Virginia Gold tasted like the smell when he opened a new toy package for his child — most likely describing a slight oxidative cardboard whiff to the drink.

“Everyone’s taste is different,” Harrell says. “Everyone has an opinion what it tastes like. ‘They say, ‘Whoa, it tastes like a nutty coffee!’ Or some say it tastes just like peanuts. Some say coffee.”

And, of course, the drink does contain a slight bit of residual peanut oil.

Peanuts’ natural oil, Harrell says, was the chief obstacle to making the drink. The second he had the idea in his family’s field six years ago, he rushed inside with a batch of freshly harvested nuts to try out his idea.

“I put them into the oven and roasted them, and ground them up,” he remembers. But the attempt was a disaster. “I ran into the problem of the oil,” he says.

Peanuts have a lot of oil inside them. The oil is the source of the intensely peanutty smell and taste that makes Five Guys french fries a cult item. But if you grind roasted peanuts without removing the oil, what you’ll likely get is peanut butter, not coffee. It took Harrell three years to get the process figured out.

“We had to figure out a way to separate the fat from the protein, the oil from the meal: No peanut company does that after roasting peanuts.” The process, Harrell says, is proprietary. He won’t let anyone see it until his patent is approved — but it involves only heat and pressure, he says.

As of last fall, Virginia Gold also sells the roasted peanut oil separately — this was the idea of Harrell’s father, Dennis, who hated the idea of wasting part of the peanut.

The oil is impossibly dense with peanut flavor, richer and roastier than toasted sesame oil. When a small amount spilled, it filled our office kitchen with such intensity of peanut we had to warn co-workers with nut allergies to stay clear.

So far, Harrell says, the most enthusiastic reception to the coffee has has come from people who have to avoid caffeine.

Decaf coffee doesn’t remove all of the caffeine from the beans. But peanuts don’t have caffeine, so the non-caffeinated version has precisely 0 milligrams of the stuff.

To make the caffeinated version of Virginia Gold, Harrell simply uses caffeine that’s been removed from decaf coffee. He says the caffeine levels are equivalent to the proportions in a medium-roast coffee, though his drink does not yet offer a USDA label with precise dosage.

Others who’ve been enthusiastic are people with a stake in the success of Virginia farms. Secretary of Agriculture and Forestry Bettina Ring was particularly receptive, Harrell says.


Planters' mascot is now 50-year-old peanut named Bart, here to share holiday merchandise line

Mr. Peanut has died at the age of 104 CEO of Hallmark Channel's parent company stepping down

Morning Business Outlook: Planters announces that their iconic mascot has died by tweeting out a commercial of his death Bill Abbott, the CEO of Hallmark Channel's parent company Crown Media Networks, is stepping down.

Planters’ mascot — who the brand killed off (angering Twitter), only to bring him back as a baby (again angering Twitter), and then reinvent as a 21-year-old Peanut Jr. (really angering Twitter) — is now turning 50, somehow. (A magical Frosty-esque hat seems to be involved, just in case anyone is wondering.)

Meet Bart, the latest iteration of Mr. Peanut. (Planters)

And in an even stranger turn of events, Twitter seems to be OK with the newest iteration of the long-running mascot.

Meanwhile, the freshly turned 50-year-old, named none other than "Bartholomew Richard Fitzgerald-Smythe," or simply Bart, is not returning to Twitter to just “shellebrate” his new age. It would seem that Bart is here to share news of Planters' new holiday merchandise line, which features ugly Christmas sweaters, ornaments and other peanut presents for you to shell out for the legume lover in your life.

Despite the newest mascots, the Christmas collection features the beloved Mr. Peanut. (Planters)

For those who lost track during this “nutty year,” Mr. Peanut was originally killed off by Planters ahead of the Super Bowl, before being brought back as "Baby Nut." In the 11 months since, he's aged 50 years, meaning we can likely expect an octogenarian Mr. Peanut in probably, like, a week and a half.