新しいレシピ

加工肉は癌の最大の原因として喫煙とアスベストに加わります

加工肉は癌の最大の原因として喫煙とアスベストに加わります



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

待望の声明の中で、世界保健機関 発表 今日それ 加工肉ベーコン、ソーセージ、ホットドッグなどは発がん性物質です。 WHOはまた 赤身の肉牛肉、豚肉、子牛肉、子羊肉などは、膵臓や前立腺のリスク増加に関連しているため、「おそらく発がん性」もあります。 がん。この主張の背後にある科学は、10カ国から22人の専門家によって行われた研究から来ています。

赤身の肉のスライドショーについてあなたが知らなかった11の事柄についてはここをクリックしてください。

科学者たちは、フランスのリヨンにあるWHO内の機関である国際がん研究機関で会合しました。そこで彼らは、赤身の肉と加工肉の摂取を次のように関連付ける証拠を検討しました。 。グループは、定期的な摂取は結腸直腸癌のリスクを高めると結論付けました。彼らの調査結果によると、各1.8オンスの部分 加工肉 毎日食べると、結腸直腸ガンのリスクが18%増加しました。彼らの科学的レビューの要約は、 ランセット。レビュー全体は、IARCモノグラフの第114巻に掲載されます。

IARCは、加工肉を発がん性があると見なしただけでなく、アスベストと同じがんリスクのカテゴリーに分類しました。 アルコール、ヒ素、タバコ。研究者はそれを発表しましたが がんのリスク 肉の消費量が増えるにつれて増加し、調理方法とガンのリスクとの関連性も模索しています。の間にリンクがあるようです 高温調理 方法とより多くの発がん性化合物の生成が、決定的な結論に達するのに十分なデータがありません。

WHOの発表は、すでにメンバーの間で怒りを引き起こしています。 食肉産業 科学者たちは業界の資金を調達しています。多くの人が加工肉とタバコの関係を否定していますが、他の人は回避を示す証拠がないだけだと主張しています 赤身肉 ガンを予防します。 「がん予防の最優先事項は、禁煙、正常な体重の維持、および高体重の回避です。 アルコール 食肉諮問委員会のメンバーであるロバート・ピカードは語った 保護者.

対照的に、この分野の公衆衛生擁護者や専門家はこの声明を歓迎している。オックスフォード大学のCancerResearchUKの疫学者であるTimKey教授は、TheGuardianに次のように語っています。 Cancer Research UK IARCの調査結果をサポートします。しかし、彼はこの決定は意味しないと言っています 赤身肉 完全にテーブルから外れています。 「あなたがそれをたくさん食べるならば、あなたは削減について考えたいと思うかもしれません。あなたは持ってみることができます ソーセージではなく夕食に、または 豆サラダ BLTでの昼食に。」 WHOの発表は、その多様性に関する最初の公式宣言です。 研究 何年にもわたってほのめかされてきました:健康的な食事は赤身の肉や加工肉を制限し、赤身の肉や加工肉の消費を増やすべきです 植物性タンパク質.

付随するスライドショーは、DailyMealの編集スタッフであるJulieRuggirelloによって提供されています。


加工肉は癌の原因として喫煙と並んでランク付け– WHO

世界保健機関によると、ベーコン、ハム、ソーセージはタバコと並んで癌の主な原因としてランク付けされており、硬化肉や加工肉はアスベスト、アルコール、ヒ素、タバコと同じカテゴリーに分類されています。

WHOの国際がん研究機関からの報告によると、腸がんとの因果関係があるため、加工肉をグループ1の発がん性物質としてランク付けするのに十分な証拠がありました。

赤身の肉は「おそらく人間に対して発がん性がある」としてグループ2Aに分類されます。赤身の肉を食べることは、膵臓がんや前立腺がんにも関連しているとIARCは述べています。

IARCの専門家は、毎日食べられる加工肉の50グラム(1.8オンス)の部分ごとに、結腸直腸癌のリスクが18%増加すると結論付けました。

IARCのモノグラフプログラムの責任者であるカート・ストレイフ博士は、次のように述べています。 「加工肉を消費する人々の数が多いことを考えると、癌の発生率に対する世界的な影響は公衆衛生上重要です。」

IARCの決定は、国際的な科学者による1年間の審議の後、癌研究者によって歓迎されますが、それは業界とそれが資金提供する科学者からの即時の猛烈な反応を引き起こし、タバコと肉の比較を拒否しました。

「私たちが知っていることは、食事で赤身の肉を避けることは癌に対する保護戦略ではないということです」とカーディフ大学の肉諮問委員会のメンバーで神経生物学の名誉教授であるロバート・ピカードは言いました。 「癌予防の最優先事項は、禁煙、正常な体重の維持、および高アルコール摂取の回避です。」

しかし、ハム、ベーコン、ソーセージの執筆は数年前から壁にかかっています。世界がん研究基金は、肉加工品がガンの危険性があることを人々に長い間アドバイスしてきました。ハム、ベーコン、サラミなどの製品はできるだけ少なく、牛肉、豚肉、子羊などの赤身の肉は週に500g以下にすることをお勧めします。

オックスフォード大学のCancerResearchUKの疫学者であるTimKey教授は、次のように述べています。「Cancer Research UKは、加工肉を癌の原因として分類し、赤身の肉を癌の推定原因として分類するのに十分な証拠があるというIARCの決定を支持しています。

「私たちは、赤身の肉と加工肉と腸がんとの関連の可能性について以前から知っていました。これは、実質的な証拠に裏付けられています。

「この決定は、赤身の加工肉を食べるのをやめる必要があるという意味ではありません。しかし、あなたがそれをたくさん食べるならば、あなたは削減について考えたいと思うかもしれません。ソーセージではなく、夕食に魚を食べたり、BLTで昼食に豆サラダを食べたりすることもできます。」

ジャーナルLancetOncologyに記事として掲載された、IARCの声明は、特に加工肉に対して、ラインを大幅に強化しています。しかし、癌の科学者は肉を食べすぎるリスクを懸念していますが、一部の栄養士は、余分なリスクは比較的小さく、肉には他の利点があると主張しています。

栄養と胃腸の健康に関する独立したコンサルタントであり、2010年に肉産業で何らかの仕事をしたことを認める食品研究所の元研究リーダーであるエリザベス・ルンド博士は、赤身の肉は約3つの追加の腸の症例に関連していると述べました先進国の成人10万人あたりのがん。

「はるかに大きな危険因子は肥満と運動不足です」と彼女は言いました。 「全体として、肉を1日1回、果物、野菜、穀物繊維をたっぷりと組み合わせて食べることで、運動と体重管理を行うことで、結腸直腸癌のリスクを低く抑え、よりバランスの取れた食事をとることができると思います。」

食品研究所の名誉フェローであるイアン・ジョンソン教授も、その影響は小さいと述べた。 「腸がんのリスクに対するベーコンとソーセージの悪影響が、既知の化学発がん物質を含んでおり、喫煙者の肺がんのリスクを約1倍増加させるタバコの煙の危険性に匹敵することを示唆することは確かに非常に不適切です。 20倍。」

北米肉研究所は、赤身の肉をガンの危険性として定義することは常識に反すると述べた。

「IARCの会議に出席して、パネリストの多くが、古く、弱く、一貫性のない、自己申告の摂取量データにもかかわらず、特定の結果を目指していることは明らかでした」と、研究所の科学担当副社長であるベッツィーブーレンは述べました。 「彼らは特定の結果を確実にするためにデータを拷問しました。

「赤身の肉と加工肉は、IARCによってレビューされた940のエージェントの中にあり、ある程度の理論上の「危険」をもたらすことがわかっています。ヨガパンツに含まれる化学物質である1つの物質だけが、IARCによって癌を引き起こさないと宣言されています。

「IARCはあなたがヨガのクラスを楽しむことができると言っていますが、空気を吸わないでください(クラス1発がん物質)、太陽がいっぱいの窓の近くに座って(クラス1)、日焼けした場合はアロエベラを塗って(クラス2B)、ワインを飲みますまたはコーヒー(クラス1およびクラス2B)、またはグリル料理(クラス2A)を食べます。そして、あなたが美容師であるか、交代制勤務(両方ともクラス2A)をしているなら、あなたは新しいキャリアを探すべきです。」


加工肉は癌の原因として喫煙と並んでランク付け– WHO

世界保健機関によると、ベーコン、ハム、ソーセージはタバコと並んで癌の主な原因としてランク付けされており、硬化肉や加工肉はアスベスト、アルコール、ヒ素、タバコと同じカテゴリーに分類されています。

WHOの国際がん研究機関からの報告によると、腸がんとの因果関係があるため、加工肉をグループ1の発がん性物質としてランク付けするのに十分な証拠がありました。

赤身の肉は「おそらく人間に対して発がん性がある」としてグループ2Aに分類されます。赤身の肉を食べることは、膵臓がんや前立腺がんにも関連しているとIARCは述べています。

IARCの専門家は、毎日食べられる加工肉の50グラム(1.8オンス)の部分ごとに、結腸直腸癌のリスクが18%増加すると結論付けました。

IARCのモノグラフプログラムの責任者であるカート・ストレイフ博士は、次のように述べています。 「加工肉を消費する人々の数が多いことを考えると、癌の発生率に対する世界的な影響は公衆衛生上重要です。」

IARCの決定は、国際的な科学者による1年間の審議の後、癌研究者によって歓迎されますが、それは業界とそれが資金提供する科学者からの即時の猛烈な反応を引き起こし、タバコと肉の比較を拒否しました。

「私たちが知っていることは、食事で赤身の肉を避けることは癌に対する保護戦略ではないということです」とカーディフ大学の肉諮問委員会のメンバーで神経生物学の名誉教授であるロバート・ピカードは言いました。 「癌予防の最優先事項は、禁煙、正常な体重の維持、および高アルコール摂取の回避です。」

しかし、ハム、ベーコン、ソーセージの執筆は数年前から壁にかかっています。世界がん研究基金は、肉加工品がガンの危険性があることを人々に長い間アドバイスしてきました。ハム、ベーコン、サラミなどの製品はできるだけ少なく、牛肉、豚肉、子羊などの赤身の肉は週に500g以下にすることをお勧めします。

オックスフォード大学のCancerResearchUKの疫学者であるTimKey教授は、次のように述べています。「Cancer Research UKは、加工肉を癌の原因として分類し、赤身の肉を癌の推定原因として分類するのに十分な証拠があるというIARCの決定を支持しています。

「私たちは、赤身の肉と加工肉と腸がんとの関連の可能性について以前から知っていました。これは、実質的な証拠に裏付けられています。

「この決定は、赤身の加工肉を食べるのをやめる必要があるという意味ではありません。しかし、あなたがそれをたくさん食べるならば、あなたは削減について考えたいと思うかもしれません。ソーセージではなく、夕食に魚を食べたり、BLTで昼食に豆サラダを食べたりすることもできます。」

ジャーナルLancetOncologyに記事として掲載された、IARCの声明は、特に加工肉に対して、ラインを大幅に強化しています。しかし、癌の科学者は肉を食べすぎるリスクを懸念していますが、一部の栄養士は、余分なリスクは比較的小さく、肉には他の利点があると主張しています。

栄養と胃腸の健康に関する独立したコンサルタントであり、2010年に肉産業で何らかの仕事をしたことを認める食品研究所の元研究リーダーであるエリザベス・ルンド博士は、赤身の肉は約3つの追加の腸の症例に関連していると述べました先進国の成人10万人あたりのがん。

「はるかに大きな危険因子は肥満と運動不足です」と彼女は言いました。 「全体として、肉を1日1回、果物、野菜、穀物繊維をたっぷりと組み合わせて食べることで、運動と体重管理を行うことで、結腸直腸がんのリスクを低く抑え、よりバランスの取れた食事をとることができると思います。」

食品研究所の名誉フェローであるイアン・ジョンソン教授も、その影響は小さいと述べた。 「腸がんのリスクに対するベーコンとソーセージの悪影響が、既知の化学発がん物質を含んでおり、喫煙者の肺がんのリスクを約1倍増加させるタバコの煙の危険性に匹敵することを示唆することは確かに非常に不適切です。 20倍。」

北米肉研究所は、赤身の肉をガンの危険性として定義することは常識に反すると述べた。

「IARCの会議に出席して、パネリストの多くが、古く、弱く、一貫性のない、自己申告の摂取量データにもかかわらず、特定の結果を目指していることは明らかでした」と、研究所の科学担当副社長であるベッツィーブーレンは述べました。 「彼らは特定の結果を確実にするためにデータを拷問しました。

「赤身の肉と加工肉は、IARCによってレビューされた940のエージェントの中にあり、ある程度の理論上の「危険」をもたらすことがわかっています。ヨガパンツに含まれる化学物質である1つの物質だけが、IARCによって癌を引き起こさないと宣言されています。

「IARCはあなたがヨガのクラスを楽しむことができると言っていますが、空気を吸わないでください(クラス1発がん物質)、太陽がいっぱいの窓の近くに座って(クラス1)、日焼けした場合はアロエベラを塗って(クラス2B)、ワインを飲みますまたはコーヒー(クラス1およびクラス2B)、またはグリル料理(クラス2A)を食べます。そして、あなたが美容師であるか、交代制勤務(両方ともクラス2A)をしているなら、あなたは新しいキャリアを探すべきです。」


加工肉は癌の原因として喫煙と並んでランク付け– WHO

世界保健機関によると、ベーコン、ハム、ソーセージはタバコと並んで癌の主な原因としてランク付けされており、硬化肉や加工肉はアスベスト、アルコール、ヒ素、タバコと同じカテゴリーに分類されています。

WHOの国際がん研究機関からの報告によると、腸がんとの因果関係があるため、加工肉をグループ1の発がん性物質としてランク付けするのに十分な証拠がありました。

赤身の肉は「おそらく人間に対して発がん性がある」としてグループ2Aに分類されます。赤身の肉を食べることは、膵臓がんや前立腺がんにも関連しているとIARCは述べています。

IARCの専門家は、毎日食べられる加工肉の50グラム(1.8オンス)の部分ごとに、結腸直腸癌のリスクが18%増加すると結論付けました。

IARCのモノグラフプログラムの責任者であるカート・ストレイフ博士は、次のように述べています。 「加工肉を消費する人々の数が多いことを考えると、癌の発生率に対する世界的な影響は公衆衛生上重要です。」

IARCの決定は、国際的な科学者による1年間の審議の後、癌研究者によって歓迎されますが、それは業界とそれが資金提供する科学者からの即時の猛烈な反応を引き起こし、タバコと肉の比較を拒否しました。

「私たちが知っていることは、食事で赤身の肉を避けることは癌に対する保護戦略ではないということです」とカーディフ大学の肉諮問委員会のメンバーで神経生物学の名誉教授であるロバート・ピカードは言いました。 「癌予防の最優先事項は、禁煙、正常な体重の維持、および高アルコール摂取の回避です。」

しかし、ハム、ベーコン、ソーセージの執筆は数年前から壁にかかっています。世界がん研究基金は、肉加工品がガンの危険性があることを人々に長い間アドバイスしてきました。ハム、ベーコン、サラミなどの製品はできるだけ少なく、牛肉、豚肉、子羊などの赤身の肉は週に500g以下にすることをお勧めします。

オックスフォード大学のCancerResearchUKの疫学者であるTimKey教授は、次のように述べています。「Cancer Research UKは、加工肉を癌の原因として分類し、赤身の肉を癌の推定原因として分類するのに十分な証拠があるというIARCの決定を支持しています。

「私たちは、赤身の肉と加工肉と腸がんとの関連の可能性について以前から知っていました。これは、実質的な証拠に裏付けられています。

「この決定は、赤身の加工肉を食べるのをやめる必要があるという意味ではありません。しかし、あなたがそれをたくさん食べるならば、あなたは削減について考えたいと思うかもしれません。ソーセージではなく、夕食に魚を食べたり、BLTで昼食に豆サラダを食べたりすることもできます。」

ジャーナルLancetOncologyに記事として掲載された、IARCの声明は、特に加工肉に対して、ラインを大幅に強化しています。しかし、癌の科学者は肉を食べすぎるリスクを懸念していますが、一部の栄養士は、余分なリスクは比較的小さく、肉には他の利点があると主張しています。

栄養と胃腸の健康に関する独立したコンサルタントであり、2010年に肉産業で何らかの仕事をしたことを認める食品研究所の元研究リーダーであるエリザベス・ルンド博士は、赤身の肉は約3つの追加の腸の症例に関連していると述べました先進国の成人10万人あたりのがん。

「はるかに大きな危険因子は肥満と運動不足です」と彼女は言いました。 「全体として、肉を1日1回、果物、野菜、穀物繊維をたっぷりと組み合わせて食べることで、運動と体重管理を行うことで、結腸直腸がんのリスクを低く抑え、よりバランスの取れた食事をとることができると思います。」

食品研究所の名誉フェローであるイアン・ジョンソン教授も、その影響は小さいと述べた。 「腸がんのリスクに対するベーコンとソーセージの悪影響が、既知の化学発がん物質を含んでおり、喫煙者の肺がんのリスクを約1倍増加させるタバコの煙の危険性に匹敵することを示唆することは確かに非常に不適切です。 20倍。」

北米肉研究所は、赤身の肉をガンの危険性として定義することは常識に反すると述べた。

「IARCの会議に出席して、パネリストの多くが、古く、弱く、一貫性のない、自己申告の摂取量データにもかかわらず、特定の結果を目指していることは明らかでした」と、研究所の科学担当副社長であるベッツィーブーレンは述べました。 「彼らは特定の結果を確実にするためにデータを拷問しました。

「赤身の肉と加工肉は、IARCによってレビューされた940のエージェントの中にあり、ある程度の理論上の「危険」をもたらすことがわかっています。ヨガパンツに含まれる化学物質である1つの物質だけが、IARCによって癌を引き起こさないと宣言されています。

「IARCはあなたがヨガのクラスを楽しむことができると言っていますが、空気を吸わないでください(クラス1発がん物質)、太陽がいっぱいの窓の近くに座って(クラス1)、日焼けした場合はアロエベラを塗って(クラス2B)、ワインを飲みますまたはコーヒー(クラス1およびクラス2B)、またはグリル料理(クラス2A)を食べます。そして、あなたが美容師であるか、交代制勤務(両方ともクラス2A)をしているなら、あなたは新しいキャリアを探すべきです。」


加工肉は癌の原因として喫煙と並んでランク付け– WHO

世界保健機関によると、ベーコン、ハム、ソーセージはタバコと並んで癌の主な原因としてランク付けされており、硬化肉や加工肉はアスベスト、アルコール、ヒ素、タバコと同じカテゴリーに分類されています。

WHOの国際がん研究機関からの報告によると、腸がんとの因果関係があるため、加工肉をグループ1の発がん性物質としてランク付けするのに十分な証拠がありました。

赤身の肉は「おそらく人間に対して発がん性がある」としてグループ2Aに分類されます。赤身の肉を食べることは、膵臓がんや前立腺がんにも関連しているとIARCは述べています。

IARCの専門家は、毎日食べられる加工肉の50グラム(1.8オンス)の部分ごとに、結腸直腸癌のリスクが18%増加すると結論付けました。

IARCのモノグラフプログラムの責任者であるカート・ストレイフ博士は、次のように述べています。 「加工肉を消費する人々の数が多いことを考えると、癌の発生率に対する世界的な影響は公衆衛生上重要です。」

IARCの決定は、国際的な科学者による1年間の審議の後、癌研究者によって歓迎されますが、それは業界とそれが資金提供する科学者からの即時の猛烈な反応を引き起こし、タバコと肉の比較を拒否しました。

「私たちが知っていることは、食事で赤身の肉を避けることは癌に対する保護戦略ではないということです」とカーディフ大学の肉諮問委員会のメンバーで神経生物学の名誉教授であるロバート・ピカードは言いました。 「癌予防の最優先事項は、禁煙、正常な体重の維持、および高アルコール摂取の回避です。」

しかし、ハム、ベーコン、ソーセージの執筆は数年前から壁にかかっています。世界がん研究基金は、肉加工品がガンの危険性があることを人々に長い間アドバイスしてきました。ハム、ベーコン、サラミなどの製品はできるだけ少なく、牛肉、豚肉、子羊などの赤身の肉は週に500g以下にすることをお勧めします。

オックスフォード大学のCancerResearchUKの疫学者であるTimKey教授は、次のように述べています。「Cancer Research UKは、加工肉を癌の原因として分類し、赤身の肉を癌の推定原因として分類するのに十分な証拠があるというIARCの決定を支持しています。

「私たちは、赤身の肉と加工肉と腸がんとの関連の可能性について以前から知っていました。これは、実質的な証拠に裏付けられています。

「この決定は、赤身の加工肉を食べるのをやめる必要があるという意味ではありません。しかし、あなたがそれをたくさん食べるならば、あなたは削減について考えたいと思うかもしれません。ソーセージではなく、夕食に魚を食べたり、BLTで昼食に豆サラダを食べたりすることもできます。」

ジャーナルLancetOncologyに記事として掲載された、IARCの声明は、特に加工肉に対して、ラインを大幅に強化しています。しかし、癌の科学者は肉を食べすぎるリスクを懸念していますが、一部の栄養士は、余分なリスクは比較的小さく、肉には他の利点があると主張しています。

栄養と胃腸の健康に関する独立したコンサルタントであり、2010年に肉産業で何らかの仕事をしたことを認める食品研究所の元研究リーダーであるエリザベス・ルンド博士は、赤身の肉は約3つの追加の腸の症例に関連していると述べました先進国の成人10万人あたりのがん。

「はるかに大きな危険因子は肥満と運動不足です」と彼女は言いました。 「全体として、肉を1日1回、果物、野菜、穀物繊維をたっぷりと組み合わせて食べることで、運動と体重管理を行うことで、結腸直腸癌のリスクを低く抑え、よりバランスの取れた食事をとることができると思います。」

食品研究所の名誉フェローであるイアン・ジョンソン教授も、その影響は小さいと述べた。 「腸がんのリスクに対するベーコンとソーセージの悪影響が、既知の化学発がん物質を含んでおり、喫煙者の肺がんのリスクを約1倍増加させるタバコの煙の危険性に匹敵することを示唆することは確かに非常に不適切です。 20倍。」

北米肉研究所は、赤身の肉をガンの危険性として定義することは常識に反すると述べた。

「IARCの会議に出席して、パネリストの多くが、古く、弱く、一貫性のない、自己申告の摂取量データにもかかわらず、特定の結果を目指していることは明らかでした」と、研究所の科学担当副社長であるベッツィーブーレンは述べました。 「彼らは特定の結果を確実にするためにデータを拷問しました。

「赤身の肉と加工肉は、IARCによってレビューされた940のエージェントの中にあり、ある程度の理論上の「危険」をもたらすことがわかっています。ヨガパンツに含まれる化学物質である1つの物質だけが、IARCによって癌を引き起こさないと宣言されています。

「IARCはあなたがヨガのクラスを楽しむことができると言っていますが、空気を吸わないでください(クラス1発がん物質)、太陽がいっぱいの窓の近くに座って(クラス1)、日焼けした場合はアロエベラを塗って(クラス2B)、ワインを飲みますまたはコーヒー(クラス1およびクラス2B)、またはグリル料理(クラス2A)を食べます。そして、あなたが美容師であるか、交代制勤務(両方ともクラス2A)をしているなら、あなたは新しいキャリアを探すべきです。」


加工肉は癌の原因として喫煙と並んでランク付け– WHO

世界保健機関によると、ベーコン、ハム、ソーセージはタバコと並んで癌の主な原因としてランク付けされており、硬化肉や加工肉はアスベスト、アルコール、ヒ素、タバコと同じカテゴリーに分類されています。

WHOの国際がん研究機関からの報告によると、腸がんとの因果関係があるため、加工肉をグループ1の発がん性物質としてランク付けするのに十分な証拠がありました。

赤身の肉は「おそらく人間に対して発がん性がある」としてグループ2Aに分類されます。赤身の肉を食べることは、膵臓がんや前立腺がんにも関連しているとIARCは述べています。

IARCの専門家は、毎日食べられる加工肉の50グラム(1.8オンス)の部分ごとに、結腸直腸癌のリスクが18%増加すると結論付けました。

IARCのモノグラフプログラムの責任者であるカート・ストレイフ博士は、次のように述べています。 「加工肉を消費する人々の数が多いことを考えると、癌の発生率に対する世界的な影響は公衆衛生上重要です。」

IARCの決定は、国際的な科学者による1年間の審議の後、癌研究者によって歓迎されますが、それは業界とそれが資金提供する科学者からの即時の猛烈な反応を引き起こし、タバコと肉の比較を拒否しました。

「私たちが知っていることは、食事で赤身の肉を避けることは癌に対する保護戦略ではないということです」とカーディフ大学の肉諮問委員会のメンバーで神経生物学の名誉教授であるロバート・ピカードは言いました。 「癌予防の最優先事項は、禁煙、正常な体重の維持、および高アルコール摂取の回避です。」

しかし、ハム、ベーコン、ソーセージの執筆は数年前から壁にかかっています。世界がん研究基金は、加工肉はガンの危険性があることを人々に長い間アドバイスしてきました。ハム、ベーコン、サラミなどの製品はできるだけ少なく、牛肉、豚肉、子羊などの赤身の肉は週に500g以下にすることをお勧めします。

オックスフォード大学のCancerResearchUKの疫学者であるTimKey教授は、次のように述べています。「Cancer Research UKは、加工肉を癌の原因として分類し、赤身の肉を癌の推定原因として分類するのに十分な証拠があるというIARCの決定を支持しています。

「私たちは、赤身の肉と加工肉と腸がんとの関連の可能性について以前から知っていました。これは、実質的な証拠に裏付けられています。

「この決定は、赤身の加工肉を食べるのをやめる必要があるという意味ではありません。しかし、あなたがそれをたくさん食べるならば、あなたは削減について考えたいと思うかもしれません。ソーセージではなく、夕食に魚を食べたり、BLTで昼食に豆サラダを食べたりすることもできます。」

ジャーナルLancetOncologyに記事として掲載された、IARCの声明は、特に加工肉に対して、ラインを大幅に強化しています。しかし、癌の科学者は肉を食べすぎるリスクを懸念していますが、一部の栄養士は、余分なリスクは比較的小さく、肉には他の利点があると主張しています。

栄養と胃腸の健康に関する独立したコンサルタントであり、2010年に肉産業で何らかの仕事をしたことを認める食品研究所の元研究リーダーであるエリザベス・ルンド博士は、赤身の肉は約3つの追加の腸の症例に関連していると述べました先進国の成人10万人あたりのがん。

「はるかに大きな危険因子は肥満と運動不足です」と彼女は言いました。 「全体として、肉を1日1回、果物、野菜、穀物繊維をたっぷりと組み合わせて食べることで、運動と体重管理を行うことで、結腸直腸がんのリスクを低く抑え、よりバランスの取れた食事をとることができると思います。」

食品研究所の名誉フェローであるイアン・ジョンソン教授も、その影響は小さいと述べた。 「腸がんのリスクに対するベーコンとソーセージの悪影響が、既知の化学発がん物質を含んでおり、喫煙者の肺がんのリスクを約1倍増加させるタバコの煙の危険性に匹敵することを示唆することは確かに非常に不適切です。 20倍。」

北米肉研究所は、赤身の肉をガンの危険性として定義することは常識に反すると述べた。

「IARCの会議に出席して、パネリストの多くが、古く、弱く、一貫性のない、自己申告の摂取量データにもかかわらず、特定の結果を目指していることは明らかでした」と、研究所の科学担当副社長であるベッツィーブーレンは述べました。 「彼らは特定の結果を確実にするためにデータを拷問しました。

「赤身の肉と加工肉は、IARCによってレビューされた940のエージェントの中にあり、ある程度の理論上の「危険」をもたらすことがわかっています。ヨガパンツに含まれる化学物質である1つの物質だけが、IARCによって癌を引き起こさないと宣言されています。

「IARCはあなたがヨガのクラスを楽しむことができると言っていますが、空気を吸わないでください(クラス1発がん物質)、日光に満ちた窓の近くに座って(クラス1)、日焼けした場合はアロエベラを塗って(クラス2B)、ワインを飲みますまたはコーヒー(クラス1およびクラス2B)、またはグリル料理(クラス2A)を食べます。そして、あなたが美容師であるか、交代制勤務(両方ともクラス2A)をしているなら、あなたは新しいキャリアを探すべきです。」


加工肉は癌の原因として喫煙と並んでランク付け– WHO

世界保健機関によると、ベーコン、ハム、ソーセージはタバコと並んで癌の主な原因としてランク付けされており、硬化肉や加工肉はアスベスト、アルコール、ヒ素、タバコと同じカテゴリーに分類されています。

WHOの国際がん研究機関からの報告によると、腸がんとの因果関係があるため、加工肉をグループ1の発がん性物質としてランク付けするのに十分な証拠がありました。

赤身の肉は「おそらく人間に対して発がん性がある」としてグループ2Aに分類されます。赤身の肉を食べることは、膵臓がんや前立腺がんにも関連しているとIARCは述べています。

IARCの専門家は、毎日食べられる加工肉の50グラム(1.8オンス)の部分ごとに、結腸直腸癌のリスクが18%増加すると結論付けました。

IARCのモノグラフプログラムの責任者であるカート・ストレイフ博士は、次のように述べています。 「加工肉を消費する人々の数が多いことを考えると、癌の発生率に対する世界的な影響は公衆衛生上重要です。」

The decision from the IARC, after a year of deliberations by international scientists, will be welcomed by cancer researchers but it triggered an immediate and furious response from the industry, and the scientists it funds, who rejected any comparison between cigarettes and meat.

“What we do know is that avoiding red meat in the diet is not a protective strategy against cancer,” said Robert Pickard, a member of the Meat Advisory Panel and emeritus professor of neurobiology at Cardiff University. “The top priorities for cancer prevention remain smoking cessation, maintenance of normal body weight and avoidance of high alcohol intakes.”.

But the writing has been on the wall for ham, bacon and sausages for several years. The World Cancer Research Fund has long been advising people that processed meat is a cancer hazard. It advises eating products such as ham, bacon and salami as little as possible and having no more than 500g a week of red meat, including beef, pork and lamb.

Prof Tim Key, Cancer Research UK’s epidemiologist at the University of Oxford, said: “Cancer Research UK supports IARC’s decision that there’s strong enough evidence to classify processed meat as a cause of cancer, and red meat as a probable cause of cancer.

“We’ve known for some time about the probable link between red and processed meat and bowel cancer, which is backed by substantial evidence.

“This decision doesn’t mean you need to stop eating any red and processed meat. But if you eat lots of it you may want to think about cutting down. You could try having fish for your dinner rather than sausages, or choosing to have a bean salad for lunch over a BLT.”

The statement from the IARC, published as an article in the journal Lancet Oncology, substantially toughens the line, especially against processed meat. But while cancer scientists are concerned about the risks of eating too much meat, some nutritionists maintain that the extra risk is relatively small and that meat has other benefits.

Dr Elizabeth Lund – an independent consultant in nutritional and gastrointestinal health, and a former research leader at the Institute of Food Research, who acknowledges she did some work for the meat industry in 2010 – said red meat was linked to about three extra cases of bowel cancer per 100,000 adults in developed countries.

“A much bigger risk factor is obesity and lack of exercise,” she said. “Overall, I feel that eating meat once a day combined with plenty of fruit, vegetables and cereal fibre, plus exercise and weight control, will allow for a low risk of colorectal cancer and a more balanced diet.”

Prof Ian Johnson, emeritus fellow at the Institute of Food Research, also said the effect was small. “It is certainly very inappropriate to suggest that any adverse effect of bacon and sausages on the risk of bowel cancer is comparable to the dangers of tobacco smoke, which is loaded with known chemical carcinogens and increases the risk of lung cancer in cigarette smokers by around twentyfold.”

The North American Meat Institute said defining red meat as a cancer hazard defied common sense.

“It was clear, sitting in the IARC meeting, that many of the panellists were aiming for a specific result despite old, weak, inconsistent, self-reported intake data,” said Betsy Booren, the institute’s vice-president of scientific affairs. “They tortured the data to ensure a specific outcome.

“Red and processed meat are among 940 agents reviewed by the IARC and found to pose some level of theoretical ‘hazard’. Only one substance, a chemical in yoga pants, has been declared by the IARC not to cause cancer.

“The IARC says you can enjoy your yoga class, but don’t breathe air (class 1 carcinogen), sit near a sun-filled window (class 1), apply aloe vera (class 2B) if you get a sunburn, drink wine or coffee (class 1 and class 2B), or eat grilled food (class 2A). And if you are a hairdresser or do shift work (both class 2A), you should seek a new career.”


Processed Meats Rank Alongside Smoking as Cancer Causes – WHO

Bacon, ham and sausages rank alongside cigarettes as a major cause of cancer, the World Health Organisation has said, placing cured and processed meats in the same category as asbestos, alcohol, arsenic and tobacco.

The report from the WHO’s International Agency for Research on Cancer said there was enough evidence to rank processed meats as group 1 carcinogens because of a causal link with bowel cancer.

It places red meat in group 2A, as “probably carcinogenic to humans”. Eating red meat is also linked to pancreatic and prostate cancer, the IARC says.

The IARC’s experts concluded that each 50-gram (1.8-ounce) portion of processed meat eaten daily increased the risk of colorectal cancer by 18%.

“For an individual, the risk of developing colorectal cancer because of their consumption of processed meat remains small, but this risk increases with the amount of meat consumed,” said Dr Kurt Straif, head of the IARC monographs programme. “In view of the large number of people who consume processed meat, the global impact on cancer incidence is of public health importance.”

The decision from the IARC, after a year of deliberations by international scientists, will be welcomed by cancer researchers but it triggered an immediate and furious response from the industry, and the scientists it funds, who rejected any comparison between cigarettes and meat.

“What we do know is that avoiding red meat in the diet is not a protective strategy against cancer,” said Robert Pickard, a member of the Meat Advisory Panel and emeritus professor of neurobiology at Cardiff University. “The top priorities for cancer prevention remain smoking cessation, maintenance of normal body weight and avoidance of high alcohol intakes.”.

But the writing has been on the wall for ham, bacon and sausages for several years. The World Cancer Research Fund has long been advising people that processed meat is a cancer hazard. It advises eating products such as ham, bacon and salami as little as possible and having no more than 500g a week of red meat, including beef, pork and lamb.

Prof Tim Key, Cancer Research UK’s epidemiologist at the University of Oxford, said: “Cancer Research UK supports IARC’s decision that there’s strong enough evidence to classify processed meat as a cause of cancer, and red meat as a probable cause of cancer.

“We’ve known for some time about the probable link between red and processed meat and bowel cancer, which is backed by substantial evidence.

“This decision doesn’t mean you need to stop eating any red and processed meat. But if you eat lots of it you may want to think about cutting down. You could try having fish for your dinner rather than sausages, or choosing to have a bean salad for lunch over a BLT.”

The statement from the IARC, published as an article in the journal Lancet Oncology, substantially toughens the line, especially against processed meat. But while cancer scientists are concerned about the risks of eating too much meat, some nutritionists maintain that the extra risk is relatively small and that meat has other benefits.

Dr Elizabeth Lund – an independent consultant in nutritional and gastrointestinal health, and a former research leader at the Institute of Food Research, who acknowledges she did some work for the meat industry in 2010 – said red meat was linked to about three extra cases of bowel cancer per 100,000 adults in developed countries.

“A much bigger risk factor is obesity and lack of exercise,” she said. “Overall, I feel that eating meat once a day combined with plenty of fruit, vegetables and cereal fibre, plus exercise and weight control, will allow for a low risk of colorectal cancer and a more balanced diet.”

Prof Ian Johnson, emeritus fellow at the Institute of Food Research, also said the effect was small. “It is certainly very inappropriate to suggest that any adverse effect of bacon and sausages on the risk of bowel cancer is comparable to the dangers of tobacco smoke, which is loaded with known chemical carcinogens and increases the risk of lung cancer in cigarette smokers by around twentyfold.”

The North American Meat Institute said defining red meat as a cancer hazard defied common sense.

“It was clear, sitting in the IARC meeting, that many of the panellists were aiming for a specific result despite old, weak, inconsistent, self-reported intake data,” said Betsy Booren, the institute’s vice-president of scientific affairs. “They tortured the data to ensure a specific outcome.

“Red and processed meat are among 940 agents reviewed by the IARC and found to pose some level of theoretical ‘hazard’. Only one substance, a chemical in yoga pants, has been declared by the IARC not to cause cancer.

“The IARC says you can enjoy your yoga class, but don’t breathe air (class 1 carcinogen), sit near a sun-filled window (class 1), apply aloe vera (class 2B) if you get a sunburn, drink wine or coffee (class 1 and class 2B), or eat grilled food (class 2A). And if you are a hairdresser or do shift work (both class 2A), you should seek a new career.”


Processed Meats Rank Alongside Smoking as Cancer Causes – WHO

Bacon, ham and sausages rank alongside cigarettes as a major cause of cancer, the World Health Organisation has said, placing cured and processed meats in the same category as asbestos, alcohol, arsenic and tobacco.

The report from the WHO’s International Agency for Research on Cancer said there was enough evidence to rank processed meats as group 1 carcinogens because of a causal link with bowel cancer.

It places red meat in group 2A, as “probably carcinogenic to humans”. Eating red meat is also linked to pancreatic and prostate cancer, the IARC says.

The IARC’s experts concluded that each 50-gram (1.8-ounce) portion of processed meat eaten daily increased the risk of colorectal cancer by 18%.

“For an individual, the risk of developing colorectal cancer because of their consumption of processed meat remains small, but this risk increases with the amount of meat consumed,” said Dr Kurt Straif, head of the IARC monographs programme. “In view of the large number of people who consume processed meat, the global impact on cancer incidence is of public health importance.”

The decision from the IARC, after a year of deliberations by international scientists, will be welcomed by cancer researchers but it triggered an immediate and furious response from the industry, and the scientists it funds, who rejected any comparison between cigarettes and meat.

“What we do know is that avoiding red meat in the diet is not a protective strategy against cancer,” said Robert Pickard, a member of the Meat Advisory Panel and emeritus professor of neurobiology at Cardiff University. “The top priorities for cancer prevention remain smoking cessation, maintenance of normal body weight and avoidance of high alcohol intakes.”.

But the writing has been on the wall for ham, bacon and sausages for several years. The World Cancer Research Fund has long been advising people that processed meat is a cancer hazard. It advises eating products such as ham, bacon and salami as little as possible and having no more than 500g a week of red meat, including beef, pork and lamb.

Prof Tim Key, Cancer Research UK’s epidemiologist at the University of Oxford, said: “Cancer Research UK supports IARC’s decision that there’s strong enough evidence to classify processed meat as a cause of cancer, and red meat as a probable cause of cancer.

“We’ve known for some time about the probable link between red and processed meat and bowel cancer, which is backed by substantial evidence.

“This decision doesn’t mean you need to stop eating any red and processed meat. But if you eat lots of it you may want to think about cutting down. You could try having fish for your dinner rather than sausages, or choosing to have a bean salad for lunch over a BLT.”

The statement from the IARC, published as an article in the journal Lancet Oncology, substantially toughens the line, especially against processed meat. But while cancer scientists are concerned about the risks of eating too much meat, some nutritionists maintain that the extra risk is relatively small and that meat has other benefits.

Dr Elizabeth Lund – an independent consultant in nutritional and gastrointestinal health, and a former research leader at the Institute of Food Research, who acknowledges she did some work for the meat industry in 2010 – said red meat was linked to about three extra cases of bowel cancer per 100,000 adults in developed countries.

“A much bigger risk factor is obesity and lack of exercise,” she said. “Overall, I feel that eating meat once a day combined with plenty of fruit, vegetables and cereal fibre, plus exercise and weight control, will allow for a low risk of colorectal cancer and a more balanced diet.”

Prof Ian Johnson, emeritus fellow at the Institute of Food Research, also said the effect was small. “It is certainly very inappropriate to suggest that any adverse effect of bacon and sausages on the risk of bowel cancer is comparable to the dangers of tobacco smoke, which is loaded with known chemical carcinogens and increases the risk of lung cancer in cigarette smokers by around twentyfold.”

The North American Meat Institute said defining red meat as a cancer hazard defied common sense.

“It was clear, sitting in the IARC meeting, that many of the panellists were aiming for a specific result despite old, weak, inconsistent, self-reported intake data,” said Betsy Booren, the institute’s vice-president of scientific affairs. “They tortured the data to ensure a specific outcome.

“Red and processed meat are among 940 agents reviewed by the IARC and found to pose some level of theoretical ‘hazard’. Only one substance, a chemical in yoga pants, has been declared by the IARC not to cause cancer.

“The IARC says you can enjoy your yoga class, but don’t breathe air (class 1 carcinogen), sit near a sun-filled window (class 1), apply aloe vera (class 2B) if you get a sunburn, drink wine or coffee (class 1 and class 2B), or eat grilled food (class 2A). And if you are a hairdresser or do shift work (both class 2A), you should seek a new career.”


Processed Meats Rank Alongside Smoking as Cancer Causes – WHO

Bacon, ham and sausages rank alongside cigarettes as a major cause of cancer, the World Health Organisation has said, placing cured and processed meats in the same category as asbestos, alcohol, arsenic and tobacco.

The report from the WHO’s International Agency for Research on Cancer said there was enough evidence to rank processed meats as group 1 carcinogens because of a causal link with bowel cancer.

It places red meat in group 2A, as “probably carcinogenic to humans”. Eating red meat is also linked to pancreatic and prostate cancer, the IARC says.

The IARC’s experts concluded that each 50-gram (1.8-ounce) portion of processed meat eaten daily increased the risk of colorectal cancer by 18%.

“For an individual, the risk of developing colorectal cancer because of their consumption of processed meat remains small, but this risk increases with the amount of meat consumed,” said Dr Kurt Straif, head of the IARC monographs programme. “In view of the large number of people who consume processed meat, the global impact on cancer incidence is of public health importance.”

The decision from the IARC, after a year of deliberations by international scientists, will be welcomed by cancer researchers but it triggered an immediate and furious response from the industry, and the scientists it funds, who rejected any comparison between cigarettes and meat.

“What we do know is that avoiding red meat in the diet is not a protective strategy against cancer,” said Robert Pickard, a member of the Meat Advisory Panel and emeritus professor of neurobiology at Cardiff University. “The top priorities for cancer prevention remain smoking cessation, maintenance of normal body weight and avoidance of high alcohol intakes.”.

But the writing has been on the wall for ham, bacon and sausages for several years. The World Cancer Research Fund has long been advising people that processed meat is a cancer hazard. It advises eating products such as ham, bacon and salami as little as possible and having no more than 500g a week of red meat, including beef, pork and lamb.

Prof Tim Key, Cancer Research UK’s epidemiologist at the University of Oxford, said: “Cancer Research UK supports IARC’s decision that there’s strong enough evidence to classify processed meat as a cause of cancer, and red meat as a probable cause of cancer.

“We’ve known for some time about the probable link between red and processed meat and bowel cancer, which is backed by substantial evidence.

“This decision doesn’t mean you need to stop eating any red and processed meat. But if you eat lots of it you may want to think about cutting down. You could try having fish for your dinner rather than sausages, or choosing to have a bean salad for lunch over a BLT.”

The statement from the IARC, published as an article in the journal Lancet Oncology, substantially toughens the line, especially against processed meat. But while cancer scientists are concerned about the risks of eating too much meat, some nutritionists maintain that the extra risk is relatively small and that meat has other benefits.

Dr Elizabeth Lund – an independent consultant in nutritional and gastrointestinal health, and a former research leader at the Institute of Food Research, who acknowledges she did some work for the meat industry in 2010 – said red meat was linked to about three extra cases of bowel cancer per 100,000 adults in developed countries.

“A much bigger risk factor is obesity and lack of exercise,” she said. “Overall, I feel that eating meat once a day combined with plenty of fruit, vegetables and cereal fibre, plus exercise and weight control, will allow for a low risk of colorectal cancer and a more balanced diet.”

Prof Ian Johnson, emeritus fellow at the Institute of Food Research, also said the effect was small. “It is certainly very inappropriate to suggest that any adverse effect of bacon and sausages on the risk of bowel cancer is comparable to the dangers of tobacco smoke, which is loaded with known chemical carcinogens and increases the risk of lung cancer in cigarette smokers by around twentyfold.”

The North American Meat Institute said defining red meat as a cancer hazard defied common sense.

“It was clear, sitting in the IARC meeting, that many of the panellists were aiming for a specific result despite old, weak, inconsistent, self-reported intake data,” said Betsy Booren, the institute’s vice-president of scientific affairs. “They tortured the data to ensure a specific outcome.

“Red and processed meat are among 940 agents reviewed by the IARC and found to pose some level of theoretical ‘hazard’. Only one substance, a chemical in yoga pants, has been declared by the IARC not to cause cancer.

“The IARC says you can enjoy your yoga class, but don’t breathe air (class 1 carcinogen), sit near a sun-filled window (class 1), apply aloe vera (class 2B) if you get a sunburn, drink wine or coffee (class 1 and class 2B), or eat grilled food (class 2A). And if you are a hairdresser or do shift work (both class 2A), you should seek a new career.”


Processed Meats Rank Alongside Smoking as Cancer Causes – WHO

Bacon, ham and sausages rank alongside cigarettes as a major cause of cancer, the World Health Organisation has said, placing cured and processed meats in the same category as asbestos, alcohol, arsenic and tobacco.

The report from the WHO’s International Agency for Research on Cancer said there was enough evidence to rank processed meats as group 1 carcinogens because of a causal link with bowel cancer.

It places red meat in group 2A, as “probably carcinogenic to humans”. Eating red meat is also linked to pancreatic and prostate cancer, the IARC says.

The IARC’s experts concluded that each 50-gram (1.8-ounce) portion of processed meat eaten daily increased the risk of colorectal cancer by 18%.

“For an individual, the risk of developing colorectal cancer because of their consumption of processed meat remains small, but this risk increases with the amount of meat consumed,” said Dr Kurt Straif, head of the IARC monographs programme. “In view of the large number of people who consume processed meat, the global impact on cancer incidence is of public health importance.”

The decision from the IARC, after a year of deliberations by international scientists, will be welcomed by cancer researchers but it triggered an immediate and furious response from the industry, and the scientists it funds, who rejected any comparison between cigarettes and meat.

“What we do know is that avoiding red meat in the diet is not a protective strategy against cancer,” said Robert Pickard, a member of the Meat Advisory Panel and emeritus professor of neurobiology at Cardiff University. “The top priorities for cancer prevention remain smoking cessation, maintenance of normal body weight and avoidance of high alcohol intakes.”.

But the writing has been on the wall for ham, bacon and sausages for several years. The World Cancer Research Fund has long been advising people that processed meat is a cancer hazard. It advises eating products such as ham, bacon and salami as little as possible and having no more than 500g a week of red meat, including beef, pork and lamb.

Prof Tim Key, Cancer Research UK’s epidemiologist at the University of Oxford, said: “Cancer Research UK supports IARC’s decision that there’s strong enough evidence to classify processed meat as a cause of cancer, and red meat as a probable cause of cancer.

“We’ve known for some time about the probable link between red and processed meat and bowel cancer, which is backed by substantial evidence.

“This decision doesn’t mean you need to stop eating any red and processed meat. But if you eat lots of it you may want to think about cutting down. You could try having fish for your dinner rather than sausages, or choosing to have a bean salad for lunch over a BLT.”

The statement from the IARC, published as an article in the journal Lancet Oncology, substantially toughens the line, especially against processed meat. But while cancer scientists are concerned about the risks of eating too much meat, some nutritionists maintain that the extra risk is relatively small and that meat has other benefits.

Dr Elizabeth Lund – an independent consultant in nutritional and gastrointestinal health, and a former research leader at the Institute of Food Research, who acknowledges she did some work for the meat industry in 2010 – said red meat was linked to about three extra cases of bowel cancer per 100,000 adults in developed countries.

“A much bigger risk factor is obesity and lack of exercise,” she said. “Overall, I feel that eating meat once a day combined with plenty of fruit, vegetables and cereal fibre, plus exercise and weight control, will allow for a low risk of colorectal cancer and a more balanced diet.”

Prof Ian Johnson, emeritus fellow at the Institute of Food Research, also said the effect was small. “It is certainly very inappropriate to suggest that any adverse effect of bacon and sausages on the risk of bowel cancer is comparable to the dangers of tobacco smoke, which is loaded with known chemical carcinogens and increases the risk of lung cancer in cigarette smokers by around twentyfold.”

The North American Meat Institute said defining red meat as a cancer hazard defied common sense.

“It was clear, sitting in the IARC meeting, that many of the panellists were aiming for a specific result despite old, weak, inconsistent, self-reported intake data,” said Betsy Booren, the institute’s vice-president of scientific affairs. “They tortured the data to ensure a specific outcome.

“Red and processed meat are among 940 agents reviewed by the IARC and found to pose some level of theoretical ‘hazard’. Only one substance, a chemical in yoga pants, has been declared by the IARC not to cause cancer.

“The IARC says you can enjoy your yoga class, but don’t breathe air (class 1 carcinogen), sit near a sun-filled window (class 1), apply aloe vera (class 2B) if you get a sunburn, drink wine or coffee (class 1 and class 2B), or eat grilled food (class 2A). And if you are a hairdresser or do shift work (both class 2A), you should seek a new career.”