新しいレシピ

最近の法律が引き継ぐにつれて、ニューイングランドの魚は希少になります

最近の法律が引き継ぐにつれて、ニューイングランドの魚は希少になります


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

ニューイングランドは豊富な新鮮な魚の供給で知られており、観光客が保存された植民地時代の町を訪れる魅力的な理由ですが、新しい制限が実施されると、それは変わる可能性があります。

5月1日発効NS、 NS 米国海洋大気庁 (NOAA)新設 所持制限、メイン州の湾の漁師がドックを返すことを許可されているブリ、ハドック、ヒラメなどの魚の量を制限します。今年初めに発表された制限は、2013年4月30日まで続き、2013年4月30日まで、さらに適用されるか、それに応じて変更されます。

法律が発表されて間もなく、ボストンの米国地方裁判所は 訴訟 NOAAに対して、NOAAは、これらの規制がもたらす劇的な経済的影響を考慮していなかったと主張しました。法案の目的は管理することですが 調整する 漁師が一般に販売できる製品であり、顧客にとって魚が健康であり続け、湾内の魚が繁栄し続けることを保証することは、漁師にとってコストがかかります。

調査 実施 マサチューセッツ大学によると、この規制により、漁業で約20億ドルが削減される可能性があり、漁師からレストラン経営者までの約80,000人の雇用が削減される可能性があることがわかりました。制限の両側に貴重なポイントがあるため、私たちはより重要なもの、経済、または愛されておいしいニューイングランドの魚市場を選択する必要があります。


夕食は何ですか?あなたの先祖がその日に食べたもの

考古学者によると、あなたのインダスバレーの祖先(紀元前3300年から1300年)は、肉よりも多くの果物と野菜を含む健康的な食事を食べていました。彼らは牛、豚、羊、山羊を食料として飼育し、ナツメヤシ、ブドウ、メロンを育てました。彼らの畑作物には小麦とエンドウ豆が含まれていました。

私たちの食事は何世紀にもわたってどのように進化しましたか、そして私たちのより最近の祖先は何を食べましたか?

中世イングランド(5世紀から15世紀)

中世のほとんどの人々は、自分たちの食べ物を育てたり、育てたり、狩ったりした農民でした。彼らは小麦粉から作られた白パンを好みましたが、農民は通常、彼らが育てることができたライ麦と大麦からパンを焼きました(小麦はよく育つためにたくさんの肥料を必要としたので、農民と領主だけが一般的に小麦パンを持っていました)。不作の後、農民はパンに豆、エンドウ豆、またはどんぐりを入れなければならないことがありました。それらは荘園領主のオーブンで焼き、使用するためにお金を払わなければなりませんでした。自分のオーブンを持つことは許可されていませんでした。 。

彼らは通常、オーツ麦から作られた、時には豆、エンドウ豆、カブやパースニップなどの野菜を含む、ポタージュと呼ばれる種類のスープまたはシチューを食べました。彼らは豚と羊を肉用に飼育し、動物の血を使ってブラックプディング(血、牛乳、動物性脂肪、オートミールで作った料理)を作りました。彼らは時々魚やチーズを食べ、川から水(通常は汚れている)と牛から牛乳を飲みました。村では、人々がエールを作って飲んだ。

もちろん、主ははるかによく食べました。彼らのパンは白く、食事ごとにたくさんの肉や魚の料理がありました。夕食には鳩のパイがあるかもしれません。彼らは定期的にワインやエールを飲みました。

ジャガイモの前のアイルランド

ジャガイモは実際にはペルーであり、1600年代後半までアイルランドに到着しませんでした。それで、アイルランドの人々はその前に何を食べましたか?乳糖不耐症のアイルランド人は、食事の多くが乳製品を中心に展開しているため、残念です。彼らはミルクとバターミルクを飲み、新鮮な豆腐を食べ、ホエーを水と混ぜて&#8220blaand&#8221と呼ばれる酸っぱい飲み物を作りました。それらに、おそらく風味のために)。

ジャガイモ以前のアイルランドの他の主要な食品は穀物であり、ほとんどがオート麦であり、オートケーキにされました。アイルランドでは育ちにくい小麦は、ほとんどが裕福な人々に食べられていました。人々は時々肉や魚で穀物や牛乳を補い、キャベツ、タマネギ、ニンニク、パースニップを育て、野生の野菜を食べました。

[写真提供者:Shutterstock]

アメリカ植民地時代(1600年代と1700年代)

ミドル植民地には、小麦、大麦、オーツ麦、ライ麦、トウモロコシなど、非常に多くの作物を栽培したことから「穀倉地帯」として知られる小さな農場がたくさんありました。彼らはまた、カボチャ、スカッシュ、豆を育てました。南部では、作物は一年中成長し、トウモロコシ、野菜、穀物、果物、家畜を他の植民地に輸出する大規模なプランテーションや農場がありました。コロニーはまた、タラ、オヒョウ、サバ、マグロ、マス、サーモン、アサリ、カキ、ロブスター、ムール貝などの魚やシーフードを利用できました。彼らは狩猟鳥も狩りました。

植民地のほとんどのイギリス人入植者は1日3食を食べました。朝食はパンまたはコーンミールのマッシュとミルクティーでした。最大の食事である夕食は、通常、正午または午後半ばであり、1つまたは2つの肉、野菜、およびデザートが含まれる場合があります。夕方の夕食は、朝食のような小さな食事でした。おそらく、パンとチーズ、マッシュまたはヘイスティプディング、または正午の食事の残り物です。紳士にとって、夕食は社交的な食事であり、季節には肉やカキなどの貝などの温かい食べ物が含まれる可能性があります。

冷蔵がなく、厳しい冬には狩猟が困難だったため、入植者たちは塩漬け、燻製、酸洗い、乾燥、ジャム、マーマレード、シロップなどのジャムを作ることで食べ物を保存しました。彼らがフレーバーに使用したハーブのいくつかには、バジル、ラベージ、ミント、パレー、セージ、ディルが含まれていました。彼らはコーヒー、お茶、チョコレートの飲み物を飲みました。

18世紀後半のアメリカについて話すフランス人C.F.ヴォルニーは、食べ物に感銘を受けませんでした。彼は次のように書いています。「胃、歯、そして健康全般を傷つけるために最も計算されたレジメンの計画に対して賞が提案された場合、アメリカ人よりも優れたものを発明することはできません。」 #8221

南北戦争(1861-1865)

南北戦争の前は、ほとんどの人が野菜畑を育て、家畜を飼育し、狩りをし、食べ物を保存していました。北部の家族は糖蜜で調理したシーフードチャウダーやボストンベイクドビーンズを食べるかもしれませんが、南部の家族はコラードグリーンとクラックリンパン(揚げ脂肪を混ぜたコーンパン)を楽しむでしょう。

しかし、戦争が長引くにつれて、特に南部では食糧が不足しました(参照 風と共に去りぬ)。両側の兵士が缶詰の豆(缶詰が入手可能になり始めたばかり)とパンを食べました。両軍は塩豚とコーヒーを供給しましたが、しばらくすると、南部では後者を手に入れるのは困難でした。民間人もまた、入手可能なものを食べなければならず、新鮮なゲームを常に食べることができるとは限らず、兵士の中には、十分な食料が不足しているため、出会った農家から食料や家畜を盗んだ。

[写真提供者:Shutterstock]

ビクトリア朝のイングランド(1837-1901)

最も貧しい人々は主にジャガイモ、パン、チーズを食べました。労働者階級の人々は週に数回肉を食べていたかもしれませんが、中産階級は1日に3回おいしい食事を食べました。食べられる一般的な食べ物には、卵、ベーコンとパン、マトン、豚肉、ジャガイモ、米がありました。彼らはミルクを飲み、砂糖とジャムを食べました。これは、アフタヌーンティーの英国の伝統が始まったときです。ビクトリア朝時代の初めに、人々は地元で入手可能なものを食べたり、漬けて保存したりしました。鉄道が利用可能になった時代の後半、輸送用冷蔵により肉や魚の輸入が容易になりました。

1930年代のアメリカ

大恐慌が続いていて、食べ物を買う余裕がなかったために空腹になった人もいました。仕事をした人もいましたが、多くの人が失業しました。人々は自分たちが育てて缶詰にしたもの、買う余裕のあるもの、または清掃したものを食べました。タンポポの野菜、野生のベリーや果物、リスやホリネズミなどを食べた人もいました。大恐慌時代に導入された経済的な食品には、スパム、クラフトマカロニアンドチーズ、ビスクィック、リッツクラッカーなどがあります。ある調査によると、ニューヨーク市の子供たちの20%が低体重であり、アパラチアなどの最貧地域では最大90%でした。大都市には、人々が無料の食事のために並んでいる炊き出しがありました。これは、米国政府がフードスタンププログラムを開始したときです。

第二次世界大戦—イギリス

食糧は配給制であり、人々は「勝利のために掘る」ことと野菜畑を植えることを奨励されたので、彼らはより多くの食糧を自給自足できるようになりました。

イギリスでは、配給本で砂糖、ベーコン、バター、肉、お茶、ジャム、チーズ、牛乳、卵、調理用脂肪などの限られた量の食品を購入することができました。保証はされていませんが、人々は2週間ごとに1個の卵を許可され、1週間に1ポンドの肉が許可されました。チーズの配給量は、1人1週間あたり1オンスから最大8オンスまでさまざまでした。輸入される小麦が少なくなるにつれて、そこにある穀物からより多くの小麦粉が抽出され、結果として得られた全粒粉パンは、人々が慣れていた白パンとは異なりますが、実際にはより健康的でした。

1942年以降、政府は隔月で1人あたり1パケットの乾燥卵(12個の卵に相当)を配布しました。 (乾燥卵はゴム状のオムレツになりました。)戦時中は配給されなかったパンとジャガイモはその後配給され、お茶は1952年まで配給され続けました。すべての配給は戦争が終わったずっと後の1954年にようやく終わりました。


黒いくま

ツキノワグマ(ウルサスアメリカヌス)は、北米で見つかった3つのクマ種の中で最小です。バーモントで見つかった唯一のクマです。

ツキノワグマは食肉目のメンバーであり、犬、猫、イタチ、アライグマも含まれます。

バーモントクロクマは比較的恥ずかしがり屋の動物であり、人々にめったに見られません。バーモント州のクマは人の少ない野生の地域を好むため、これはクマの分布に影響を与える重要な要因です。したがって、クマは人口密集地域に近づく可能性が低くなります。しかし、自然の食料供給が少ない時期には、クマは鳥の餌箱やゴミ箱に引き付けられ、人々の迷惑になったり、潜在的な危険になる可能性があります。

ハビタ

バーモント州のツキノワグマの最良の生息地は、針葉樹、広葉樹、湿地、および地形の変化の混合物です。彼らは危険を逃れるために密な覆いを必要とするので、用心深くてとらえどころのないツキノワグマは荒くて樹木が茂った生息地を好みます。生息地も近くに十分な水が供給されている必要があります。

針葉樹は、悪天候からの隠蔽と保護を提供します。ブナとオークの林分は、湿地とともに、バーモント州のクマにとって重要な餌場です。

クマは通常静かで一人で旅行します。例外は、交尾期の家族グループと繁殖期の成虫です。家族グループは通常、大人の女性とその子で構成され、2番目の春に彼女と一緒に移動します。

ツキノワグマは、成熟した果物を食べたり、危険を回避する手段として、木に登ります。クマは大きな枝にある木の幹の近くに座り、他の枝を引き寄せてナッツを食べます。この食事場所は大きな鳥の巣のように見え、すべての枝が中央に向かって引っ張られています。クマは爪を使って木に登り、通常は幹に爪の跡が見られます。

クマはしばしば冬眠すると考えられていますが、真の冬眠者ではありません。真の冬眠中は、体温、呼吸、代謝率が大幅に低下します。

クマの呼吸と代謝率は冬の睡眠中に減少しますが、その温度は通常に近いままです。したがって、冬眠中のクマはすぐに簡単に興奮する可能性がありますが、真の冬眠者では数時間かかる場合があります。

食料供給は、秋にクマが巣を作る時期を決定する最も重要な要素です。食べ物が豊富なとき、クマは11月から12月まで雪の中で食べ続けます。秋の食べ物が不足しているとき、ほとんどのクマは11月中旬までに巣穴になります。

巣穴は一般的にブラシの山です。それはまた、大きな木のくぼみや、丸太、木、または上向きの根の根元に掘られた保護された窪みや空洞、あるいは丘の中腹に掘られた単純な穴でさえ、岩だらけの棚のポケットや洞窟である可能性があります。

オスのクマはほとんどどこにでも巣を作ります。しかし、女性はより具体的であり、保護された場所を選択し、剥ぎ取られた樹皮、葉、草、シダ、またはコケでそれらを裏打ちします。

再生

クマは約3年半で成熟します。ツキノワグマは隔年で出産します。繁殖期は6月と7月です。

交尾後、受精卵は母親の子宮に入れられず、秋まで成長しません。このプロセスは「遅延注入」と呼ばれます。卵は、女性が150ポンドの最小体重に達した場合にのみ成長し始めます。

カブスを生産する女性の能力は、秋の食料供給に直接関係しています。拒否する前に食料が不足していると、メスはカブを育てるのに十分な脂肪を蓄えられない可能性があるため、カブは生まれません。

不十分な食糧供給はまた、胎児の発育と子の生存に影響を与える可能性があります。ほとんどの年で、カブの死亡率は約20%ですが、食糧不足の年には50%にもなる可能性があります。栄養価の高い雌は、より健康的でより大きなカブスをより多く産む可能性がはるかに高くなります。

カブスは、母親が否定している間、1月下旬または2月上旬に生まれます。カブの数は1から5までさまざまですが、平均は2です。

カブスは、出生時の体重がわずか8〜10オンスで、シマリスほどの大きさです。カブは生後約16ヶ月になるまで母親と一緒にいます。若い女性は母親の行動圏の近くにとどまるかもしれませんが、若い男性は自分の領土を見つけなければなりません。

ツキノワグマは食肉目に属していますが、植物と動物の両方を食べる真の雑食動物です。主要な食料源には種子や昆虫が含まれますが、ツキノワグマは日和見主義者であり、その道を横切るほぼすべてのものを食べます。春先はクマにとって一年で最も難しい時期です。現時点では、食料が不足しており、クマは生き続けるために集中的に清​​掃する必要があります。湿地が最初に緑化するので、湿地の草と緑の葉の多い植物が春のツキノワグマの主要な食物であることがわかりました。しかし、これらは栄養価が限られているため、クマは残りの脂肪の蓄えから引き出し続けます。

彼らが巣穴から出てきてから7月末まで、彼らの活動は森林に覆われた湿地、ビーバーダム、そして小川や川岸に沿って集中しています。

通常、クマは十分なレベルの栄養を取り戻す前に、初夏から真夏まで待たなければなりません。初夏までに、クマは、アリサエマトリの根や、入手可能になり始めているベリーなど、さまざまな多肉植物を食べる機会があります。クマはこの時点で若い鹿やヘラジカを捕食することもありますが、クマはこれらの食料源を積極的に探しません。この間、クマが1つのアイテムだけに集中できるほど豊富な単一の食料源はありません。

夏が進むにつれて、ラズベリー、ブルーベリー、ブラックベリーが熟します。これらの作物が豊富な場合、クマは糖度の高い濃縮された食料源に身を浸します。

8月下旬までに、クマは最も栄養価の高い食べ物を探します。できるだけ多くのエネルギーを蓄えるために、彼らは1日24時間まで食べます。ブナとドングリが豊富な場合、クマは生産的なブナとオークの林分に移動し、ナッツを大量に消費します。クマは秋の食料供給に到達するために何マイルも移動する可能性があり、数週間ブナの餌を探し続けます。

他の秋の食べ物には、サクランボ、リンゴ、多肉植物、ベリーなどがあります。クマはまた、トウモロコシやオーツ麦の入手可能な作物を食べ、一般的にミツバチの巣箱を襲撃します。

管理

1941年、ツキノワグマは大物の動物の地位に昇格し、バーモント州の法律の下で保護を受けました。ツキノワグマの収穫技術は、1967年に捕獲を禁止し、猟犬の使用を規制し、餌を禁止し、1972年にダンプでのクマの射撃を禁止することによってさらに規制されました。

生息地の改善と管理努力により、バーモント州のツキノワグマは力強い復活を遂げました。彼らの数は、今日では200年前よりも多くなっています。

バーモント州のツキノワグマの個体数を綿密に監視および管理することは、バーモント州が将来も健康で豊富な状態を維持できるようにするために必要です。彼らの将来に対する主な関心事は彼らの生息地に関係しています。主な懸念事項には、どんぐりやブナなどの重要な野生食品の開発とさまざまな生産が含まれます。

バーモント州のツキノワグマ管理プログラムには、次の4つの要素があります。

  • 国民を教育し、
  • クマの生息地を保護し、
  • 収穫と利用の規制、
  • 動物の被害や公安問題への対応。

状態

毎年収穫されたクマの性別と年齢を調べることにより、野生生物の生物学者はバーモント州のクマの個体数を推定することができます。クマの数は現在、ヨーロッパでの定住前からのどの時点よりも多いと考えられています。

規制された狩猟は、個体数の推定値を生物学的データ、生息地の制限、および公共の満足度データと整合させて、4,500〜6,000頭のクマの個体数を維持するために使用されます。

ヨーロッパ人の入植者が到着する前は、バーモント州のほとんどは鬱蒼とした森林地帯であり、理想的なクマの生息地を提供していました。しかし、1850年代までに、バーモント州の土地面積のほぼ75%が農地のために開墾されました。その結果、クマは当時最低の個体数レベルでした。

1850年代から現在に至るまで、土地利用は劇的に変化しました。かつては豊富だった牧草地や畑はゆっくりと森林に戻り、今日ではバーモント州の80%以上が再び森林に覆われています。その結果、バーモント州のツキノワグマの生息地の質が大幅に向上しました。

クマの数が最も多いのは、マサチューセッツ州からカナダまでのグリーン山脈の中央の背骨と、バーモント州の北東部です。


ロブスターロールを作るためにライブロブスターを購入する必要がありますか?

生きているアカザエビは緑がかった青色で、調理すると真っ赤になります。

確かに、生きたアカザエビを購入し、それを調理してから肉を取り出すのは、恐ろしいことは言うまでもなく、骨の折れる作業です。私たちは毎年夫の誕生日にアカザエビを飼っています。夫はいつもアカザエビを料理したり割ったりする仕事をしています。しかし、彼は気にしないようです。それは彼にとっての瞑想のようなものだと思います。

オンラインでロブスターミートの価格を設定したところ、とても高価に見えましたが、ここでロブスター全体からロブスターロールを作ってみると、コストの差はごくわずかであることに気づきました。

ロブスターロール、ロブスターサラダを作ったり、冷やして提供したりするときは、少なくとも冷凍ロブスターの購入を検討してください。確かに、生きたロブスターが最高ですが、冷凍が最も簡単で、冷やして提供する場合、味と食感に大きな違いはありません。

冷凍ロブスターは本当に再加熱すべきではありません。

素敵な冷たいビールはロブスターロールと完璧に合います


2019調査プロジェクト

メイン州での調査調査へのアメリカンプレイスや他のヒラメの入手可能性に影響を与える要因

F / Vカレンエリザベスの船尾にあるツイントロール網。異なるネット構成を使用してヒラメの漁獲量を比較するために、この船に乗って4つの実験が行われました。写真:NOAA水産

北東水産科学センター

共同編集者:タイラー・パブロウィッチ

マサチューセッツ海洋水産局

北東水産科学センター

資金調達: $103,000

問題: 気候の変化は、漁師や科学者によって観察されたメイン州の底魚分布の変化を説明するかもしれません。種の分布の地理的変化も、移動のタイミングの変化に関連している可能性があります。これらの分布と移動の変化がヒラメの調査への利用可能性も変化させる場合、調査漁獲量から導き出され、資源評価に使用される個体群指数にバイアスがかかる可能性があります。私たちの目標は、漁業の専門家と協力してこれらの問題を調査し、必要に応じて運用上の在庫評価でそれらを説明するためのツールを開発することです。

アプローチ: これは進行中のプロジェクトです。今年は、フェーズ1で漁師から収集した情報を取り入れた共同調査実験を継続します。得られた情報を使用して、資源評価に使用するためのより良い漁獲可能性の推定値を作成します。次に、連邦政府の調査が行われていなかった時期に、2006年まで、いつ、どこで、どれだけの量のカレイが上陸したかを追跡します。最後に、結果を在庫評価に統合する方法を見つけようとします。

期待される成果:

  • カレイの分布と移動の変化についてのより良い理解
  • 資源評価で使用するための調査に対するヒラメの利用可能性指標
  • カレイ漁業の重要な社会生態学的側面の要約
  • 資源評価と管理決定の根底にある科学のより良い理解

北東地域気候行動計画の優先事項: NERAPアクション1-気候関連の委託条件と資源評価の分析をより重視するアクション2-環境用語を含む資源評価モデルの開発を継続するアクション6-空間的および時間的理解を深めることにより、生きている海洋資源の空間的管理を改善する分布、移動、生物季節学アクション10-管理者に提供される評価と科学的アドバイスを改善することを目的として、生きている海洋資源に対する複数の気候要因の機械的影響に関する研究を実施します。

メイン湾の共同固定ギア底長線調査:ニューイングランドの底魚評価の改善と資源構造の理解

北東水産科学センター

北東水産科学センター

資金調達: $450,000

問題:時系列のデータを維持することは、気候変動が漁業、種の分布、および好ましい生息地と比較した豊度に及ぼす影響を理解するために重要です。対象となる種の多くはその範囲の南限にあり、気候変動に対して非常に脆弱であり、一部はデータが少なく、より豊富な底魚の漁獲を制限できる小さな割当量を持っています。メイン州の底はえ縄調査は、商業漁船で実施され、底魚と岩底の生息地から収集されたいくつかのデータの乏しい種に関する生物学的データを提供します。これらのデータを水産資源評価に組み込むには、はえ縄調査の時系列が必要です。

アプローチ: メイン州湾の協力的な底延縄調査では、固定はえ縄漁具を使用し、トロール網では容易にサンプリングできない複雑な岩の多い生息地に焦点を当てています。収集されたデータは、他の水産に依存しない調査、特に北東水産科学センターの底引き網調査から得られたデータを補完します。この調査では、より大きなサイズの重要な底魚を老化させるために使用されるサンプルも得られます。これにより、評価に使用される年齢キーの精度が向上します。各ステーションでは、底部の温度、電流、生息地のデータも収集されます。これらは、研究者が環境パラメータの変化に関連する魚の量と分布の変化を監視するのに役立ちます。

期待される成果:

  • メイン州での年2回の固定ロングラインサンプリングの継続
  • 漁獲量、温度/深さ、現在の速度、生息地/底のタイプに関する詳細データ
  • 現在のデータの有用性と範囲をテストするための適切な分析のサポート
  • 漁師や絶滅危惧種の研究に関する協力を支援するために、漁師や商業船との重要な協力関係を維持する

北東地域気候行動計画の優先事項: アクション6-空間的および時間的分布、移動、生物季節学の理解を深めることにより、生きている海洋資源の空間管理を改善するアクション13-米国北東部の棚の生態系における生態系調査の取り組みを維持し、可能な場合は拡大するアクション15 –他のNOAAプログラムと調整する生きている海洋資源の科学と管理を気候科学と研究活動にリンクするパートナー

ニューイングランドの底魚の評価と資源構造の理解を強化するためのメイン州湾の協力的な固定ギア底長線調査データの分析

北東水産科学センター

北東水産科学センター

資金調達: $142,000

問題:メイン湾の共同ロングライン調査は、岩底の生息地でのNEFSC底引き網調査と同じサンプリング層に分散された45のステーションでのサンプリングの6年目です。これらのデータを生物学的研究や水産資源評価に使用するには、これらのデータの高度な分析が必要です。

アプローチ:現在、この調査と北東水産科学センターの底引き網調査の漁獲量を比較して、2つの間の選択性パターンと、生息地またはギアがこれらのパターンにどのように影響するかを理解しています。 「選択性」は、ギアがさまざまな種をどれだけうまく(または不十分に)捕らえるかを測定したもので、一般的に魚のサイズと形によって異なります。私たちは、定期的に捕獲された種の存在量の相対的な指標を作成するための基本的なモデリングアプローチを開発する予定です。これらのデータの使用を拡張するために、高度な分析タスクを調査します。

期待される成果:

  • ホワイトヘイク、とげのあるスケート、アツカワダラ、および底引き網調査でアンダーサンプリングされる可能性のあるその他の硬底種などの種の高度な理解
  • 監査され、管理対象データベースに保存されたすべてのデータ
  • 現在の分析に関するレポート
  • 漁獲率を深さ、温度、現在の速度、フックの可用性、船舶の影響、底の種類などの要因に関連付けるためのより多くの方法をテストする
  • 生息地や環境条件に関連して魚の密度がどのように変化するかについての理解を深めるための、さまざまな調査によるこれらの地域のさまざまな漁獲率の分析

北東地域気候行動計画の優先事項: アクション6-空間的および時間的分布、移動、生物季節学の理解を深めることにより、生きている海洋資源の空間管理を改善するアクション13-米国北東部の棚の生態系における生態系調査の取り組みを維持し、可能な場合は拡大するアクション15 –他のNOAAプログラムと調整する生きている海洋資源の科学と管理を気候科学と研究活動にリンクするパートナー

北東トロール諮問委員会の共同研究:NEFSC底引き網調査の改善

北東水産科学センター

資金調達: $243,000

問題:北東水産科学センターは、ニューイングランドおよび中部大西洋岸水産管理評議会によって設立された業界諮問委員会である北東トロール諮問委員会に積極的に関与しています。北東トロール諮問委員会の現在の重点分野は、NEFSCの複数種の底引き網調査を改善することです。この作業の一環として、私たちは漁船の漁師と直接協力して、ギアの性能をテストおよび調査します。

アプローチ:ギア性能の研究は2015年から継続されており、活動はNTAPメンバーと共同で設計されています。 NTAPのメンバーには、漁師、科学者、漁業管理者が含まれます。この提案は、ギアの性能を理解し、それを収集されたデータへの影響に関連付ける反復プロセスで、もう1年間実験作業を継続します。

期待される成果: 漁獲量に対するギア性能の影響のより良い理解。

北東気候行動計画の優先順位: アクション7-業界ベースの水産および海洋観測機能を引き続き構築し、情報を使用してより順応的な管理を開発します。


商業漁師が必要なサンプルを収集する

調査されたヒラメの各種には、ニューイングランド南部と中部大西洋岸、メイン州湾、ジョージズバンクの3つの資源があります。どちらの種も冬から春に産卵します。最近、すべての在庫が減少しています。

最初に、センターの研究者は、ヒラメの種ごとに3つの株の間で繁殖力が異なるかどうか尋ねました。彼らは、複数年で異なる生殖生産性の割合を観察しました。数年の間、変動は比較的少なかったが、彼らは数年のサンプルしか収集していなかった。

チームは、時間と場所による大幅な変動を示すために、より多くの年数のデータを必要とし、2019年までサンプルの収集を続けました。

これらのサンプルは、センターの共同研究プログラムの調査艦隊に参加している商業漁師と、センターの産業共同スイープ比較調査からのものです。補足サンプルは、マサチューセッツ海洋水産局とロードアイランド大学が実施したトロール調査から得られました。

十分に焦点を絞ったサンプリングにより、研究者は種の生活史に関する知識のギャップを埋め始めることができます。また、環境要因が予測される個体数にどのように影響するかなど、資源評価に関連する他の質問にも対処できます。


期間3.釣りのトラブル(1930-1960)

「自然の無尽蔵に対する信念の愚かさが強力になったのは、漁船団がハドックの著しい不足に苦しんでいるのはここ数年のことです」。

ウィリアム・ヘリントン
アメリカ水産協会の取引,1932

ハドックの人気の突然の上昇は、人口のストレスの初期の兆候をもたらし、着陸は急落しました。科学者は、着陸の減少の原因を研究し、保護措置を推奨するように求められました。資源サイズの変化に対応して、艦隊はカナダ沖の海域に移動しました(以前の塩タラ産業のように)。当時の生物学者はネットメッシュサイズを大きくすることを推奨していましたが、正式な合意は予定されていませんでした。大恐慌により、漁業の収益性は大幅に低下しました。この時代の後半、第二次世界大戦の勃発は、戦時中のタンパク質需要と軍事活動のために徴兵された大型漁船の不足として繁栄をもたらしました。戦後、需要の減少と船舶の増加により、収益性は非常に低くなりました。赤魚産業の興隆と衰退は、持続不可能な漁業の無制限の発展の結果の古典的な物語です。


最もオーバーザトップのパスタ

チーズケーキファクトリーパスタカルボナーラとチキン

2,290カロリー、N / A脂肪(飽和脂肪81 g)、ナトリウム1,630 mg

これは、次のカロリーに相当します。 11ストーファーズフレンチパンペパロニピザのボウル

チーズケーキファクトリーは彼らの栄養情報を公表しません、そしてあなたが彼らのメインディッシュが不必要なカロリーでどれだけロードされているかを理解するとき、あなたはその理由を理解するでしょう。この料理だけでも1日以上のカロリーがあります。それは、1食あたり800〜1,110カロリーのチーズケーキを注文する前のことです。

代わりにこれを食べてください!

ローストトマトソースのリガトーニ

990カロリー、N / A脂肪(飽和脂肪2g)ナトリウム450mg

工場を通り抜けたような気分にならない、ファクトリーで数少ないパスタ料理の1つ。


すべてのタラはどこに行きましたか?北海の漁業危機

午前7時30分までに、ピーターヘッドの魚市場のすべてのタラが売られ、広大な屋内倉庫の寒さに対抗して、厚いフリース、羊毛の帽子、ゴム長靴を身に着けている競合するバイヤーによってスナップされました。

鮮やかな色の「タリー」の本を握りしめている中年の男性の群れが、氷に寄り添うガラスの目の魚の箱と一緒に競売人を追いかけました。素っ気ないうなずきまたは素早い手のジェスチャーで、価格は決着し、魚の新しい所有者を示すために集計がスローされ、グループは先に進みました。夜の漁獲物を処分するのに10分もかかりませんでした。

Most of the fish would be heading south, to England or mainland Europe. The Scots are not big cod eaters, preferring haddock with their chips. This dates, apparently, from pre-refrigeration days: haddock is a fish best eaten really fresh, whereas cod is tastiest a couple of days after being caught.

The Peterhead buyers were cagey about naming their customers, but the fish they purchased was destined for supermarkets, fishmongers, restaurants, and a few of the classic takeaway chippies that are a national institution. But all this could now be under threat: a report published last month by the International Council for the Exploration of the Sea (Ices) revealed that North Sea cod stocks had fallen to critical levels. Warning that cod was being harvested unsustainably, it recommended a 63% cut in the catch – and that’s on top of a 47% reduction last year.

Independent auditors are reviewing the Ices report, and by late September they will announce whether the fisheries can retain their Marine Stewardship Council (MSC) certificates of sustainability – issued only two years ago – or whether those certificates will be suspended. Depending on the decision, North Sea cod could soon be off the menu.

At Peterhead, Europe’s largest white-fish port, the cod haul was small, perhaps half the amount of the previous night, causing a buyers’ scramble. “It fluctuates,” said an official, shrugging his shoulders.

Stuart Cowie, who has been in the industry for 20 years, said everyone was worried about the Ices advice. “There are too many merchants and too few fish.”

But Will Clark was more sanguine. The managing director of Wilsea had bought 37 boxes of cod that morning, he declared after consulting a small black notebook. The fish would be heading down “the spine of England” – the Midlands and London, which were “strong cod-eating areas” – and across the Channel.

“The fish will be with my customers by 1am or 2am, and in the shops by 7am or 8am tomorrow. People will be eating it anywhere in Europe by tomorrow lunchtime.” North Sea cod, he said, was “well managed. All stocks go up and down. It’s a concern, but we’ve been here before.”

And indeed we have. North Sea cod stocks were once plentiful but plummeted – and came perilously close to collapse – between the early 1970s and 2006. A “cod recovery plan” sought to restore stocks to sustainable levels by limiting fishing days, decommissioning boats, banning catches in nursery areas and putting larger holes in nets to allow young cod to escape.

A fish market trader stands on crates of cod as they sit in ice at Peterhead Fish Market. Photograph: Matthew Lloyd/Bloomberg via Getty Images

In what was seen as a significant achievement, the stock rose fourfold between 2006 and 2017, when the MSC – on whose guidance big retailers and many consumers rely – awarded three fisheries sustainable status. The MSC’s distinctive blue label with a white tick was a huge fillip to the industry.

The UK consumes about 115,000 tonnes of cod each year. Only 15,000 tonnes comes from the North Sea, with the rest imported mainly from the fertile grounds in the Barents Sea and around Norway and Iceland. But the species is of huge symbolic importance to the UK fishing industry, which employs about 24,000 people – more than half of them working in Scotland.

Ices, an international organisation of scientists from countries bordering the North Atlantic, advises governments and the industry on stock levels and the sustainable quotas that can be fished without endangering future stocks.

It sounded a warning last year with its recommended cut in the cod catch of 47%, but this year’s assessment – based on extensive scientific research – warned that levels were dangerously low and another two-thirds reduction was needed.

“It is unclear what the reasons are for this further work is required to investigate climate change, biological and fisheries effects,” the report said.

Environmental organisations point out that cod has been fished above its maximum sustainable yield in recent years, meaning the fish are taken from the sea faster than they can reproduce.

The species is not breeding as fast as it used to, too many unwanted “juvenile” fish are caught, and the practice of “discarding” – throwing dead fish back into the sea to keep within quotas – continues despite being banned.

With the end of the cod recovery plan, fishing vessels are now entering sites that have not been trawled for more than a decade, causing damage to the ecosystem, they say.

“This is a fishery that was on the road to recovery, but failures to reduce fishing pressure have led to serious overfishing and a reversal of fortunes for cod,” said Samuel Stone of the Marine Conservation Society.

“It’s a very harsh lesson, but this is why we need legally binding commitments to fish at sustainable levels, to effectively monitor our fisheries and to take an ecosystem approach to fisheries management. We have to properly protect our fish stocks for the benefit of our seas, coastal communities and consumers who expect sustainable seafood.”

The Marine Conservation Society, WWF and ClientEarth jointly wrote to the environment secretary on the day Ices published its advice, calling on the government to take urgent steps to secure the future of North Sea cod.

“As the country with the largest share [about 40%] of the North Sea cod quota, we require the UK to play a leading role in introducing emergency measures that minimise fishing mortality and maximise spawning potential. Only by doing this will the stock be enabled to recover,” their letter said.

Ices is an advisory body with no legal authority. Its advice will be the subject of negotiations between the coastal nations bordering the North Sea to determine the “total allowable catch”, or quota, for cod next year.

Brexit is a further complicating factor, of course. In the 2016 referendum campaign, the fishing industry became a symbol of the Leave campaign, which claimed it would be a clear beneficiary of its “take back control” message.

The EU common fisheries policy was held up as an example of European bureaucrats dictating to the UK fishing industry what it could and could not do in the country’s coastal waters. But marine experts point out that fish do not respect national boundaries, and therefore the industry needs coordinated international management.

“Species like cod are ‘shared stocks’,” said Phil Taylor of Open Seas, which works on protecting and recovering the marine ecosystem.

The popular meal was described by Winston Churchill as “the good companions”. Photograph: Neil Langan/Alamy Stock Photo

“After we leave the EU we will have greater control of how fishing takes place at sea. But the buck will then land squarely at the feet of UK and Scottish ministers. We may have greater control, but we will also have greater responsibility and accountability.

“It will be completely within the gift of our ministers – whether they take a short-term, smash and grab approach to fish stocks or manage these fisheries more fairly to protect the environment and yield the best long-term profit from the system. We require an urgent transition towards more sustainable seafood.”

Bertie Armstrong, chief executive of the Scottish Fishermen’s Federation, said the industry was “100% committed to sustainable fisheries for the very obvious reason that anything else would spell the end for hundreds of businesses that sustain so many of our coastal communities”.

The latest challenge on cod stocks could be overcome by “responsible, practicable measures”, he added. “It will not be easy, and many sacrifices will have to be made along the way. But we will succeed, and when this country is no longer in the common fisheries policy we will be able to set our own more meaningful and stringent sustainability goals and ensure that it is our fishing boats that will have first call on quota.”

The MSC acknowledged that the drop in cod stocks was “disappointing news” for the industry. But, said the MSC’s Erin Priddle, “it is imperative that effective measures are introduced to secure long-term sustainability of this iconic and ecologically important fishery … protecting North Sea cod for this and future generations must be a key priority for all involved”.

Consumers, said the MSC, could continue to eat cod it has labelled as sustainable. If the auditors decide next month to suspend the certificates, the change would come into force towards the end of October.

The impact of such a move will be felt mainly in supermarkets, fishmongers and restaurants where sustainability is an important factor for conscientious consumers. In the nation’s chippies, 90% of the cod served is imported. “There will be less UK-caught cod, but even before the Ices advice, we’ve always imported most of the seafood we eat,” said Aoife Martin of Seafish, which supports the UK seafood industry.

A “huge variety of amazing seafood species” was caught by UK fishers, she said, but about 80% was exported. Monkfish, scallops, lobster and crab were in demand in Europe and Asia – “Koreans love UK whelks” – but “either we don’t catch the fish we want to eat here in the UK, like tuna, or we don’t catch enough to meet demand, such as cod”.

According to the National Federation of Fish Friers, one in five Britons make a weekly trip to the chippie. But big hikes in the price of fish in the past few years are putting the industry under pressure.

“Every day shops are going up for sale. A lot are really struggling, but it’s tight for everyone,” said Andrew Crook, the federation’s president.

The first fish and chip shop is believed to have been opened by Joseph Malin, a Jewish immigrant, in east London around 1860. Another businessman, John Lees, is also credited as a fish and chip pioneer, selling the dish from a wooden hut at Mossley market in Lancashire as early as 1863.

A traditional Friday treat in Salford in 1974. Photograph: Mirrorpix/Getty Images

It soon caught on. By the 1930s, the number of fish and chip shops across the country had reached about 35,000.の The Road to Wigan Pier, George Orwell credited the ubiquity of much-loved fish and chips as one of the factors in averting revolution.

During the second world war, the government ensured that fish and chips were never rationed. Winston Churchill described the constituents of the dish as “the good companions”.

Traditional takeaway fish and chips, seasoned with salt and vinegar and eaten with fingers out of newspaper wrappings, sometimes accompanied by a pickled onion, have long been superseded by polystyrene cartons, plastic forks and sachets of sauce.

Now the dish is also served in miniature portions at glamorous parties, and it has a place on the menus of expensive restaurants as well as pubs and seaside cafes.

Fish and chips is ingrained in the nation’s identity, said Crook.

“You remember eating fish and chips with your grandparents on the seafront in Blackpool or Margate, but you don’t remember your first kebab. There’s a romance to it, and a sense of theatre, as well as being a comforting and nutritious meal.”

The looming Ices decision on cod could, however, take its toll. At a cafe in Peterhead run by the Fishermen’s Mission, Kyle Wood said that if cod was deemed unsustainable, “supermarkets will take it off their shelves”. “There’ll still be fish and chips, but there’s bound to be an impact on price and availability,” he said. “It will be a big struggle for the industry.”


Eat them to death

An invasive is any species introduced by human intervention that has caused economic or ecological damage by growing superabundant in a nonnative habitat. Invasives can be fish, bivalves, mammals or plants. They can be as sinister as kudzu (&ldquothe plant that ate the South&rdquo) or innocuous as dandelions. They can be as delicious as wild boar as unappetizing as the parasitic sea lamprey sucking blood from native fishes in the Great Lakes (they&rsquore a delicacy in England) or entirely inedible, like the tiny zebra mussels clogging pipes and choking native shellfish throughout the upper Midwest.

Invasive species have followed us around the globe for as long as we have been mobile. They&rsquove hitched on the hulls of transoceanic ships, and we&rsquove carried them home with us deliberately, introducing them for food, farming and recreation. Invaders are now the second-most important cause of global biodiversity loss after habitat destruction, and the more we move about, the more they spread. Conservative estimates have invasives costing the U.S. tens of billions of dollars annually.

Among the first scientists to promote gastronomy as a tool to combat invasion was Joe Roman, a conservation ecologist at the University of Vermont. His 2004 article for Audubon, entitled &ldquoEat the Invaders,&rdquo articulated a simple argument: If we can hunt native species to extinction, as we have for eons, why not deploy our insatiable appetites against invaders?

Roman&rsquos modest proposal had little impact when it first appeared. Yet as interest in food ethics, locavorism and foraging grew, the elegant logic of &ldquoinvasivorism&rdquo hit a cultural sweet spot. In 2005 Chef Bun Lai created an invasive species menu for his sushi restaurant, Miya&rsquos, in New Haven, Conn. In 2010 the National Oceanic and Atmospheric Administration launched its &ldquoEat Lionfish&rdquo campaign to combat the species&rsquo invasion of the Caribbean. In 2011 Food & Water Watch hosted an invasive species banquet at the James Beard House in New York City. In 2012 Illinois extracted 22,000 metric tons of invasive Asian carp and sold it to China, where it is commonly eaten, for $20 million.

Other projects have taken a more participatory approach: The University of Oregon&rsquos Institute for Applied Ecology hosts an annual Invasive Species Cook-Off (aka Eradication by Mastication) Web sites such as invasivore.org&mdashrun by Matthew Barnes, a biologist at Texas Tech University&mdashand Roman&rsquos own site, EatTheInvaders.org, promote home recipes for exotic species. Even Whole Foods has gotten onboard in 2016 the upscale grocer added lionfish to the shelves and started promoting it as &ldquoan invasive species&rdquo in the Atlantic Ocean and Caribbean Sea, &ldquofar from its native waters.&rdquo


How You Can Help

You can contribute significantly in Atlantic salmon recovery by implementing best management and land stewardship practices.

Maintain forested areas next to rivers and streams to provide shade, nutrients, and cover to support Atlantic salmon and other fish.

Maintain native plants along waterways, which support healthy forests and keep dirt and other materials out of streams. Dirt fills in spaces between rocks that Atlantic salmon use to lay eggs and hide from predators.

Avoid removing wood from Maine waterways and their banks. Wood provides important habitat for Atlantic salmon and other fish to feed and find shelter.

Participate in programs to conserve land and water resources for Atlantic salmon habitats.



コメント:

  1. Khaldun

    なんて素敵な反応でしょう

  2. Mazulkis

    彼はそれを見ていませんでした

  3. Billy

    はい、それは確かです....。

  4. Terrell

    どんな言葉...スーパー、素晴らしいアイデア

  5. Kamryn

    申し訳ありませんが、あなたは間違っていると思います。私はそれを証明することができます。

  6. An

    それは聞こえませんでした

  7. Ailein

    そして、誰もが沈黙しているのですか?私にとって個人的には、この記事は感情の嵐を引き起こしました...話しましょう。

  8. Kiran

    素晴らしい、これは面白いフレーズです

  9. Vudokazahn

    私は最終的なものであり、申し訳ありませんが、私の意見では、それは明らかです。



メッセージを書く